2017年7月20日 (木)

第1303回波乱のハンデ戦

 中京記念は波乱続きのハンデ戦。中京競馬場が新しくなった2012年以降で見ても、1番人気馬は未だ勝てないまま、2着どころか、3着さえもない。10番人気以下の人気薄馬の活躍もあり、高配当が多い。

(中京記念) 1着    2着    3着
12年     Yb   -      Xa
13年      d   -     -
14年    -     B      Zd
15年      d     d   C
16年    -     -     A a

 今年の指数上位は、トウショウピスト、ブラックムーン、ウインガニオン、グランシルク、サンライズメジャー、ワンアンドオンリー、マイネルアウラートなど。トップハンデは58キロを背負うワンアンドオンリーだ。

 中京の芝コースは、先週からBコースに替わったが、かなりの高速馬場状態だった。今週も馬場状態に変わりはないようなら、絶対的なスピード能力は必須条件だろう。

 スピードが問われる中京向きの鋭い差し脚では、ブラックムーン、グランシルク、ピンポン、アスカビレンなどが上位だ。とりわけマイルの距離適性が高いブラックムーンが中心になるのだろう。マイル戦は(5225)と安定しており、前走もマイルのオープン特別戦を後方一気の差し脚で勝った。32秒台の上がりタイムが示す通り、鋭い差し脚は魅力十分だ。ここも再びM・デムーロ騎手が手綱を取るだけに、当然とはいえ人気にはなるはず。しかしながら、人気馬苦戦のレースだけに、素直になれず、手を出しにくい。

 もう1頭、注目したいのはウインガニオン。近走は新潟、東京でオープン特別を逃げて連勝してきた。極端なスローペースに落として逃げたわけではなく、平均より少し遅い程度のペース。直線で10秒台のラップをはさみ、直線でもスピードが落ちないのが持ち味だ。中京記念を逃げ切った馬はいないが、中京の芝戦は2戦2勝、6月から8月の夏場は7戦6勝、左回りで6勝をあげており、夏の中京はこのウインガニオンのためにあるようにさえ思える。あえて、ウインガニオンからの手もあるのではないか。

 2歳の重賞戦が始まる季節になった。そのトップは函館2歳S。
 過去10年、前走指数上位のABC馬のいずれかが毎年連対している。
 今年は、カシアス、パッセ、ダンツクレイオー、アリア、リンガラポップスなどが指数の上位馬だが、指数上位馬たちの指数に大きな差はなく、上位は混戦模様だろう。

 6月24日の新馬戦で、ダンツクレイオーが逃げ粘るところを3番手から差し切ったのがアリアだった。ダンツクレイオーはそのあと未勝利戦を好指数で勝ち上がっており、成長余力を考えればアリアが連軸の中心になるのだろうか。

 2番手から直線抜け出すレースぶりで、新馬戦を勝ち上がったパッセも指数上位で余力十分。ただ、デビューは福島だけに、函館の芝コースが合うかどうか。

 未勝利勝ちながら、カシアスは前走のレース内容が秀逸だった。道中3、4番手に控えて、直線の残り200から追い出すと、あっという間に差をひろげて快勝。鋭い差し脚に見どころがありそうで、中心に取りたいと思う1頭だ。そのカシアスを新馬戦で破っているのがナンヨープランタンも、上位を狙える1頭だろう。

(函館2歳S)1着    2着    3着
07年    A a   -     D d
08年    -     AYa   -
09年(札幌)B     AZc   -
10年    -     AX    C
11年    B b   C c    Y
12年    A a   D     -
13年    A a    X    -
14年    C c   DXd   -
15年    B a   -     -
16年    -     B       c
(スローペース調整値-20/-10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

第1302回馬場の適性

201707160211

 日曜日の函館は早朝から雨。午後から雨脚が強くなり、馬場は一気に悪化して、函館記念は重馬場で行われることになった。

 注文をつけてハナに立ったのはヤマカツライデン。2番手にタマモベストプレイ。3番手はパリカラノテガミとマイネルミラノ。ステイインシアトルは控えてその後ろから。逃げるヤマカツライデンに競り駆けていく馬もなく、平均ペースの流れになった。

 3コーナー過ぎから各馬が動き出したが、マイペースで逃げるヤマカツライデンは4コーナーでもまだ先頭に立っている。直線に向くと、大外から勢いよく脚を伸ばしてきたのがルミナスウォリアー。馬場の半ばで先行する各馬をとらえると、そのままゴールを駆け抜け、1馬身半差で初重賞勝利をあげた。

 横一線となった後続馬の中から、タマモベストプレイがアタマだけ抜けだして2着に上がり、3着は逃げたヤマカツライデンが最内でギリギリ粘り込んだ。

 5-14-7番人気の決着で、指数上は(CZ-AXa-A)。3連単は91万5320円と函館記念での最高配当になった。

 ルミナスウォリアーは4コーナーでは3番手にまでに上がってきていたが、中団から外を回って脚を伸ばしたのはルミナスウォリアーだけで、よほど状態が良かったのだろう。ルミナスウォリアーを除けば、先行した馬たちが上位を占めて、結果的に雨で緩んだ馬場の適性やスタミナが問われたレースだった。

 2着のタマモベストプレイは前走の天皇賞こそ13着に大敗したが、近走は3000メートルを超す長距離で上々のレースをしてきた馬だ。3着のヤマカツライデンも2000より長いところが得意な逃げ馬で、スタミナは十分だったはず。先行していたステイインシアトルは3コーナー過ぎに脚色を失って後退していったが、武豊騎手のコメント通り「馬場が合わなかった」のだろう。

 いずれにしても、後方から差し脚に懸けた馬たちは全滅。もともと直線が短く、東京の半分程度しかない函館コースでは後方一気の追い込みは難しいし、加えて、ぬかるんだ馬場では、追い込み馬には苦しいレースだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

第1301回難解なハンデ戦

 今週の重賞は函館記念の1レースだけ。
 函館記念はハンデ戦らしく、指数上位馬も苦戦の傾向が見える。一応、前走指数の高いABC馬が、10年の内7年で中心になっているが、ランク外の馬の活躍も目につく。
 1番人気は2着2回があるだけで、勝てていない。トップハンデ馬は1勝、2着1回。どちらも不振続きだ。

(函館記念) 1着    2着    3着
07年    -     -     BXd
08年    -     C      Zb
09年(札幌)C d   -     -
10年    AYb   C     -
11年    A      Y    DXb
12年    -     B     -
13年    -     -      Z
14年      d   C     A
15年    -      Zb   -
16年    -     A     D

 今年はタマモベストプレイ、ヤマカツライデン、ルミナスウォリアー、ナリタハリケーン、マイネルミラノ、サクラアンプルール、スーパームーンなどが指数の上位馬たちだ。

 トップハンデは58キロのマイネルミラノ。函館の芝は(2001)と、コースの適性は高い。昨年の函館記念を逃げ切って勝ち、今年の春には2、3番手に控えて福島民報杯を勝っている。ただ、相手が低調だとはいえ、58キロのハンデはかなり厳しいのではないか。

 今年になって重賞を勝っているのは、中山金杯を勝ったツクバアズマオーに、前走、鳴尾記念を制したステイインシアトルの2頭だけ。ともに57キロのハンデを背負うが、休み明けのツクバアズマオーは、指数上さほど抜けた存在には見えない。ここは指数の高さと距離適性、順調さからステイインシアトルを推したいと思うが、ヤマカツライデン、マイネルミラノ、タマモベストプレイなど、強力な逃げ、先行馬がそろっており、ステイインシアトルが、すんなりと先手が取れるかどうか。勝ち星の5勝は全て逃げ切りでの勝利で、控えての勝利はないだけに、ここは各馬の出方が気になるところ。ただ、4コーナー2番手なら2着2回とレースになっており、無理することはないのかもしれない。

 どうしても逃げたいのはヤマカツライデンだ。近走は逃げ一手の戦法でG1、G2戦を戦ってきたが、結果は厳しかった。ここは距離が少し短くなるが、これまで強い相手に戦ってきた経験とスタミナが生かせるのであれば、逃げ切りもあるかもしれない。

 もう1頭、気になるのは3歳馬サトノアレス。2歳時に朝日杯を勝って、最優秀2歳牡馬に選出された好素質馬だ。前走の巴賞は8頭立て、相手も低調だったとはいえ、余力十分で快勝。ここは54キロとハンデにも恵まれている。前々でやりあってペースが上がることも考えられ、鋭い差し脚が生きる展開なら勝機は広がるだろう。

 いずれにしても難解なハンデ戦で、軸馬を決めたとしても、連下の相手をどう取るのかも、また悩ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

第1300回ハイペース

201707090311
201707090711

 七夕賞。ハイペースで逃げたマルターズアポジーは、3コーナー手前からマイネルフロストにからまれる苦しい流れ。4コーナー手前で交わされると、ずるずる後退していくしかなかった。

 向こう正面で中団にいたゼーヴィントは、3コーナーから前々に進出して、4コーナーでは早くも2番手に浮上。直線は、前を行くマイネルフロストを追って、追って、差を詰め、ゴールでは4分の3馬身差をつけて勝った。57キロと軽くはないハンデを背負いながらも、1番人気の期待に応える快勝だった。2着は5番人気のマイネルフロスト。中団から脚を伸ばした7番人気のソールインパクトが3着に上がった。3連単は2万1540円。

 ゼーヴィントは戸崎騎手の自信に満ちた騎乗ぶりが光った。中団から動き出すタイミング、4コーナーでの位置取り、直線に残すべき脚色、いずれも、きちっと計算されたような勝利だった。

 逆に、逃げたマルターズアポジーは、スタートからのハイペースがたたった。スタートして2ハロン目が10秒5、3ハロンルも11秒4というハイラップのうえ、3コーナー手前からからからまれたのでは、息はもつはずもなかった。

 惜しかったのはハイペースを早めに仕掛けて2着に粘ったマイネルフロストだろう。57キロのハンデを背負っての粘りはなかなかで、近走の好調ぶりがうかがえるレースだった。3歳の毎日杯以降、重賞の勝利からは遠ざかっているが、近いうちに重賞を勝つチャンスも巡ってくるのではないか。

 プロキオンSもハイペースの流れになった。上位を占めたのは、いずれも後方待機の馬たち。勝ったのは後方の内に入れて、直線、馬群を割って伸びた5番人気のキングズガードだった。直線は前が詰まる不利もあったが、前が開くと一気に駆け抜けた。

 2着も後方から伸びた1番人気のカフジテイク。いつものような大外一気ではなく、内から前を行く馬たちをさばいて伸びてきた。勝ったキングズガードとは2馬身の差がついたが、直線、少し手間取った分だろう。3着は8歳馬ながら中団からいい脚を使った6番人気ブライトラインだった。3連単は1万6380円。

 先週から九州の水害の映像を目にするたびに、自然の猛威になす術もない人間の非力さを思う。大量の流木がより、被害を大きくしたようだが、子供のころに遭遇した伊勢湾台風の被害を大きくしたのもまた、港の貯木場から流れ出した大量の丸太だったことを思い出す。一日も早い復興ができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

第1299回逃げ馬と追い込み馬

 福島のメインは七夕賞。1番人気馬は過去10年で2勝、2着1回、3着2回。過去10年の内8回は10番人気以下の馬が3着までに浮上して、3連単は高配当が多いハンデ戦だ。指数上は平均指数や過去の指数が高い馬たちの連対率が比較的高い傾向にある。

(七夕賞)  1着    2着    3着
07年     Za    Xa   D
08年     Z    -     B b
09年    BYa   -      Z
10年    -     -     CZb・Cd同着
11年(中山)-     AYa   -
12年    B c    Yb   -
13年    C c    Xc   -
14年    -     -     CYa
15年     Xa   -     A
16年    -      Xa   -

 今年は、タツゴウゲキ、ゼーヴィント、ヴォージュ、バーディーイーグル、マルターズアポジー、マイネルフロスト、フェルメッツァ、スズカデヴィアスなどが指数の上位馬たちだ。

 小回りで直線の短い福島だけに、4コーナーで先行集団に取り付いていなければ、勝利は遠い。後方一気の追い込みで勝ったのは10年間で1頭だけだ。

 逃げるのはマルターズアポジー。ハイペースで逃げるのが特長だが、そのペースについていける馬はいないだろう。前走2000メートルのG1大阪杯でも単騎大逃げ。直線でも良く持ちこたえていたが最後は失速して12着。さすがにG1の壁は厚いが、G3なら話は違う。昨年秋に福島記念を、今年の2月には小倉大賞典を勝って、重賞は2勝。ここでは実績上位だ。小回りの福島は4戦3勝と大得意にしており、トップハンデは楽ではないが、自分のペースで逃げれば勝機は大きい。

 他では4歳馬のゼーヴィント、ヴォージュが気になる存在。とりわけ、2番手先行から直線差し切り勝ちの王道競馬で連勝中のヴォージュは、ハンデも53キロに恵まれた。2000メートル戦は(5110)と距離適性も高く、重賞初挑戦とはいえ、一発かあっても不思議ではない。

 ダート1400メートルの重賞プロキオンSは、2012年から中京競馬場での開催になった。同距離で行われてきた以前のデータも含めて、前走指数の上位馬の連対率が圧倒的に高い。
 今年の指数上位はカフジテイク、キングズガード、ベストマッチョ、ナンチンノン、ブライトラインなど。

 重賞実績ではカフジテイクが最上位だ。近走はダート重賞で1勝、3着2回。前走ドバイのG2戦5着も含めて、5戦連続で重賞5着以内に好走している。G1フェブラリーSは3着だったが、そこでも1番人気に推されたダート界の雄だ。また、国内のレースでは3戦連続100を超すスピード指数を記録しており、指数の高さと安定感でも他を一歩リードする存在だろう。

 脚質は頑固なまでの後方一気。それだけにスローペースで前残りになるようなペースでは少し苦しい。これまで勝ち星の7勝は全て1400メートルまでの距離であげたもので、比較的道中のペースの落ち着く1600メートル以上の距離では、追って届かずの惜しいレースが目につき、まだ勝ち星がない。直線の長い中京の1400なら、追い込みもきく得意な舞台のはず。負担重量も57キロなら追い込む脚にマイナスにはならないだろう。

(プロキオンS)
       1着    2着    3着
07年(阪神)A c   CXa    Zb
08年(阪神)B     AYb    Xa
09年(阪神)A     A     DYb
10年(阪神)A     CXa   A c
11年(京都)  b   BXa   -
12年    -     D b   B
13年    -     B     C c
14年    A c   A     -
15年     Zc   B     -
16年    D     BZ    -
(海外、地方競馬を減戦して計算)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

第1298回素質馬たちの夏

201707020311
201707020711

 先週から、夏の福島競馬が始まった。メインはラジオNIKKEI賞だった。
 注文通りにウインガナドルが逃げ、2番手にニシノアップルパイ、少し離れた3番手にセダブリランテスがつけた。隊列は落ち着いたまま、道中の流れは平均ペースだ。大きく動き出したのは4コーナー手前から。

 セダブリランテスが仕掛けると同時に、2番手にいたニシノアップルパイはずるずる下がっていった。直線でも勢いよく逃げるウインガナドルにセダブリランテスが馬体を合わせていくが、最後方から一気の脚で上がってきたロードリベラルが前の2頭に迫ってきた。

 しかし、勢いはウインガナドル、セダブリランテスにあり、ゴール前、勝負は2頭の叩き合いに絞られた。激しい叩き合いの末、セダブリランテスがクビ差交わしたところがゴールだった。3着はロードリベラル。2、8、9番人気の決着で3連単は15万を超す高配当になった。

 セダブリランテスは先行差しの王道競馬で3戦3勝となった。まだ、成長も見込める素質馬といえそうだが、このラジオNIKKEI賞のスピード指数は500万条件レベルにとどまり、少し低調なだけに、真価を問うには、もう何戦かが必要になるだろう。

 中京競馬場は、CBC賞。
 注目していたシャイニングレイは、スタートで出負け、後方からのレースになった。もともと先行脚質で、後方からのレースは経験がない。少し嫌な感じがしたが、それは杞憂だった。

 降り出した雨の中、果敢に逃げるアクティブミノルに、2番手はセカンドテーブル。直線に入っても前を行く2頭の脚に衰えはない。直線半ばでもまだ、後続馬を引き離す勢いを見せている。 ゴールまで残り100メートル。セカンドテーブルが逃げ粘るアクティブミノルをとらえ先頭にたち、そのまま押し切るかにも見えたが、後方から大外一気、矢のように飛んできたのがシャイニングレイだった。ゴールではわずかにハナ差でシャイニングレイが勝利を手にした。

 前走は1400メートルの安土城Sを勝ち、ここは1200メートルの重賞CBC賞も制覇。それまでは2000メートル戦を使い続けてきたが、短距離路線に戦いの場を移してからは2戦2勝。「けがの功名」といえるかも知れないが、後方からのレースで33秒2というメンバー最速の鋭い上がりの脚を示して、今後のレースの幅も広がる勝利ともいえそうだ。素質馬が適性のある距離を見つけたといえそうで、この先々も注目に値する1頭だろう。

 シャイニングレイは2番人気、2着は13番人気のセカンドテーブル、3着は8番人気のアクティブミノル。馬連は1万8380円の万馬券、3連単は41万を超す配当人になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

第1297回波乱含みのハンデ戦

 今週から函館に加え、福島と中京が始まる。夏競馬も本番を迎える。
 福島開幕週は3歳限定のハンデ戦、ラジオNIKKEI賞がメイン。
 指数上は、前走指数上位馬や平均指数上位馬、過去の指数上位馬たちが中心になっているものの、はっきりとした傾向はつかみにくい。最近の5年に限ると1番人気が2勝、2着2回と、比較的健闘している。トップハンデ馬は過去10年で1勝、2着1回。こちらは相変わらず不振続きだ。近年は、1番人気の活躍に合わせて、前走指数上位馬たちの健闘が目立つようにみえる。

(ラジオNIKKEI賞)
       1着    2着    3着
07年    -      Z     Z
08年    -      Xb   -
09年    -     -     B d
10年    C     -     AYb
11年(中山)A b    Yc    Xa
12年    -      Yc   -
13年    -     A d   -
14年    DZ    DXa   C d
15年    DY     Xa   -
16年    C     B     -

 今年は、ニシノアップルパイ、ライジングリーズン、サトノクロニクル、グランドボヌール、マイネルスフェーン、マイブルーヘブンなどが指数の上位馬だ。

 福島は開幕週。馬場状態は良好のはずだが、洋芝のオーバーシードに加え、エアレーション作業も入って、馬場は比較的力のいる作りになっている。さらに梅雨時だけに、週末に雨があれば、スタミナがあり、長く差し脚を使える馬たちに向く馬場になるのではないか。

 トップハンデはサトノクロニクルの57キロ。続いて56キロのマイネルスフェーンとクリアザトラックの2頭だが、馬場が悪化すると、重ハンデ馬たちは少し苦しいかもしれない。金、土曜日は雨模様の予報もあり、気にかかるところだ。

 先行力があるのは、ニシノアップルパイ、サトノクロニクル、グランドボヌール、クリアザトラック、ウインガナドル、セダブリランテスなど。

 重ハンデ馬を除けば、先行して押し切るスタミナのあるニシノアップルパイが最上位だろう。ただ鋭い差し脚には欠けるだけに、過信は禁物かもしれない。

 先行して、長く使える差し脚での上位馬は、ウインガナドル、クリアザトラック、セダブリランテスなど。いずれも指数上はランク外になってしまうが、スローペース気味の流れになりそうだけに、差し脚の鋭さが決め手になるかもしれない。

 中京競馬場の開幕週は、芝1200メートルのハンデ戦、CBC賞。
 今年の指数上位は、タイムトリップ、ティーハーフ、シャイニングレイ、アリンナ、トーセンデューク、エイシンスパルタン、セカンドテーブルなど。

 注目したいのは5歳馬のシャイニングレイ。新馬戦、ホープフルSを連勝。期待を集めたディープ産駒の1頭だった。続く3歳春の弥生賞では1番人気に推されたが、期待に応えられず7着。そのあと、屈腱炎を発症して、2年間の休養を余儀なくされた。今年の春、ようやくレースに戻ってきたが、ダートの仁川Sは6着、福島民報杯は14着と、成績はイマイチ。デビューからずっと2000メートル戦を使ってきたが、前走、芝の1400に距離を短縮、安土城Sに臨んだところ、楽に先行して直線、鮮やかな差し切り。いきなり重賞でも通用する高指数で快勝した。

 2000メートル戦では、前半のスピードが優って、行きたがるレースが多かった。実際、福島民報杯では押さえきれず、単騎大逃げになって、直線失速してしまった。前半からスピードを上げていける短距離があっているのだろう。結果的に距離を短くして大正解だった。ただ、まだ道中で手綱を引っ張るところもみえ、更に距離の短い1200の適性がより高いのかもしれない。素質馬が適性のある距離を見つけたようで、この先々も注目してみたい。

(CBC賞) 1着    2着    3着
12年    A c   C     A b
13年    CXa   A       d
14年    -      Yc   D
15年    A a    X     Yd
16年    -     -     DXc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

第1296回敗因

201706250911

 春のグランプリ宝塚記念。
 単勝1.4倍。圧倒的な人気を集めたキタサンブラックが、どうしたことか、9着に負けた。好スタートから、いつも通りの先行策。直線に向くと、先頭をうかがう脚色に見えたが、直線の半ばでパタッと脚が止まってしまった。

 大外から勢いよく抜け出したサトノクラウンが鮮やかな差し切り勝ちをおさめ、初の国内G1タイトルを手にした。最内をついたゴールドアクターが2着、大外から追った牝馬ミッキークイーンが3着。3、5、4番人気の入着順で、3連単は7万420円。

 キタサンブラックは見せ場もないまま馬群にのまれ、後方に落ちていった。上がりタイムの36秒9は出走メンバーの下から2番目。これでは勝負にならない。故障があったのかと思ったが、その心配はないらしい。

 キタサンブラックの手綱を取った武豊騎手はレース後、敗因について「正直ちょっとわからない」とコメントしている。仕上げは万全と聞いていたし、道中の流れにも乗れていたはず。結局、稍重の馬場が合わなかったのか、ペースが合わなかったのか、ただ、走る気を失くしただけだったのか。いずれにしても、武豊騎手が「分からない」というのだから、知る由もないが--。

 勝ったサトノクラウンは、稍重の馬場をものともせず、最速の上がりタイムを示している。キタサンブラックなど、先行馬たちを並ぶ間もなく交し去った直線の瞬発力は見事だった。それにしても、よほど力のいる馬場が合うのだろう。

 今年の宝塚記念の勝利で、国内の重、稍重の馬場状態のレースは(4001)となった。良馬場時の(2014)に比べると、適性の差は歴然としている。昨年末、G1香港ヴァーズを勝っており、日本の素軽い馬場より、力のいる海外のレースの方が、持てる力を発揮できるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

第1295回キタサンブラック中心

 春のグランプリ宝塚記念。今年は11頭建てと少し寂しくなった。
 指数上は、過去10年のうち8年で連対する平均指数の上位馬が中心になっているが、前走、スローペースの長距離を使った馬も多く、指数上位馬だけで決着するわけではないので要注意だ。1番人気は2勝、2着4回、3着2回。連対率は60パーセント。

(宝塚記念) 1着    2着    3着
07年    -     A a   -
08年    -     A a   -
09年    C a     d    X
10年    -      Yb   -
11年    -     A      Xa
12年     Zb   -     -
13年    CXa   -     -
14年     Zd   -     C
15年     Yb   -       d
16年    -     A     B a
(海外、公営の成績は減戦して集計)

 今年は、キタサンブラック、シュヴァルグラン、ゴールドアクター、シャケトラ、スピリッツミノル、サトノクラウン、レインボーラインなどが指数の上位馬たちだ。
 G1を勝っているのはキタサンブラック、ミッキークイーン、ゴールドアクター、サトノクラウンの4頭だけ。

 注目は何といっても、古馬最強ともいうべきキタサンブラックだろう。全成績は16戦10勝、2着2回、3着3回、着外1回。G1戦は現役最多の5勝をあげている。古馬になった2016年以降、昨年の天皇賞・春とジャパンカップを勝ち、年末の有馬記念は2着に負けたが、今年になって、大阪杯、天皇賞・春とG1を連勝した。古馬になってからG1は4勝、2着1回、3着1回。

 先行して堂々と押し切る横綱相撲で、ハイペースにもスローペースにも対応でき、距離適性も2000から3200までと幅が広い。古馬になってから勝てなかったレースは、昨年のG2大阪杯2着、宝塚記念3着、有馬記念2着と3レースあるが、いずれもキタサンブラックの負担重量よりも軽い馬たちに足元をすくわれたもので、負けたレースであっても、メンバー中もっとも高いスピード指数を示してきた。安定感は抜群だ。

 前走の天皇賞・春は2番手から。ハイペースで逃げたヤマカツライデンを4コーナー手前でとらえて先頭に立つと、追ってくるシュヴァルグラン、アドマイヤデウス、サトノダイヤモンドたちを難なく抑え込んだ。11年前にディープインパクトがつくった記録を1秒近く更新するレコードタイムでの勝利で、スピード指数は104という高レベルの指数だった。

 サトノダイヤモンドは早々に出走回避宣言。昨年の宝塚記念で先着を許したマリアライト、ドゥラメンテも不在なら、現役最強馬キタサンブラックの名にかけて、負けるわけにはいかないだろう。

 キタサンブラックの相手は、天皇賞・春の2着馬シュヴァルグランを筆頭に、ゴールドアクター、サトノクラウン、シャケトラ、レインボーライン、ミッキーロケット、ミッキークイーンなどだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

第1294回高速函館競馬

201706180211
201706180511

 函館スプリントS。スタミナ比べなら、前走、高松宮記念を勝っているセイウンコウセイと思っていた。が、2番手で先行して直線でいったんは先頭に立ったものの、50キロの軽量牝馬ジューヌエコールに並ぶ間もなく、一気の差し脚を決められては抵抗のしようもなかった。2着も中団から差し脚を伸ばしたキングハート、3着はエポワス。セイウンコウセイは4着だった。3、4、7番人気の決着で、3連単は5万5520円。

 先週から函館競馬が始まった。ふたを開けてみると土日ともレコードタイムの連発で、速いタイムが出る芝コースに、少々戸惑う意見もでるほどだった。馬場指数を計算すると確かに、昨年、一昨年と比べて、マイル換算で0.7秒ほど速いタイムがでる馬場状態のようだった。

 昨年の函館スプリントSは、3歳牝馬のソルヴェイグが1分7秒8というレコードタイムで勝っているが、今年も同じく3歳牝馬のジューヌエコールが昨年記録されたレコードタイムを1秒ちょうど上回る1分6秒8のタイムで、鮮やかな差し切り勝ちを決めた。上がりタイムも33秒9という速いものだったが、他のレースでも33秒台の上がりが記録されており、それ自体は驚くほどではないだろう。

 同じ日曜日の8レースは500万条件の1200メートル戦だったが、勝ち馬の走破タイムは1分7秒5。そのタイムを基準に考えるなら、函館スプリントSがもっと速いタイムで決着したとしても不思議ではなかった。
 函館も開催が進むにつれ、馬場は力のいる状態に変わっていくはずだが、当面はパワーのいる函館の洋芝のイメージは変えなければいけない。

 3歳のダート重賞・ユニコーンSは、中団後方から一気の差し脚を見せたサンライズノヴァが、2着のハルクンノテソーロに4馬身の差をつけて完勝した。スピード指数のレベルも高く、ダート戦としては世代トップの高指数になった。3着は先行したサンライズソア。2、5、3番人気の決着で、3連単は2万5710円。1番人気に支持された牝馬リエノテソーロはいいところなく7着に終わった。

 今週は宝塚記念。東京開催も残すところあと1週になったが、東京の芝コースはまだまだ良好。変わらずに速いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第1293回指数上位が中心のダート重賞