« 2000年1月 | トップページ | 2000年3月 »

2000年2月23日 (水)

第15回 野平祐二調教師のこと

 仕事場ではいつもCDをかけている。今の時間は「ワルツの女王」と呼ばれたパティ・ペイジのしなやかな歌声が聞こえる。ゆったりとしたテンポの曲は気持ちが落ち着くし、集中力のじゃまにもならない。彼女は195、60年代のアメリカの歌手だから、私が彼女の歌を耳にしたのはまだ小学生の頃のはずで、それもラジオだった。どういう訳か、子供の頃に耳にした音楽は年をとればとるほど、自然と心と体にしみこんでくるものらしい。日本でも江利チエミがテネシーワルツを歌って、ヒットしたことがあるが、彼女もいまは亡い。  
 音楽に限らず、時代を象徴する人たちと思い出を共有する楽しさは、自分の人生をも豊かにしてくれる。
 
 野平祐二調教師が今月末に定年で引退する。野平先生もまた、時代を象徴する先駆者であった。騎手としてデビューし数々のタイトルを手にしたが、日本の競馬に飽きたらず、初の海外騎乗、フランスでの長期滞在騎乗や、日本馬を海外派遣する道を作ったり、昭和50年に調教師になってからはシンボリルドルフに代表される名馬を多く育てた。騎手の時代も調教師の時代も、常に世界を視野に入れた思考と行動で日本の競馬界をリード、まさに「ミスター競馬」と呼ばれるにふさわしい、先端の人であった。  

 残念ながらわたしは騎乗のレースを直接みることはできなかったが、こういう先駆者の多くの犠牲の上にいまの競馬があることは忘れないでいたい。  
 昨年末、有馬記念の当日のレースの後、お髭の米田氏と野平先生のご自宅を訪ねた。
「デットーリはすごい騎手だよ」  

 関西の最終レースのビデオテープをみながら、野平先生がつぶやいた。その一言が気になって、その後デットーリに注目してきたが、野平先生の言われたとおりだった。

 有馬談義の後、数々のエピソードを聞いた。騎手時代のこと、レース後いつも騎手や馬主や、評論家たちがあふれんばかりに自宅の部屋を占拠していたこと、シンボリルドルフのこと、世界中の騎手仲間、調教師仲間のこと・・・などなど。  

 なかでも野平先生が思い出深く、懐かしく語られたのが、フランスで長期騎乗をされた在仏時代のことだった。当時のこと思い出しながらフランスを旅するというNHKの番組のテープを見ながら語っていただいたので、当時の先生の若さや負けん気、不安もそのまま伝わって、信念に支えられ、しかも上品に年を重ねてきた先人の話を聞くことの楽しさを感じたひとときだった。
「孫(二本柳騎手)の活躍がいまは楽しみ」とも語っていたが、いまも、ダンディーさと競馬に対する愛情、鋭さは失われていないと思った。  

 当分引退パーティー等でお忙しいことと思うが、落ち着かれたらまた、また、ゆっくりお話を伺いたいと思っている。長い間ご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2000年2月16日 (水)

第14回 単行本の原稿を書いてます

 先週、新しいノートパソコンIBMのTHINKPAD240が届いた。軽い、小さい、速い、安いの4拍子そろって、キーのタッチも自分好みで、何か急に仕事をする気になっているこの頃である。いまは今春に発売の予定の単行本「思考する競馬」(仮題)の原稿をこつこつと書き続けている。当初の締め切りは2年前だったもので、スピード指数をベースにした競馬の理論書を書きたいとかねてから思ってきたが、まとまりをつけられないまま、ここまでずるずる来てしまった。もうこれ以上締め切りを延ばす言い訳もなくなってしまったし、最近、自分の中に少しずつ発酵してくるものがあって、多少遅れることがあったとしても、なんとか書き上げたいと思っている。
 
 ただ、今のところ、何を書いても気に入らないし、何を書いても満足できない。何度も何度も書き直しながら煮詰めていく、孤独な作業が続くばかりである。  

 何をどれだけ書きつくしても、それは競馬のすべてではない。きょう、これが競馬の真実だと確信しても、明日はその確信が揺らぐ。打ちのめされる。否定される。  

 せめて自分でわかっていることだけを書こうと思い、パソコンに文字をうち続けるものの、100パーセント絶対にこうだと言い切れることは何ひとつない。  

 競馬は解ればわかった分、いっそう遠のき難しくなっていくことはわかったものの、競馬の真実の何たるかも、わかっていないことを思い知らされる。  
 むなしいなあ。
 酷いなあ。  
 正直な気持ちである。  

 競馬の本は、こうすれば絶対あなたも競馬で儲けられるというのが、売りでなければならない。そのために、奇跡的なおいしい場面だけを見せつけて、読者の歓心を惹こうとする。馬券本作者たちはあくまで「誰でも絶対に勝てるんだ」という点において、強気でなければならないものらしい。ただ、私にはその強気な自信がない。私に限らず、どんな馬券本を書いている人たちだって、本当のところ自信なんてないのじゃないかと思う。(こんなことを書いたら、売れるはずもないか。)  

 しかし、しかしである。競馬はそんなに単純なものではない。配当という現象をいくらなで回しても競馬の真実をつかむことはできない。どんなに遠回りでも、競馬の真実に従って馬券を組み立てること、それが競馬で勝つ道だと思うし、競馬をより楽しむ方法だと思うからだ。真実の姿に従って競馬を理解することをおいて、勝利の道はないと思っている。私は、そう確信している。だから的中万馬券満載の馬券本ではなく、地味でも競馬の真実を解き明かすための競馬の理論書を書きたかった。  

 簡単に馬券を取りたい人はそういう本を読めばよい。  
 いままで、だいぶさぼってたけど、これから少し頑張って書きます。おっと、「秘伝」の原稿も今月中の締め切りだったような気がする。何、書こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2000年2月 7日 (月)

第13回 レベルが高いレース

 新基準タイムの改訂作業も終わったので、先週1泊2日の人間ドックに入った。自覚するような悪いところはないにしても、一応毎年受診するようにしている。ただ、どうやっても苦手なのが、あのバリュウムである。毎年のことながら、気持ち悪くて飲めない。
「西田さん、去年も確か100ccしか飲んでないんだから、ことしは頑張ってくださいよ」といわれても、駄目なものは駄目で、言われれば言われるだけ、意識しすぎて気持ち悪くなる。さらに、飲んだ後も体をひっくり返され続けて、さらに気持ち悪くなる。科学技術が発達しているのだから、そろそろバリュウムを飲まなくても胃腸の検査ができるようにしてもらいたいものだ。

 先週は、基準タイムが終わってほっとした気分と、人間ドックでいじめられたせいか、意識と気分が競馬に向いていなかったのかもしれない。基本的なことを忘れて予想していたような気がする。自分の中で特に気になったのが日曜日の最
終レースだった。

 このレースは古馬の900万条件、ダートの1600メートル戦。レベルは84で平均よりも2高いメンバーがそろったが、能力上位はハイフレンドピュア、ワールドフェイマス、エイキューガッツの3頭に絞れるレースだった。中でもハイフレンドピュアは6歳馬ながら、88、86、94と指数を伸ばし先行指数も高い。もちろんAX馬で、平均ランクもA馬である。中心はこの馬でよいと思ってしまった。
 しかし、大切なことを忘れていた。
 レベルが高いということの意味についてだ。
 レベルが高いレースは指数の高い馬が上位を占める。常識的なイメージとしてはそんな風に想像しがちだ。しかし、現実的に多くのレースでは指数の高い馬が上位を独占することはない。おおむね、指数の高い馬は連対も果たせず、たとえばベスト4以外の馬たちで決着することの方が多いといってよい。

 なぜ、レベルの高いレースで指数の高い馬たちが苦戦を強いられるのか。
 自然成長を期待できない古馬たちにとって、それが能力の限界を表しているからで、だからこそ、そのクラスに止まっている。近走の高い指数は高い指数故、それ以上の上積みはないことを示しているのだ。6歳以上の古馬が中心のレースで、レベルが高いということは、そういうことを表している。
 さらに、レベルが高くて、しかも、ペース度がプラスの場合は特に注意が必要である。
 この日の最終レースもそういうレースだった。レベルがプラス2で、ペース度もプラス6だ。

 レースは前半から11秒台のラップを刻むハイペースで流れ、ハイフレンドピュアは4番手で先行したもののゴール前に余力はなかった。後方にいた馬たちが上位を独占する結果になった。勝ったのはエイキューガッツだったが、ワールドフェイマスが36秒0の上がりの脚を発揮して2着になった。エイキューガッツもワールドフェイマスも、また3着のマチカネヤッコダコも、ともにスピード指数は高いが先行指数はない馬である。ただ上がり指数は標準以上の数値を示していた馬たちであった。
 先行指数の高さはその馬が指数を伸ばすためのきっかけ、言い換えれば成長のエネルギーである。当然、先行指数の上昇とともにスピード指数を上げてきた馬の場合、スピード指数の上積みは考えにくくなる。極論してしまうと、先行指数の高い馬はそのエネルギーを使い果たしてしまった馬と認識しなければならないのかもしれない。彼らがレースで勝てるのは、持っている能力を全て発揮しなくてもすむ、スローペースが予想されるレースか、経験しているペース以下で推移するレースにおいてであろう。

 従って、「レベルが高くて、しかも、ペース度がプラスのレースの場合」間違っても成長余力がない年齢で、指数が高く先行指数も高い馬を選択してはならない。中心は指数の上位馬でしかも、上がり指数の上位馬でなければならない。もしくは自然成長を期待できる45歳馬を取るべきだろう。

 ただ、レベルが高くてペース度がマイナスのレースでは全く違った傾向を表すし、レベルが低くてペース度の高い場合、あるいはレベルが低くてペース度もまた低い場合、どういう傾向が現れるのかなどは、いずれこのコーナーで述べたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2000年2月 1日 (火)

第12回 新基準タイムについて

 12月中旬から始めた新しい基準タイム「改訂14版」の計算作業が昨日ようやく終わった。スピード指数ができたばかりの頃は年に何回も改訂をしてたこともあったが、年1回、毎年この時期に改訂をするようになって、もう丸8年になる。膨大なデータを相手にしての、面倒でしんどい作業だけに、正直よく続けてこれたと思う。いまはとりあえず終わってほっとしている。

 基準タイムなんてそう変わるものじゃないから、毎年やらなくても良いのではないかと思う人もいるかもしれないが、現実的には走破タイムは生き物のように、年々かなり変化している。

 最近は毎年どこかの競馬場で大規模なコースの改修が行われているし、洋芝やスパイラルコースの導入などによって、同じコースでもタイムに大きな影響をもたらす改修が行われてきた。それ以外でもわれわれが気がつかないうちに、コースの基盤整備も行われたりして、走破タイムを左右する人為的な変更は相当多い。

 また、一方で日本で走るサラブレッドのレベルも急速に向上している。以前計算した結果だが、10年前のオープン馬はいまなら1600万条件程度の能力しかないし、20年前なら重賞を勝った馬の能力は900万くらいのに相当する能力でしかない。こうした走破タイム上の進化は、血統の向上もあるし、調教施設の充実と調教技術の向上も寄与しているはずだ。

 結局、面倒でも何でも、安心して現実の競馬に立ち向かうためには、毎年基準タイムの改訂をせざるをえないし、しなければならないものになってしまった。
 「今年の基準タイムはかなりいいよ」とスタッフに言うと、
 「毎年、そういってますね」
 と切り替えされてしまった。

 何年も基準タイムの計算をしていれば、自然とノウハウもできてきて、よりよい基準タイムと馬場指数ができるようになるのも確かで、実際毎年同じ作業に見えて、実は少しずつ計算に取り込む要素は増えてきている。それだけ毎年毎年、計算量も増え、大変になっていくわけだが、やればやるだけ、確実によいものはできる。
 「今年の基準タイムはなかなかだよ」
 来年も、再来年も、そういい続けたいと、ひとりひそかに思っている。
 昨夜は打ち上げを理由に3軒ハシゴしたが、今日は気分が軽く、快調です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2000年1月 | トップページ | 2000年3月 »