« 第18回 恩師 | トップページ | 第20回 サイコーキララの死角 »

2000年3月29日 (水)

第19回 リッキーワールド

 先週は来客も多く、なんやかや気持ちがあわただしく「高田馬場日記」を書く間がなかった。おまけにもうすぐ4月だというのに、単行本「思考する競馬」の原稿も終わらない。毎日、少ない脳味噌を根こそぎ搾り取られるような苦悩の日々。うーーん、うーーん、うなりながら、終わりの見えない格闘が続く。
 とはいえ、世間は卒業式のシーズン。少しずつ春らしくなってきた。横浜の桜はきょう開花したというニュースもあった。    

 日曜日は米田氏と中山に出かけた。8レースのダート1200メートルに米田氏が関係するリッキーワールドが出走するというので、応援に出かけた次第。花粉症のひどい米田氏はこのところずっと自宅に閉じこもったままで、外にでるのは久しぶりらしい。  
 リッキーワールドは2戦目の新馬戦を勝って以来、ずっと大敗続き。アイネスフウジンの子で中野栄治厩舎の馬だから、調教師としての思い入れもあったのではないか。共同通信杯を走ったこともあったが、その後も2桁着順が続くというていたらく。スピード指数の伸びもない。ただ前走、藤田騎手が騎乗して後方から直線追い上げて5着と健闘。良化の兆しは見せていた。  

 馬場入場が始まる。リッキーワールドも新人の田嶋翔騎手を背に入ってきた。
 「良い毛艶してるんだよ。見てみてよ」と米田氏が私に双眼鏡を渡す。  
 馬の馬体を見る目など私にはないのだが、なるほど、ぴかぴか光っているのがわかる。  
 私はリッキーワールドの単勝と複勝を5000円づつ、リッキーワールドを軸に馬連を買った。  
 いつもはペースについていけず、後方からしかレースができないリッキーワールドだったが、今日は果敢に3番手を進む。4コーナーで少しおかれ気味になったが、直線を向くと根性を見せた。最内から気後れすることなく伸びてきたのだ。あわや勝つのではないかと思って35倍×5000円を暗算しながら、「いけ!いけ!」と叫んだが、ゴール前では外から伸びたエイシンクリバーンとタイキシリウスに交わされてクビ差の3着だった。

 「上出来、上出来、近い内にこのクラスは勝てるよ」  
 米田氏も私も含め、リッキーワールドの関係者は大喜びだった。
 五百万条件の馬であっても、競馬に変わりはない。馬券をはずしても関係者の喜びといったらなかった。私もうれしかった。  

 しかし、その後がいけなかった。日経賞はグラスワンダー、高松宮記念はブラックホークと圧倒的人気を背負った馬が大敗。ともに万馬券の決着となった。  
 グラスワンダーもブラックホークも、まるでいいところがなかったが、それ以上に私の馬券もまるでいいところがなかった。

|

« 第18回 恩師 | トップページ | 第20回 サイコーキララの死角 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736501

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回 リッキーワールド:

« 第18回 恩師 | トップページ | 第20回 サイコーキララの死角 »