« 第22回 リッキーワールドが勝った | トップページ | 第24回 マチカネホクシンに勝機 »

2000年4月26日 (水)

第23回 テイエムvsトップロード

 春の天皇賞の3200メートルという距離は、ステイヤーズ・ステークスの3600メートルに次ぐ長距離レースであり、本質的にステイヤーのカテゴリーに属するものだ。しかし、日本の競馬のレース体系がスピード中心の中・短距離にシフトされつつある時代にあって、権威はあっても番組上は特殊なレースになりつつある。レースの体系がスピード中心になれば、当然、血統上もそういう馬を生産する事になるはずで、本質的なステイヤー血統は我が国では存在しにくくなっている。ステイヤーの血を評価する春の天皇賞の意味は必然的に失われていく。それでも、天皇賞馬は誕生する。
 
 今年の天皇賞のメンバーを見ても、自信を持ってステイヤーと評価できる馬がいない。その現れが、スローペースの多さである。出馬表を見ていて真っ先に、そのことに目がいってしまう。それはたぶん、能力があるのに道中の流れだけがスローペースになっているのではない。能力がないために、結果としてスローぺースにならざるを得なかったのだ。それはスローペースでありながら、それに見合うだけの上がり指数が伴っていないことで理解できる。
 
 メンバー中でスローペースに対する上がり指数を持った馬はテイエムオペラオー、ナリタトップロード、ラスカルスズカ、ステイゴールドの4頭だけである。この4頭はまがりなりにも90以上のスピード指数をも持っており、標準的なレースの流れであれば90以上の指数は示せる。他で90以上の指数を持つ馬はホッカイルソーだけで、この5頭が今年の春天の中心を構成する馬たちと見てよい。  

 中でも長距離の実績、安定感といったらテイエムオペラオーだろう。グラスワンダー、スペシャルウィークなど現6歳世代の後塵を拝してきたとはいえ、互角に戦ってきた5歳世代はテイエムオペラオーだけといってもよい。彼らが馬場を去ったのち、京都記念、阪神大賞典を快勝。実績も積んできた。スローペースによる指数の上下はあるものの、ステイヤーズステークスで示した17の先行指数、97のスピード指数を見れば、厳しいペースになっても持ちこたえられるスタミナは評価できる。今年の春の天皇賞にもっとも近い馬だ。  

 ナリタトップロードはこの2戦、京都記念、阪神大賞典でテイエムオペラオーに負けたが、完全に勝負付けがすんだわけではない。特に、京都記念は斤量差もあってのこと。指数上はテイエムオペラオーを上回っており、能力に遜色はない。菊花賞で見せたように、軽い芝が合うタイプだけに、京都が舞台の春天では逆転もあり得るのではないか。  

 また、ラスカルスズカは阪神大賞典でナリタトップロードに先着、2着を確保したが、それが本当の能力かどうか、指数からははかりにくい。しかし、名手・武豊を背にして3着をはずしたことがなく、若い和田テイエムオペラオー、渡辺ナリタトップロードがペースの判断を誤れば武の出番はあるはずだろう。想定されるペースはスロー。騎手の巧拙も考えなければならない。  

 個人的には馬の能力だけならテイエムオペラオー、ナリタトップロードの戦いだと思うが、先に述べたように、ステイヤーの血の戦いではないとすると、蛯名ホッカイルソーをなど実力騎手が乗った中距離馬の台頭もありそうな気がしてならない。

 ◎テイエムオペラオー、○ナリタトップロード、×ラスカルスズカ、▲ステイゴールド、△ホッカイルソー、レオリュウホウ、トキオアクセル、スペキュレーション。  

|

« 第22回 リッキーワールドが勝った | トップページ | 第24回 マチカネホクシンに勝機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736497

この記事へのトラックバック一覧です: 第23回 テイエムvsトップロード:

« 第22回 リッキーワールドが勝った | トップページ | 第24回 マチカネホクシンに勝機 »