« 第27回 エアシャカール2冠へ | トップページ | 第29回 夜遊びはダメよ »

2000年5月31日 (水)

第28回 外国馬ディクタットに注目

 今週の安田記念は昔から相性が良く、私の好きなレースのひとつ。かつてはヤマニンゼファー、ノースフライト、トロットサンダー、タイキシャトルなどマイラーたちが実力を発揮してきた舞台だ。配当も悪くはなかった。気合いを入れたいところなのだが、ダービーが終わった後では、何となく集中力に欠ける。うーーん。がんばろーーう。

 これまで安田記念は比較的京王杯の結果が直結するレースだった。ここ10年で見ても、安田記念の勝ち馬の8頭が京王杯に出走した馬たちだった。最近は京王杯の勝ち馬が3年連続で連対している。しかし、今年は京王杯と安田記念が中3週から中2週に変更されて、今年はその傾向に多少変化が表れるのかもしれない。

 マイル戦はマイルの指数が高いことがスピード指数上の特徴である。一応、京王杯出走組の中でマイルの指数の上位を取っていくと、キングヘイロー106、ブラックホーク104、シンボリインディ91、エーシンルーデンス90など。安田記念は例年マイルの指数で100以上が合格点という厳しいレースだけに、今年の該当馬が2頭だけというのは寂しい。しかも、キングヘイローの106もブラックホークの104も昨年秋5走前のもので、シンボリインディの91やエーシンルーデンス90では力が足りないのではないか。とりあえず、この中から軸馬を選ぶなら、実力、実績、安定感ともブラックホークということになりそうだが、ブラックホークがマイラーかどうか。私は軽い馬場に適性のある1400までの短距離馬なのではないかと見ている。

 例年に比べるとどう見てもレベルが低く、荒れるレースになりそうな気配がただよう。
 とすると他の馬たちにもチャンスはあるはずで、京王杯の勝ち馬スティンガー、マイラーズカップの勝ち馬マイネルマックス、外国馬のディクタットに注目せざるを得ない。しかし、京王杯から中2週というレース間隔を考えると、牝馬のスティンガーには酷なような気がするし、武豊騎手から田中勝騎手への乗り変わりもマイナス材料に映る。

 私はモハメド殿下の外国馬・ディクタットに注目している。来日初戦の前走、京王杯では6着。足馴らしをしただけのレースになってしまったが、それだけ疲れは残らなかったはず。2走前、フランスのフォレ賞では速いタイムにも対応しており、日本の馬場が合わないはずはない。足馴らしとはいえ、京王杯の指数は91を示しており、上がり指数もプラス9。悪くはない内容だったと見てよいのではないか。デットーリに騎手も強化されてここが本番の気配がする。

 ◎ディクタット、○ブラックホーク、×マイネルマックス、▲スティンガー、△アドマイヤカイザー、キングヘイロー、ダイワカーリアン、シンボリインディ、エイシンルバーン。
 

|

« 第27回 エアシャカール2冠へ | トップページ | 第29回 夜遊びはダメよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736492

この記事へのトラックバック一覧です: 第28回 外国馬ディクタットに注目:

« 第27回 エアシャカール2冠へ | トップページ | 第29回 夜遊びはダメよ »