« 第34回 波乱含みの菊花賞 | トップページ | 第36回 エリザベス女王杯は2強の戦い »

2000年10月25日 (水)

第35回 オペラオーの評価 天皇賞・秋

 今年の秋の天皇賞はテイエムオペラオーで堅いらしい。G�T3勝、重賞7勝。目下5連勝、さらに2000メートル戦は3戦3勝とくれば、反対もしにくい。

 しかし、私にはテイエムオペラオーのその強さが見えない。見えないどころか、これで今までよく勝ててきたと思わざるを得ない。まず、ペースの対応力だ。オペラオーはこれまで16戦こなしてきたが、一度もプラスのペース指数で走ったことがない。ということは、実は一度もG�Tのペースを経験 していないということを表している。昨年の覇者・スペシャルウィークは17戦のうちマイナスのペースで走ったのは3、4歳戦を含めて7戦だけ。他 の10戦はすべてプラスのペースで戦い、勝利を手にしてきた。スペシャルウィークだけではない。これまでの天皇馬・オフサイドトラップ、牝馬のエアグルーヴでさえ、4歳で天皇賞馬になったバブルガムフェローでさえ、ナリタブライアンを倒したサクラチトセオーも、すべてプラスのペース度でレースを積み重ねてきた。その積み重ねの中で、能力と実力を開花させてきたのだと私は思っている。

 もちろん、オペラオーのペース度がマイナスのレースばかりということは、スローペースになりやすい長距離ばかりを使ってきたからだ、という言い方もできるが、そこにもオペラオーの落とし穴が待っている。オペラオーは4歳の皐月賞以来2000メートル以上のレースばかりを使って、ステイヤーとしての能力を作り上げてきたはずの馬だ。今年の天皇賞が超スローペースで推移するなら別だが、それは現実的にあり得ない。過去、秋の天皇賞はスピード上位のレースだったはずで、マイラーでも秋の天皇賞馬の栄誉を手にできたのだ。オペラオーが今、久々に戦う2000メートルのスピードについていけるかどうか。私はテイエムオペラオーの過去のペース度の履歴に大きな不安と不満を感じる。

 それでもオペラオーは勝ってきた。しかし、倒してきた相手はナリタトップロード、ステイゴールド、メイショウドトウ、ラスカルスズカといったいつものメンバー。層の薄い中・長距離戦で変わりばえのしないメンバーの戦いでは仕方がない。そのカテゴリーでは力関係がはっきりしたということだ。現在、長距離戦ではオペラオーがチャンピオンであることは疑いない。

 しかし、先に述べたように、東京の秋の天皇賞は2000メートルとはいえ、スピード勝負のレースである。長距離戦と違ってレベルの高いメンバーも揃ってる。相手の弱い中長距離戦とは違う。

 結論を急ごう。中心はスピードに光るものを持った馬だ。脚質は問わない。 先行して粘るのも良いし、後方から追い込んでも勝負になる。でも、基本は 2000を乗り切るスタミナとスピードになければならない。メイショウドトウ、トゥナンテ、イーグルカフェを候補にあげたい。

 前走、オールカマーを勝ったメイショウドトウは、どちらかというとスタミナ系の馬に見えるが、ペースが厳しくなっても持ちこたえられる底力はあるはずで、スローペースにならない秋の天皇賞なら、勝機もあるのではないか。

 トゥナンテは前走、毎日王冠の勝ち馬。スローペースで先行馬有利の流れを後方から差しきった脚は見所十分だった。軽いスピード馬の印象が残る馬だが、スローペースのレースが多く、ペースが上がったときに対応できるか どうか。6歳という年齢からこれ以上の上積みがあるかどうか。

 イーグルカフェも同じようにスローペースが多い。ただ、まだ4歳だけに、1戦ごとに力を付けてくるはずで、不気味な存在だ。

◎メイショウドトウ、○トゥナンテ、×イーグルカフェ、▲テイエムオペラオー、△ロサード、ナリタトップロード、ユーセイトップラン、ダイワテキサス、ミッキーダンス(西田)
 

|

« 第34回 波乱含みの菊花賞 | トップページ | 第36回 エリザベス女王杯は2強の戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736485

この記事へのトラックバック一覧です: 第35回 オペラオーの評価 天皇賞・秋:

« 第34回 波乱含みの菊花賞 | トップページ | 第36回 エリザベス女王杯は2強の戦い »