« 第38回 ジャパンカップ2000 | トップページ | 第40回 朝日杯はタガノテイオー中心 »

2000年11月22日 (水)

第39回 スピードならタシロスプリング

 先週のジャパンカップはJC史上最悪のスローペースに泣いた。テイエムオペラオーのスピード指数は85。上がり指数はプラス10。スピード指数そのものは900万の特別レースの内容。上がり指数にわずかにオープン馬らしさが見えるが、スローペース症候群の最後の防波堤ジャパンカップでさえ、スローペースの波に飲み込まれてしまった。騎手も調教師も馬主も勝つことを目指してのみ仕事をしているのだから、このことについて何もいうことはない。素直に騎手、調教師、馬主の方たちに拍手を贈りたい。ただ、競馬のファンはレースの内容を含めて感動を持ちたいと願っており、結果だけを求めているのではないことを知ってもらいたい。

 今週は阪神3歳牝馬ステークスが行われる。阪神の開幕週のレースだけに、馬場状態が気にかかるが、どういうわけか今年の阪神の芝は夏以降、異常に速いタイムが出るようになってきた。秋口の開催時にはマイナス25でスタートしている。今開催もそのくらいの速い馬場と認識した方がよいだろう。昨年までは、軽くて速い京都の芝から、重くてタイムのかかる阪神芝へのギヤチェンジは適性を見極める重要なポイントになってきたが、今年は京都の速さが阪神でもそのまま生きることになりそうである。

 さて29頭の登録で絞り込みも難しいが、指数の上位65以上を取っていくと、テイエムオーシャン、タシロスプリング、リワードアンセル、ネームヴァリュー、オイスターチケット、ハクバノテンシがピックアップできる。その他では新潟3歳の勝ち馬ダイワルージュ、小倉3歳の勝ち馬リキセレナードなどもピックアップしておく必要があるだろう。

 阪神の開幕週で、逃げ馬には比較的楽な展開が予想されるが、今年の3歳 牝馬のレベルはそれほど低くないし、ペースも3歳牝馬のレースとしてはかなり厳しいものになりそうで、1600メートル戦といっても逃げ切るのは難しいだろう。展開的には中段で脚をためられる馬たちが、直線スピードを生かして差しきるというイメージが浮かぶ。

 とすると、中心はタシロスプリングだろう。札幌のすずらん賞は重い馬場に持ち前のスピードを生かせず3着に負けたが、スピードの出る京都のファンタジーSでは72の指数で圧勝。すでに9戦を消化、大きな指数の上積みはないかもしれないが、レース経験の豊富さが今回も確実に70以上の指数で走る信頼につながるのではないか。

 他ではハクバノテンシ。前走はタシロスプリングに負けたが、軽いスピードはなかなかのものがある。テイエムオーシャンは逃げなくてもレースはできるが、今のところスピードよりもスタミナの色が濃く、先行した方がよいはず。

 この時期の3歳牝馬は安定感もなく、一気の成長もあるので、毎年、難しい予想になってしまう。あまり自信はないので、馬券はほどほどに。

◎タシロスプリング、○ハクバノテンシ、×テイエムオーシャン、▲リワードアンセル、△オイスターチケット、ネームヴァリュー、コウエイマーベラス、ノブレスオブリッジ、ローレルプリンセス、タカラサイレンス。

|

« 第38回 ジャパンカップ2000 | トップページ | 第40回 朝日杯はタガノテイオー中心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736481

この記事へのトラックバック一覧です: 第39回 スピードならタシロスプリング:

« 第38回 ジャパンカップ2000 | トップページ | 第40回 朝日杯はタガノテイオー中心 »