« 第42回 アンチ・オペラオーの有馬予想 | トップページ | 第44回 譲れないダート王の座 »

2000年12月27日 (水)

第43回 今年のベストレース

 有馬記念が終わると一気に師走の気分に追い立てられる。事務所も27日までが営業日。しばらくお正月休みにはいる。今年は会社の合併もあって、あわただしく過ぎた年だったが、その分たくさんの人たちに出会い、たくさんのいい思い出をもらった。競馬の予想は相変わらずの一年だったが、運不運に翻弄されながらも、私なりに楽しんでこれた。それにしても今年一年、おつきあいいただきまして、本当にありがとうございました。

 テイエムオペラオーで始まり、テイエムオペラオーで幕を閉じた今年。私が選んだいちばんのベストレースはジャパンカップ・ダート。

 今年創設されたばかりのG�Tで、外国からの参戦はロードスターリング、ユーカーの2頭にとどまったが、レギュラーメンバーがとばしてペースをつくり、このレースを勝ったウイングアローのスピード指数は109になった。逃げたレギュラーメンバーの先行指数は40、他の馬たちもほとんどの馬が30前後の先行指数を示した。当然、直線は最後の力を振り絞っての余力勝負。勝ったウイングアローでさえ、上がり指数はマイナス7にしかならなかったが、それほど厳しいレースだった。日本馬でもその程度の厳しいレースができることを証明したレースだった。

 ただ、3着に入ったロードスターリングに騎乗したヴァルディヴィアJr騎手は「道中行きたがるのを押さえるのに苦労した」とコメントしているおり、2番手につけ先行指数が39でもまだ行きたがるというアメリカ競馬のペースを想像すると、いまの日本のレースがいかにゆるいのかよく分かる。

 翌日、ジャパンカップが行われ、テイエムオペラオーが勝った。私はジャパンカップだけは厳しいペースになると思っていたが、逃げたステイゴールドの先行指数は8。オペラオーの先行指数は5。スピード指数は準オープン並の85でしかなかった。かつてのジャパンカップは100以下になることはなかったレースだった。勝ち負けだけが競馬ならそれもいい。史上最も遅い勝ちタイムに価値がないとも思わない。ただこれがジャパンカップでは情けない。

 21世紀だからといって、急に何かが変わるわけではない。しかし、変わってほしいと願う。21世紀、ファンも納得できるレースを期待したい。

 では、また来年。
 良いお年をお迎えください。

|

« 第42回 アンチ・オペラオーの有馬予想 | トップページ | 第44回 譲れないダート王の座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736477

この記事へのトラックバック一覧です: 第43回 今年のベストレース:

« 第42回 アンチ・オペラオーの有馬予想 | トップページ | 第44回 譲れないダート王の座 »