« 第47回 タキオン、ポケットの2強に迫る馬は | トップページ | 第49回 NHKマイルは堂々クロフネ »

2001年4月25日 (水)

第48回 天皇賞はドトウvsトップロード

春の天皇賞はステイヤーの戦いである。たとえ、どんなにスローぺーのレースだったとしても、 たとえ、その結果、上がりタイムが34秒台の前半だったとしても、 天皇賞の3200メートルの距離をこなすのは並大抵ではない。 スタミナの核とステイヤーの素質がなければ勝ち負けはできない。 わたしは今、そう思っている。
かつて、春の天皇賞について「本来的にはステイヤーの戦いのはずだが、スローペースが多く、 ステイヤーの本質を問うレースになっていない」と書いた。それはそれで正しいと思っている。 ただ、だからといって勝ち馬たちに与えられた栄誉をおとしめるつもりは毛頭ない。 彼らはその年のその時点での最優秀ステイヤーだったのだ。 過去の天皇賞の出馬表と結果を照らして、今、強くそう思っている。

ステイヤーに必要なものはスタミナである。 スタミナを構成するものは生物学的にいうと筋肉と心肺機能。 どちらもすぐに鍛えられるものではない。だからこそ、過去の天皇賞は前走、 長距離を使って実績を残した、直前指数の上位馬が圧倒的に強かったのだろう。 ただ、それだけではなかった。

過去の連対馬、彼らの共通点は近2走に「馬場状態が悪いレースで高い上がり指数を示してきた」 という特徴を持っていることだ。 馬場状態が悪い(指数上はプラスの馬場状態で、スタミナが求められる)時であっても、 きちんと直線の脚を発揮できたことだ。スタミナのない馬たちは力のいる馬場状態によって、 いつも以上に道中息が上がってしまうか、直線に入って余力をなくすか、どちらかだ。 スタミナのある馬だけが、直線も余力を持って上がりの脚が使える。 馬場状態はその馬の本質にも迫る。

昨年のテイエムオペラオー、ラスカルスズカ、一昨年のスペシャルウィーク、メジロブライト。 97年のマヤノトップガンも、それ以前のサクラローレルもナリタブライアンも ライスシャワーもステージチャンプも、連対した馬は全てそういう馬たちであった。 (ただ1頭の例外は98年の2着馬ステイゴールドのみ)。

今年も同様の条件でスタミナに優れ、上がり指数も上位にある馬をピックアップすると、 メイショウドトウ、ナリタトップロード、メジロランバートが中心。 人気になりそうなテイエムオペラオーやエアシャカールはスタミナの数値が少し足りないし、 上がりの脚も、もの足らない。

中でも今年、スタミナの指標でも上がり指数でもトップにあるのがメイショウドトウ。 彼が本質的にステイヤーであるかどうかは別として、今年のメンバーの中で、 近走、最もスタミナの裏付けを持ったレースをしてきた馬だということはできる。 前走もスローペースとはいえ2500メートルの日経賞をブラス2の馬場状態で 上がり指数を17にまとめているし、5走前にはプラス20の馬場状態で プラス20の上がり指数を示したことをも合わせて考えれば、 スタミナ、上がり指数とも、今年のメンバーの中では一番条件に合う。

メイショウドトウの相手になるのが、前走、阪神大賞典を快勝したナリタトップロード。 前走よりも前々走の京都記念3着時のレースに見所があり、調子落ちさえなければ、 勝ち負けできる。テイエムオペラオーは昨年と違って、軽い馬場での戦いが多く、 直線の切れも落ちてきている。実績のある馬だから、とは思うが中心には推しにくい。

◎メイショウドトウ
○ナリタトップロード
×テイエムオペラオー
▲エアシャカール
△メジロランバート
△アドマイヤボス
△セイウンスカイ
△エリモブライアン

|

« 第47回 タキオン、ポケットの2強に迫る馬は | トップページ | 第49回 NHKマイルは堂々クロフネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736472

この記事へのトラックバック一覧です: 第48回 天皇賞はドトウvsトップロード:

« 第47回 タキオン、ポケットの2強に迫る馬は | トップページ | 第49回 NHKマイルは堂々クロフネ »