« 第60回 充実著しいメジロダーリングに期待 | トップページ | 第62回 9月30日の単勝有力馬 »

2001年9月28日 (金)

第61回 9月29日の単勝有力馬

 いよいよ秋競馬の本番。今週は原稿の他にもバタバタと片づけなければならない仕事に追われ、飲みに行く気分にもならなかった。少し、健康に気遣う必要もありそうで、飲みに行く回数が減るのは悪くはないと、自ら言い聞かせてはみても、今夜あたりは気もそぞろ。さてさて、どうなりますか。

 スプリンターズステークスの予想は明日掲載します。

 中山11レース ペルセウスステークス
 2番 トーホウダイオー
 1番 ワールドクリーク
 4番 タヤスアンティーム
ダートの中距離戦なら紛れは少ない。特に前でレースを進めるマイターン、タヤスアンティームの能力が高いだけに、スタミナの核があってかつ、瞬発力に優れた馬たちでなければ勝ちきれないだろう。マイターンの逃げ切り、ジョウノブラボーの瞬発力も考えたが、ここは中段からの差し切りが有利と見てトーホウダイオー、ワールドクリークを上位に取った。タヤスアンティームはもう少し距離が長いほうがいいかもしれないが、粘れば勝ちも見える。

 阪神11レース シリウスステークス
11番 スターリングローズ
 6番 クールネージュ
 8番 ゲイリーコンドル
実績、実力だけならブロードアピール、セレクトグリーン。ただ、休み明けや、完調にないことを考えると荒れる気配。このところダートの中距離路線を使ってきたスターリングローズに期待。前走久々1400に距離を短縮。先行集団から直線鋭い切れで抜け出して4馬身差で圧勝した。このくらいの距離の方がいいはずだし、阪神ダートは速い馬場状態で前が止まらないから、展開も向く。クールネージュ、ゲイリーコンドルも前々でレースを進められ、瞬発力も高い。

 新潟11レース 飛翼特別
15番 ホクトフレッチェ
11番 ヨイチキナコ
 6番 トウカイプライド
新潟の1000メートルで難解。ただ、条件を絞るなら、瞬発力がモノをいう距離だけに、新潟1000の経験のある馬で、加えて先行できる脚のある馬を買いたい。ホクトフレッチェ、ヨイチキナコはこの夏大きく成長した馬。トウカイプライドは先行できれば。

|

« 第60回 充実著しいメジロダーリングに期待 | トップページ | 第62回 9月30日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736367

この記事へのトラックバック一覧です: 第61回 9月29日の単勝有力馬:

« 第60回 充実著しいメジロダーリングに期待 | トップページ | 第62回 9月30日の単勝有力馬 »