« 第66回 10月13日の単勝有力馬 | トップページ | 第68回 菊花賞は3強の戦い »

2001年10月13日 (土)

第67回 10月14日の単勝有力馬

 うちのスタッフとしてがんばってくれているY君は、過去5年の秋華賞のうち、メジロドーベル、キョウエイマーチで決まって360円しかつかなかった年を除いて、他の4回の万馬券を全て的中させてきた自他共に認める「牝馬王」である。人でも馬でも「牝」の種族にはめっぽう強い。おまけに根っからの穴党で、荒れる秋華賞には特に力が入るらしい。
「今年はどう買うつもりなの」
「言ったとたんに当たらなくなりそうですよ」
と言いながらも、次の馬をピックアップしてくれたので、ご紹介しておきます。
「ドリームカムカム、ノブレスオブリッジ、レディパステル、アドマイヤハッピー。あと一頭は秘密だけど、5頭のボックスにします」
 参考までに。
 (内輪ネタになってしまって申し訳ないが、人でも馬でも「牝」の種族にはからっきし弱いスタッフもおりますので、ご安心ください。)

 東京11レース 府中牝馬ステークス
 9番 ヤマカツスズラン
10番 タイキポーラ
 6番 ティコティコタック

エリザベス女王杯に向けての一戦だが、今年はやや寂しい顔ぶれ。ヤマカツスズランは溜め逃げして味のあるタイプではないから、ここでも2桁の先行指数で逃げるはず。府中も馬場が良いので、逃げ切る可能性が大きい。ただし人気の逃げ馬なのでマークもきつくなるから、これを差すとしたらマーメイドSで実際にヤマカツを差しきっているタイキポーラと、末脚が強烈で府中向きのティコティコタック。

 京都11レース 秋華賞
14番 ドリームカムカム
 6番 レディパステル
13番 ダイワルージュ

レベルが低いメンバーだけに、ペースが落ち着くならスタミナの裏付けがあるダイワルージュやテイエムオーシャンという手もあるが、能力以上のハイペースになって、結局、先行集団が総崩れになるのではないか。後方からの一気、瞬発力に懸ける馬たちの出番だ。瞬発力上位はドリームカムカム。距離延長はマイナス材料だが、3走前、新潟の上がりの脚は京都でしか再現できない。乱ペースを征する一気の脚で勝ちを狙う。次いでレディパステル。また、候補には上げなかったが、ショウナンバーキンも瞬発力で上位にあり、少し気になる存在。

 新潟11レース 姫川特別
 7番 ノーザンカピタン
 6番 エリモコンコルド
 5番 コスモブレイザー

9頭と少ない頭数になった新潟メイン。極端なスローにはならないメンバーで、指数上位馬3頭が強いのではないか。ノーザンカピタンは夏の福島で出した指数が光る。スタミナの核もあり、瞬発力もある。休み明けの影響がなければ、ここは勝てるのではないか。エリモコンコルドもそれほど差はなくこれに続く。コスモブレイザーは重賞で入着したときの出来に戻っているかどうかがカギ。

|

« 第66回 10月13日の単勝有力馬 | トップページ | 第68回 菊花賞は3強の戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736361

この記事へのトラックバック一覧です: 第67回 10月14日の単勝有力馬:

« 第66回 10月13日の単勝有力馬 | トップページ | 第68回 菊花賞は3強の戦い »