« 第90回 12月9日の単勝有力馬 | トップページ | 第92回 12月16日の単勝有力馬 »

2001年12月14日 (金)

第91回 12月15日の単勝有力馬

 高校1年の娘は今が期末試験の真っ最中。私が帰ると、たいてい食卓で試験勉強をしている。
「がんばってるね」と声をかけると、
「だめ、最悪」
「ふーん、明日は数学か。集合やってるんだ」
 中学生までは、「分からないところがあったら、教えてあげよう」と思ってきたが、高校生ともなると、こちらもさっぱり。へたに聞かれても困るし、じゃましないのが一番。
 カミさんはすでにひとり夢の中にあり、私はコップに牛乳をついで、テレビをつけるのも悪いと思って、新聞を読む。
 娘と向かい合ったまま、カリ、カリ、ノートを取る娘の鉛筆の音を聞きながら、静かな深夜の時間が過ぎていく。
「まだ、やるの」
「うん」
「じゃ、先に寝るね」
「うん、おやすみ」


中山11R 仲冬特別
14番 ティエッチグレース
 6番 ヨイチキナコ
 9番 リザルトシチー

 力の接近したメンバーで混戦だが、馬場状態の良い中山の短距離戦なら、展開よりも最後の瞬発力の勝負だろう。瞬発力ならティエッチグレース、ヨイチキナコ、リザルトシチー、マイネルレガリア、ロードウィッシュ、スプリングガーベラなどが上位にピックアップできるが、正直あたま数が多すぎて、絞り込むのは難しいレース。ここはクラスの平均ペースで流れそうで、有力馬の前残りを考えると、中心はティエッチグレース。軽い馬場の瞬発力は高く、中山は(1102)と相性も良い。

阪神11R 逆瀬川ステークス
 1番 ミデオンビット
11番 ポンテローザ
 8番 キョウワダイキチ

 マイルの適性はミディオンビット、メイショウキオウが高い。ただ両頭とも近走、直線での切れが見られない。ただ逃げ馬がアグネスストームならペースはゆるむ。とすると能力から見てミデオンビットの前残りはありえそう。平均ペースなら距離の適性も重要になるが、スローペースなら距離があわなくても瞬発力のある馬にもチャンスは出てくる。ポンテローザは1600戦(0116)に対して1400戦は(2205)、1200戦は(3303)と、明らかにマイルよりスピードの勝った短距離馬。ただ、近走はパワーのいる馬場で、高い瞬発力をみせており、ペースのゆるむマイル戦なら戦えるのではないか。キョウワダイキチは軽い馬場を得意としており、ペースがはまれば一発逆転も。

中京11R CBC賞
 8番 テイエムサンデー
13番 エイシンコジーン
 5番 カルストンライトオ

 短距離の安定した能力でエイシンコジーンが抜けた存在。ただ軽い馬場ならではの馬で、少し力のいる中京の馬場は合わないかもしれない。中心にはテイエムサンデーを取った。ダートを中心に使われてきて、芝の適性は未知数とはいえ、前走のレース内容は高く評価できるし、瞬発力も良かった。案外芝の方に適性が潜んでいるかも。カルストンライトオは逃げ一手の戦法から抜け出さないと、クラスが上がって苦労しそう。今日のメンバーなら逃げのこりもあるかもしれないが、もともと瞬発力の良い馬だから、控えたほうがレースがしやすいと思うが。

|

« 第90回 12月9日の単勝有力馬 | トップページ | 第92回 12月16日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736337

この記事へのトラックバック一覧です: 第91回 12月15日の単勝有力馬:

« 第90回 12月9日の単勝有力馬 | トップページ | 第92回 12月16日の単勝有力馬 »