« 第93回 2001年グランプリ有馬記念 | トップページ | 第95回 12月23日の単勝有力馬 »

2001年12月21日 (金)

第94回 12月22日の単勝有力馬

 東京も昼すぎから初雪がちらついた。
 すぐにみぞれ混じりになり、雨に変わったが、それも夕方には上がった。
 明日の馬場状態には多少影響がありそうだが、有馬当日まで大きな影響は残らないのではないか。
 今日のスポーツ紙1面は有馬記念の特集が飾っていた。以前に比べると競馬が1面を飾るのも少なくなった。せめて有馬記念くらいは大いに盛り上げて欲しいと思うが、相変わらずのテイエムオペラオー、メイショウドトウでは気合いが入らない。
 気になったのは、どの新聞も逃げるのはトゥザヴィクトリーと読んでいる点。
 個人的には、逃げずに後方で良いから、最後の直線の瞬発力に懸けてもらいたいと思っている。武さん、お願いしますよ。


中山11R クリスマスカップ
 7番 ナムラマイカ
 4番 プレイヤーズラック
13番 イカルスドリーム

 近走好調なのはナムラマイカ、イカルスドリーム、プレイヤーズラック、トウショウトリガーなど。上位陣に差はないが、昨日の雨で馬場が少し渋ったとしても、今の中山短距離はスピードがポイント。瞬発力ならナムラマイカ、プレイヤーズラックの前走が光る。イカルスドリームは久々の1200戦だが、この距離の方があうはず。

阪神11R ラジオたんぱ杯2歳ステークス
 4番 アドマイヤマックス
 2番 マチカネアカツキ
13番 メジロアービン

 アドマイヤマックスが指数上も少し抜けた存在。前走は後方からのレースだったが、先行指数を見ると自らのペースも楽なものではなかった。それでも直線の脚は余力を感じさせる鋭さがあり、素質の高さを感じさせる。

|

« 第93回 2001年グランプリ有馬記念 | トップページ | 第95回 12月23日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736334

この記事へのトラックバック一覧です: 第94回 12月22日の単勝有力馬:

« 第93回 2001年グランプリ有馬記念 | トップページ | 第95回 12月23日の単勝有力馬 »