« 第100回 1月13日の単勝有力馬 | トップページ | 第102回 1月19日の単勝有力馬 »

2002年1月13日 (日)

第101回 1月14日の単勝有力馬

 あるテレビコマーシャルのバックに流れる曲の名前がどうしても思い出せず、去年の 秋からずっと気になっている。懐メロに属する曲なのだが、テレビコマーシャルの会社 名も商品名も分からず、調べようもなく、気にかかったままに年を越してしまった。
 1月4日、深夜。チャンネルを動かしていたら、偶然、その歌を大竹しのぶが歌って いた。そうそう、この曲なんだ。
 でも、ほんのわずかしか聞けず、番組も終わってしまった。曲のタイトルは結局分か らずじまいのまま。
 翌日、飲みに行った先でその話をしたら、席についていた二人の女性が「その番組な ら私も観た」という。
「で、その曲のタイトル。テロップにでてなかったかな」
「えぇ。どうだったかな。分からないわね。はじめにマチャミがその歌を歌って、その あと、大竹しのぶが2番を歌ったことは覚えてるんだけど」
「何とか思い出せないかな」
「うーーーん」
 結局、誰もそのタイトルを思い出せなかった。
 その翌日、少し意地になりはじめた私は、フジテレビのホームページに突入。1月4 日25時20分から放映された「しのぶ&まさみSHOW」という番組だったことは 分かったものの、曲名の記載はなく、それ以上は分かりようもなかった。しかたなくフ ジテレビに電話もしてみたが、担当者は不在。結局、番組あてにメールを出して回答を 待っているところだが、1週間たっても未だに返事はない。
 誰がご存じの方はいませんかね。


東京11R ニューイヤーステークス
 5番 ザカリヤ
 4番 エイシンエーケン
10番 エイシンルバーン
 近走、マイル戦の指数上位はザカリヤ、エイシンルバーン、ロードクロノス、タイキ ダイヤなど。平均ペースになりそうで、勝負は直線に入ってから。その叩き合いを征す るのはザカリヤだろう。指数の高さと安定感、距離適性、瞬発力など、どれをとっても 高い指標があり、中心に推せる。ロードクロノスは休み明けだけに能力の高さは認めて も買いにくい。ならば、マイル戦での瞬発力が高いエイシンルバーン、前走が好内容の エイシンエーケンの方が面白い。

京都11R シンザン記念
14番 ゼンノカルナック
13番 ダンツジャッジ
 2番 スターエルドラード
 全体に高いレベルでの混戦模様。チャンスはどの馬にもありそうだが、ゆるみのない ペースでスタミナがモノをいうレースだろう。瞬発力ではスターエルドラードが上位に あるが、少しスタミナに欠ける。ここは切れる脚はないもののスタミナに優れたゼンノ カルナックを中心に取った。ダンツジャッジの前走は1200ながら、スタミナのいる 馬場状態を余裕のある勝ちっぷりで、距離が伸びでもいけるのではないか。

|

« 第100回 1月13日の単勝有力馬 | トップページ | 第102回 1月19日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736268

この記事へのトラックバック一覧です: 第101回 1月14日の単勝有力馬:

« 第100回 1月13日の単勝有力馬 | トップページ | 第102回 1月19日の単勝有力馬 »