« 第102回 1月19日の単勝有力馬 | トップページ | 第104回 1月26日の単勝有力馬 »

2002年1月19日 (土)

第103回 1月20日の単勝有力馬

 今日、土曜日は、小倉のロクコーピロウイナ単勝3190円をはじめ、ここで推奨した馬たちが大活躍。ミサイル馬券も京都メインの11万馬券を演出するなど大爆発の連続で、事務所は大いにわいた。
馬券は好調だが、ただ、個人的にはあまり体調が良くない。
 気管支炎のためか、寝付く頃になると咳き込んで、睡眠不足のこのごろ。近くの病院で薬をもらったものの、あまり効かない。
 体力が落ちていることは事実で、それは年のせいとはいえ、何も運動していないことも良くない。少し運動でもしようかと思っているが、さて、何をどうしたものか。
 結局、衝動的にテレビショッピングで見たボディーブレードを注文してしまった。


東京11R アメリカジョッキークラブカップ
 7番 エアスマップ
11番 ボーンキング
 3番 スパークホーク

 A1コースになって、馬場は良好といっても、流れは厳しくなりそうなメンバー。ハイペースなら差し馬に狙いを絞りたいところだが、瞬発力に優れた馬が見あたらない。結局、前につけていなければ勝機はないだろう。ここは先行力も高く、中距離で安定した高い能力を示してきたエアスマップが中心。

京都11R 平安ステークス
 1番 マンボツイスト
 3番 マイネルブライアン
10番 タマモルビーキング

 ダートの安定勢力はマンボツイスト、スマートボーイ、マイネルブライアン、アイランドオオジャなど。逃げ馬が揃って、ペースは上がるが、どこにつけるか、どこで仕掛けるか、ここは騎手の判断がモノをいいそう。中心には武豊騎手のマンボツイストを取りたい。昨年の平安Sは102の指数で圧勝しており、ダート1800は5勝とベスト。

小倉11R 洞海湾ステークス
 7番 ドラゴンマックス
13番 シャンハイブルース
 4番 コンキスタクラウン

 能力の接近したメンバーが揃って難解なレース。どの馬にもチャンスはありそうで、直線の叩き合いを征することができるかどうか。安定感ではドラゴンマックスだが、指数上は抜けた存在ではない。ただ、瞬発力ではシャンハイブルースとともに上位にあり、決め手勝負になりそうなここでは勝ち負けできる。また、コンキスタクラウンも前走は楽勝。アグネスストームの逃げでスローになるようなら、先行力を生かして浮上もある。

|

« 第102回 1月19日の単勝有力馬 | トップページ | 第104回 1月26日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736266

この記事へのトラックバック一覧です: 第103回 1月20日の単勝有力馬:

« 第102回 1月19日の単勝有力馬 | トップページ | 第104回 1月26日の単勝有力馬 »