« 第104回 1月26日の単勝有力馬 | トップページ | 第106回 2月2日の単勝有力馬 »

2002年1月27日 (日)

第105回 1月27日の単勝有力馬

 東京は今夜から雪の予報が出ている。
 窓の外にはもうちらちら白いものが混じり始めている。
 雪そのものは大した量ではないらしいから、開催に影響はないのだろう。ただ、その後、雪が雨に替わって、降水量はかなりあるらしい。
 京都も小倉もすでにかなりの量の雨で、どこの競馬場も馬場は悪化しており、明日の予想は全て、重、不良と想定したものにした。

東京11R 東京新聞杯
10番 タイキブライドル
 6番 ザカリヤ
 1番 ビッグゴールド

 近走、マイルの指数上位はザカリヤ、タイキブライドル、スティンガー、イーグルカフェなど。マイル戦はスピードと瞬発力の勝負だけに、スティンガー、イーグルカフェの59キロは不安。雨で馬場が悪いことを考えると、瞬発力に加えスタミナもあわせ持つタイプの馬たちの出番だ。馬場がよいと、じり脚タイプは決め手を欠くことになるが、重、不良なら、それが武器に変わる。ザカリヤ、タイキブライドルは馬場が悪くても直線伸びる脚がある。

京都11R 京都牝馬ステークス
10番 エアトゥーレ
 3番 ピンクプルメリア
 6番 ジェミードレス

 指数の接近したメンバーで混戦。マイル戦の指数上位はエアトゥーレ、ビハインドザマスク、タイキポーラ、ピンクプルメリア、ダイヤモンドビコー、フサイチユーキャンなどだが、安定感ではエアトゥーレ、ビハインドザマスク、ジェミードレス、フサイチユーキャンなどが上位にある。目下3連勝中のエアトゥーレはスピードと切れも一流だが、馬場の悪さを克服するスタミナも備えており、一番手は不動だ。

小倉11R 秋吉台特別
13番 フジヤマシンゲキ
 2番 トウショウラッシュ
14番 ゴールドディスク

 馬場が悪く、行ったもの勝ちになるのか、行った馬がつぶれて追い込みが効くのか。判断が難しいところ。行ったもの勝ちならフジヤマシンゲキ、トウショウラッシュ、ゴールドディスクが有力だろう。ともに直線の脚もあるから、粘りきれると思うが。追い込みに懸けるならサイレントクルーズ、アグネスプレジャー。

|

« 第104回 1月26日の単勝有力馬 | トップページ | 第106回 2月2日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736264

この記事へのトラックバック一覧です: 第105回 1月27日の単勝有力馬:

« 第104回 1月26日の単勝有力馬 | トップページ | 第106回 2月2日の単勝有力馬 »