« 第96回 1月5日の単勝有力馬 | トップページ | 第98回 1月7日の単勝有力馬 »

2002年1月 5日 (土)

第97回 1月6日の単勝有力馬

 今年、もっとも注目、期待しているのは馬単と3連複という新しい馬券の導入。
 最近はスピード指数で上位にある馬が人気を集めることが多くなって、的中率に大きな変化はないのに、回収率だけはどんどん低下してきた。スピード指数が多くの人たちに利用されてきた結果のことで、こればかりはいかんともしがたいことだったが、堅い馬連ではリスクに見合う十分な配当が期待できなくなってきていたのも事実だ。
 今年の新しい馬券の導入は前回のワイドと違って、より高配当を狙えるもので、少額でも夢が買えるギャンブルの本質に近づいたものになる。たぶん1日に1、2レース当てられれば十分にペイできるものになるのではないか。
 そういう点で、スピード指数がより生きてくるのではないかと思っている。
 夏が待ち遠しい。


東京11R ガーネットステークス
 1番 サウスヴィグラス
 8番 ブロードアピール
16番 ビーマイナカヤマ

 スピードに乗れる軽いダートを得意とするのはブロードアピール、ビーマイナカヤマ、サウスヴィグラス、ショウナンカンプなど。中でも(8022)と1200をもっとも得意とするサウスヴィグラスが中心だ。どの馬が逃げてもペースはそれほど速くないはず。ここは持ち味の先行力を生かした直線抜けだしに懸ける。

京都11R 新春ステークス
14番 フサイチユーキャン
 2番 テイエムサンデー
16番 キョウワダイキチ

 難しいレースになった。スピード指数だけならテイエムサンデーでいいとも思えるが、芝の好走は1200のみ。指数の高さであっさり勝ってしまう可能性も高いが、ここはマイル戦だけに持ち味の瞬発力だけでは戦えないのではないか。近走、マイル戦での指数の高さと実績を評価してフサイチユーキャン、キョウワダイキチ、マヤノトライミーに期待したい。

|

« 第96回 1月5日の単勝有力馬 | トップページ | 第98回 1月7日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736272

この記事へのトラックバック一覧です: 第97回 1月6日の単勝有力馬:

« 第96回 1月5日の単勝有力馬 | トップページ | 第98回 1月7日の単勝有力馬 »