« 第106回 2月2日の単勝有力馬 | トップページ | 第108回 2月9日の単勝有力馬 »

2002年2月 2日 (土)

第107回 2月3日の単勝有力馬

 先週の日曜日、都内のホテルでG�T2勝、合わせて最優秀短距離馬の受賞を祝うトロ ットスターの祝勝会があった。以前「海外遠征も」という話が新聞に掲載されていたか ら、そんな話もあるかと思っていたが、オーナーや中野調教師からは何もなかった。
 しばらくは日本でがんばり続けるのだろう。
 その年明けの第一戦が明日のシルクロードステークス。59.5キロのハンデはきつ いと思うが、是非がんばって欲しい。

東京11R 共同通信杯
 1番 サンヴァレー
 3番 セイコーアカデミー
12番 サスガ
 例年と比べてレベルが低いく、低いなりに指数の接近したメンバーで混戦。ここはス ローペース必至といっても、1800は軽いスピードだけでは乗り切れず、スタミナも いる距離だ。スタミナにポイントを置くと中心はサンヴァレー、セイコーアカデミー、 チョウカイフライトなど。瞬発力で抜けた馬は見あたらず、先行馬に有利な流れだろう。 サンヴァレーにはレースがしやすく展開が向く。

京都11R シルクロードステークス
 6番 リキアイタイカン
14番 トロットスター
10番 サイキョウサンデー
 どういう馬場常態であっても、1200戦は瞬発力の勝負になりがちだが、京都芝は 次第に馬場が悪くなってきており、馬場の適性が問題。軽い馬場の瞬発力だけでは差し きれないのではないか。ある程度力のいる馬場でも確実に瞬発力を発揮できることが条 件だとすると、前走は力のいる中京で後方一気の脚を使って重賞初制覇、勢いに乗る4 歳馬リキアイタイカンにもチャンスはあるだろう。函館でも実績があるように、力のい る馬場の瞬発力では上位だ。トロットスターはどうしてもハンデが気になる。

小倉11R 小倉大賞典
13番 ダイタクバートラム
 4番 アンクルスーパー
14番 ウインシュナイト
 指数上も混戦のハンデ戦だが、中距離の上がりの脚ならダイタクバートラム、アンク ルスーパー、ウインマーベラス、ウインシュナイトなどが上位。騎手のペース判断がレ ースを分けそうで、武豊騎手のダイタクバートラムを中心に取った。

|

« 第106回 2月2日の単勝有力馬 | トップページ | 第108回 2月9日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736262

この記事へのトラックバック一覧です: 第107回 2月3日の単勝有力馬:

« 第106回 2月2日の単勝有力馬 | トップページ | 第108回 2月9日の単勝有力馬 »