« 第113回 2月23日の単勝有力馬 | トップページ | 第115回 3月2日の単勝有力馬 »

2002年2月23日 (土)

第114回 2月24日の単勝有力馬

 今週から、中山と阪神に開催が変わった。
 すこしずつ暖かくなっていく季節にあわせるように、競馬が盛り上がっていくことを祈りたい。
 開催替わりは馬場状態が気になるところだが、中山、阪神とも芝は速めのタイムが出ており、馬場指数はともにマイナス17前後になりそう。


中山11R 中山記念
 2番 エイシンエーケン
12番 ウインマーベラス
 8番 ゴーステディ

 開幕週で馬場が良いといっても、中山のの芝は東京より重い。先週までの東京と比較しすると、マイナス17の馬場指数をつけてもまだ、中山の方がスタミナのいる馬場だといえる。特に中山の千八百はスタミナがいる距離。順調に使われてきた組でスタミナの指標が高いのはエイシンエーケンとウインマーベラス、ゴーステディなど。最後の勝負所を征する直線の脚ではエイシンエーケンが上位だ。指数で上位にあるエイシンプレストンは休み明けのうえ、60キロを背負う。ここは嫌った。

阪神11R 阪急杯
14番 トウショウリープ
 4番 アイティースワロー
 5番 ニホンピロサート

 指数も接近したメンバーで混戦模様。ただ有力馬たちの瞬発力にも大きな差はない。直線に入ってからの叩き合いなら、少しでも前でレースを進める馬を中心に取るべきだ。トウショウリープ、アイティースワロー、ゲイリーフラッシュ、ノボリユキオーなどが有力だが、2番手でレースを進めるトウショウリープの瞬発力を生かした前残りに懸けたい。当然、ダートで高指数を示してきたニホンピロサートの逃げ残りもあるだろう。

|

« 第113回 2月23日の単勝有力馬 | トップページ | 第115回 3月2日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736255

この記事へのトラックバック一覧です: 第114回 2月24日の単勝有力馬:

« 第113回 2月23日の単勝有力馬 | トップページ | 第115回 3月2日の単勝有力馬 »