« 第122回 3月23日の単勝有力馬 | トップページ | 第124回 3月30日の単勝有力馬 »

2002年3月23日 (土)

第123回 3月24日の単勝有力馬

 今夜のうちに名古屋に行かなければならず、大急ぎでこの原稿を書いている。
 土曜日の馬券は単勝を買わなかったので、大きく儲けられなかったものの、中穴がかなり拾えたので、そこそこご機嫌に過ごせた。
 事務所のスタッフ連中も好調子が続いているようで、昼間はテレビ中継にかじりつき、直線の叩き合いのたびに大歓声がわき上がる。まるでウインズ・ライトニックス状態。私は電話投票で馬券を買い、グリーンチャンネルを横目でにらみながら、スポニチの原稿の準備を進めていたが、歓声のたびに気になって仕方がない。
「今度は誰が取ったの」
「えー、そんなにつくんだ」
 自分の部屋からレースごとに出たり入ったりで、まあ、気持ちも忙しい一日だった。


中山11R マーチステークス
 3番 トーホウダイオー
15番 スマートボーイ
14番 マンボツイスト
 逃げるスマートボーイをめぐる戦い。マイペースで行ってしまえば逃げ残る可能性も高いが、馬場状態と負担重量を考えると、中団からの差し馬に分がありそう。中山ダートで2戦2連対。ともに100を越す指数で好走しているトーホウダイオーの適性を重視し、中心に取った。

阪神11R 讃岐特別
11番 ゲインフルマーク
 9番 スリーフォーナイナ
 5番 アサカジェム
 先行集団を形成するスリーフォーナイナ、ゲインフルマークが指数も高く、直線の脚もあって最有力。追い込む脚なら、アサカジェムやメイショウテンマ。エイシンラグランジは復調していれば。ロスタイムはペースについていけないだろう。

中京11R 高松宮記念
15番 リキアイタイカン
18番 トキオパーフェクト
 4番 トウショウリープ
 今シーズンの中京はスタミナが要求される馬場状態にあり、その適性が問われそう。ペースはショウナンカンプの逃げでかなり速く、馬場状態を考えると逃げ残るのは難しいだろう。とすると後方からでも届く展開が見えてくる。
 中団以降の勝負所に位置するのはトロットスター、リキアイタイカン、トキオパーフェクト、スティンガーなど。実績からトロットスターを中心に据えなればならないと思うが、基本的に軽い馬場で瞬発力に頼るスピード馬であり、今の中京の馬場には合わないのではないか。中京の馬場に最も適性がありそうなのはリキアイタイカンだろう。2走前、中京で行われたCBC賞を後方一気の瞬発力で快勝。今回、同じ馬場状態、同じ距離のレースで力を出し切る条件は揃っている。指数上は物足りなさを感じるが、まだ成長過程にある4歳馬。このレースで世代交代の主役にのし上がる。
 他ではトウショウリープ、トキオパーフェクトの馬場適性が高い。

|

« 第122回 3月23日の単勝有力馬 | トップページ | 第124回 3月30日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736246

この記事へのトラックバック一覧です: 第123回 3月24日の単勝有力馬:

« 第122回 3月23日の単勝有力馬 | トップページ | 第124回 3月30日の単勝有力馬 »