« 2002年2月 | トップページ | 2002年4月 »

2002年3月30日 (土)

第125回 3月31日の単勝有力馬

 今日からプロ野球も開幕。いきなり原・巨人と星野・阪神の戦いで、いやおうなく盛 り上がる。メジャーリーグも始まるし、テレビ中継が楽しみな季節になった。
 小学生の頃は少しの間だったが野球部に所属していた。初打席は9回裏1アウトから の代打。わけもわからず興奮してしまい、空振りの三振だった。子供の頃のスポーツと いったら野球しかないような時代だったが、いつも人数が足りず、原っぱの三角ベース が遊びの基本だった。
 球を追いかけ、肥溜めに落ちたこともあった。たらいに水を満たし、体を拭いてもら って、そのあと皆でスイカを食べた。なぜそんなことを覚えているのかなあ。


中山11R ダービー卿チャレンジトロフィー
10番 ミデオンビット
 9番 トラストファイヤー
 3番 エイシンルバーン
 小粒なメンバーとはいえ、マイル巧者がそろって混戦。近走、好調子を持続している のはミデオンビット、トラストファイヤー、グラスワールド、エイシンルバーンなど。 ここはマイペースで逃げられるミデオンビットを中心にとった。最近は安定した地力を 身につけてきており、しぶとく逃げ粘るはず。

阪神11R 大阪杯
 5番 ツルマルボーイ
14番 ブリリアントロード
12番 ウインマーベラス
 不安定な馬が多く、大荒れの予感がする。中心にはツルマルボーイを推す。前走は力 のいる中京の芝を克服。格上挑戦ながら重賞制覇をはたした。4歳の伸び盛りだけに、 この勢いを買いたい。大波乱があるとするとブリリアントロードやウインマーベラスな どの直線抜けだしだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月29日 (金)

第124回 3月30日の単勝有力馬

 今週から、エネルギー値をベースにした新しい予想理論ESシステムを公開することになりました。エネルギー値のある馬を中心に買うというのが馬券の基本になりますが、スピード指数が低くても連対してきた馬たちのほとんどが、過去3走内にエネルギー値を出したことのある馬たちです。大穴になりそうな馬をピックアップすることも簡単にでき、しかも手を絞って高配当をねらい打つことも可能です。
 無料公開の2週間にぜひお試しください。


中山11R 韓国馬事会杯
 5番 カネトシオペラクン
12番 オリエンタルシチー
10番 コスモリバーサル

 ダートの安定勢力はカネトシオペラクン、クロッサンドラ、トニーボス。彼らに4歳馬のコスモリバーサル、オリエンタルシチーが加われるかというレース。ペースは落ち着きそうだが、前を行く馬たちの能力が高く、瞬発力だけでは勝負にならないはず。カネトシオペラクンの先行力と直線の粘りを上位に取ったが、逃げて力を付けてきた4歳馬オリエンタルシチーと、先行力の高いコスモリバーサルでそのまま決まることもありえそう。

阪神11R コーラルステークス
 7番 マイネルブライアン
 6番 ヒダカクラフティー
 1番 ディバインシルバー

ダートの短距離戦で、特に瞬発力に優れた馬も見あたらず、ここは前でレースを進められる指数の上位馬が順当に強さをみせそう。逃げるディバインシルバーからというのが順当かもしれないが、距離延長と騎手の力を考えると信頼性で疑問を感じる。ディバインシルバーを見ながらレースができるマイネルブライアン、ヒダカクラフティーに余裕が生まれそうで彼らを上位に取った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月23日 (土)

第123回 3月24日の単勝有力馬

 今夜のうちに名古屋に行かなければならず、大急ぎでこの原稿を書いている。
 土曜日の馬券は単勝を買わなかったので、大きく儲けられなかったものの、中穴がかなり拾えたので、そこそこご機嫌に過ごせた。
 事務所のスタッフ連中も好調子が続いているようで、昼間はテレビ中継にかじりつき、直線の叩き合いのたびに大歓声がわき上がる。まるでウインズ・ライトニックス状態。私は電話投票で馬券を買い、グリーンチャンネルを横目でにらみながら、スポニチの原稿の準備を進めていたが、歓声のたびに気になって仕方がない。
「今度は誰が取ったの」
「えー、そんなにつくんだ」
 自分の部屋からレースごとに出たり入ったりで、まあ、気持ちも忙しい一日だった。


中山11R マーチステークス
 3番 トーホウダイオー
15番 スマートボーイ
14番 マンボツイスト
 逃げるスマートボーイをめぐる戦い。マイペースで行ってしまえば逃げ残る可能性も高いが、馬場状態と負担重量を考えると、中団からの差し馬に分がありそう。中山ダートで2戦2連対。ともに100を越す指数で好走しているトーホウダイオーの適性を重視し、中心に取った。

阪神11R 讃岐特別
11番 ゲインフルマーク
 9番 スリーフォーナイナ
 5番 アサカジェム
 先行集団を形成するスリーフォーナイナ、ゲインフルマークが指数も高く、直線の脚もあって最有力。追い込む脚なら、アサカジェムやメイショウテンマ。エイシンラグランジは復調していれば。ロスタイムはペースについていけないだろう。

中京11R 高松宮記念
15番 リキアイタイカン
18番 トキオパーフェクト
 4番 トウショウリープ
 今シーズンの中京はスタミナが要求される馬場状態にあり、その適性が問われそう。ペースはショウナンカンプの逃げでかなり速く、馬場状態を考えると逃げ残るのは難しいだろう。とすると後方からでも届く展開が見えてくる。
 中団以降の勝負所に位置するのはトロットスター、リキアイタイカン、トキオパーフェクト、スティンガーなど。実績からトロットスターを中心に据えなればならないと思うが、基本的に軽い馬場で瞬発力に頼るスピード馬であり、今の中京の馬場には合わないのではないか。中京の馬場に最も適性がありそうなのはリキアイタイカンだろう。2走前、中京で行われたCBC賞を後方一気の瞬発力で快勝。今回、同じ馬場状態、同じ距離のレースで力を出し切る条件は揃っている。指数上は物足りなさを感じるが、まだ成長過程にある4歳馬。このレースで世代交代の主役にのし上がる。
 他ではトウショウリープ、トキオパーフェクトの馬場適性が高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月22日 (金)

第122回 3月23日の単勝有力馬

 向こう正面に続く桜色の帯がキャンバスに広がって、中山競馬場がもっとも美しい季節はちょうど桜の咲く今頃。今週あたり中山はきれいだろうな。
そんなことを思っていたら、夕方から雨が降ってきた。
 桜が散ってしまうほどではないが、今夜の花見を楽しみにしていた人には無情な雨。
 今のところ花見の予定のない私にとっては、明日の馬場状態の方が気になる。馬場には多少影響が出るかもしれないと思い、スタミナ系の馬を中心にした予想になった。


中山11R 日経賞
 5番 タップダンスシチー
 8番 マンハッタンカフェ
 4番 アクティブバイオ

 ここはGI2勝マンハッタンカフェの実績が抜けてはいるものの、スピード指数は低調。もちろんスローペースに起因するものだが、しかし瞬発力でも特に優れた点は見あたらない。その程度で勝ててしまったという見方もできないわけではないが、絶対的な信頼はないと思う。ペースも落ちつきそうなメンバーで、一波乱あるとすれば前を行くタップダンスシチーの粘り込みだろう。

阪神11R 毎日杯
 9番 メガバックス
14番 アグネスポイント
 8番 チアズシュタルク

 3歳の2000メートル戦でスローペースは必至。ならば距離適性よりも直線の鋭さがポイントになるはず。前走、1400戦を好位から差しきったメガバックスの瞬発力を評価、中心に取った。ダートで実践を積んだ馬だから、スタミナの問題もないはず。アグネスポイント、チアズシュタルクも瞬発力では上位。ただ、ともにスタミナの点で足りない部分が見える。それならスタミナで上位にあるゼンノカルナックやアッパレアッパレが面白いかもしれない。

中京11R 遠州灘特別
15番 シンボリビンテージ
10番 サムソンゼット
 7番 ゲンパチブライアン

どの馬が逃げるにしても、ペースは厳しくなりそう。今シーズンの中京の馬場状態から考えると、スタミナ比べのレース。スタミナで上位にあるのはシンボリビンテージ、サムソンゼット、ハートランドヒリュ、ゲンパチブライアンなど。瞬発力も併せ持つシンボリビンテージ、サムソンゼットが中心だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月20日 (水)

第121回 リキアイタイカンの適性を買う

 中京競馬場の芝は他の競馬場に比べると、重く、パワーがいるのが特徴。高松宮記念が中京競馬場で行われる以上、この馬場適性を無視することはできない。高松宮記念を勝ち取るために必要な能力は軽いスピードと瞬発力ではなく、スタミナを土台とした直線の脚でなければならない。先週の中京の馬場状態はマイナス2程度。他の競馬場の現在の馬場状態と比較してもパワーがいるし、また、昨年よりも相当に力がいる状態(前年比でプラス12程度)にある。当日が良馬場であったとしても、軽いスピードだけでは乗り切れないだろうし、軽い馬場で高い瞬発力を発揮してこのレースに臨む馬たちにとっては、厳しい結果が待っているのではないか。
 ペースのカギを握っているのはショウナンカンプとメジロダーリング。どちらが逃げるにしてもペースはかなり速いだろう。しかし、ショウナンカンプは軽い馬場での逃げ馬だし、メジロダーリングはスタミナはあるが、前走の香港参戦からの立ち直りができていないだけに、馬場状態を考えると逃げ残るのはかなり難しいはずだ。とすると、直線に入って先行集団を追走した馬たちは脚をなくし、後方からの脚でも届く展開が見えてくる。アドマイヤコジーンは重馬場もこなせる馬だが、基本的に前走の阪急杯のような軽い馬場の方が合うだろう。前に行く馬だけに、このレースでは追走にエネルギーを消耗してしまう可能性もあり、そうすると自慢の瞬発力も不発に終わる。
 中団以降の勝負所に位置するのはトロットスター、リキアイタイカン、トキオパーフェクト、スティンガー、ジョンカラノテガミなどだ。
 トロットスターは前走シルクロードSで1番人気に支持されたものの6着に負けた。しかし59.5キロを背負ってのもので、指数は96。十分な内容だったし、瞬発力でも高いレベルをしめした。当日は意外と力のいる馬場にあり、そういう馬場でも確実に高い瞬発力を示したことの意味は大きい。当然トロットスターを高松宮記念の中心に据えなればならないだろうと思うが、ただ、本当の意味でスタミナが十分かというと疑問はある。基本的には軽い馬場での瞬発力に頼るタイプのスピード馬であり、昨年よりも馬場状態が重い現在の中京の馬場には合わないような気がしてならない。
 現在の中京の馬場状態に最も合うのはリキアイタイカンだろう。前走は出遅れて見どころもなく9着に大敗したものの、2走前は中京で行われたCBC賞を後方から一気の瞬発力で快勝。当日の馬場は現在の状態と同一レベルにあり、同じ馬場状態、同じ距離で力を出し切る条件は揃っている。指数上はまだ少し物足りなさを感じるが、まだ成長過程にある4歳馬だけに、このレースで大きく飛躍、世代交代の主役にのし上がるのではないか。
 他では、トキオパーフェクト、ジョンカラノテガミ、トウショウリープなどがスタミナに優れ、瞬発力も高い馬たち。ともに人気はないが、適性では上位にあると思っている。
 軽い馬場での瞬発力上位、アドマイヤコジーン、テネシーガール、スティンガー、ゲイリーフラッシュなどは馬場が合わないと評価を下げた。いずれにせよ私の馬券はスタミナのベースのあるリキアイタイカン、トロットスター、トキオパーフェクト、ジョンカラノテガミ、トウショウリープの5頭を中心に考えたいと思っている。

◎リキアイタイカン
○トロットスター
×トキオパーフェクト
▲ジョンカラノテガミ
△アドマイヤコジーン
△トウショウリープ
△ショウナンカンプ
△メジロダーリング
△ディヴァインライト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月16日 (土)

第120回 3月17日の単勝有力馬

 昨日の夜、事務所のある高田馬場の駅前は花束を手にした人たちが目についた。3月 も半ばを過ぎた週末の金曜日。卒業生を送る会や会社関係の送別会が多いかったのだろ う。
 高田馬場は学生街だが、その中心にある早稲田の卒業式のあとは毎年大騒ぎが繰り返 される。今年は24日が卒業式らしい。
 4月になると新入生歓迎コンパとかで、集合場所になる馬場の駅近くの通りはプラカ ードを掲げた学生たちで埋め尽くされ、通りを歩くこともままならない。
 馬場の飲屋街は学生の酔っぱらい初心者であふれ返ることになるが、それもほほえま しく見え、少しうらやましくも思う。学生の気楽さをもっと楽しんでおけば良かった。
 地方から出てきたことがすぐ分かる服装や初々しさも、夏には東京の街にしみこむよ うに消えていく。


中山11R スプリングステークス
11番 タニノギムレット
14番 テレグノシス
 3番 アグネスソニック
 スピード指数に大きな差はないが、追い出してからのスピードと瞬発力では他を圧倒。 タニノギムレットの中心は不動だろう。ただ、連下は混戦。スローペース必至だけに、 ある程度の先行力は欲しいところ。テレグノシス、アグネスソニック、セイコーアカデ ミーなどのスタミナを上位に取った。

阪神11R 阪神大賞典
 4番 ナリタトップロード
 8番 ジャングルポケット
 7番 ボーンキング
 順調さを評価するならナリタトップロードが中心。追い込み一辺倒のレースから、前 走は先行差し切りで圧勝。自ら新境地を開いたレース内容だった。3000の長距離適 性もジャングルポケットより一日の長があるはず。相手はジャングルポケットの他ボー ンキング、エリモブライアンなど。

中京11R 名鉄杯
 7番 ランドチェイサー
 2番 センターダイナ
 6番 ツルギハンティング
 前走、後方から徐々に進出、直線見事に差しきったランドチェイサー中心。前が飛ば しすぎたこともあったが、同条件を再び戦える有利さがある。ただ、58キロの負担重 量は厳しいかもしれない。ならば先行して抜け出す差し脚で評価できるセンターダイナ やツルギハンティングにもチャンスはありそう。単騎で逃げられそうなカヤノチカラは スローペースに落とせれば粘る可能性も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月15日 (金)

第119回 3月16日の単勝有力馬

 バブルの頃に比べれば、競馬場もウインズも入場者は減って、混雑は緩和されてきた。そのせいか後楽園のウインズでは窓口の一部が閉鎖され、その前に椅子が設置されるようになった。ただ席の数は限られており、いつも埋め尽くされているから、結局、床にしゃがみ込んで、マークシートを塗り、窓口にならび、小さな画面のテレビに声援を送ることになる。疲れると床に座り込むしかないが、あまり良い格好ではない。
 そんな状況になれてしまったから、いまさら文句を言う気もないが、競馬の全てが馬券の売り上げでまかなわれている以上、ファンサービスは主催者としての当然のつとめであるはず。売り上げを上げることばかりに血眼にならないで、今のファンを少しは大切にしてもらいたいと思ってしまう。
 この際、有料でも良いから、競馬を楽しめるウインズの環境を作ってもらいたい。

中山11R フラワーカップ
 7番 マイネヴィータ
 1番 ブリガドーン
14番 レディーシップ

 上位陣は指数が接近して混戦。スローペース必至のメンバーで上がりの脚比べになりそう。ブリガドーン、レディーシップ、スマイルトゥモロー、マイネヴィータなどの瞬発力が上位だが、先行集団で流れに乗り、直線にかけるマイネヴィータにより向く展開だ。ゆったりとした流れが合いそうで、距離延長は好材料だろう。人気になりそうなブリガドーンは入れ込んでいたとしても前走の大敗が疑問。

阪神11R 若葉ステークス
 8番 アドマイヤドン
 4番 ファストタテヤマ
 2番 シゲルゴッドハンド

 阪神の若葉ステークスも2000メートル戦でスローペース必至。アドマイヤドンの実績、素質の高さを考えれば、ここで負るわけにはいかない。常識的にはアドマイヤドンとファストタテヤマの戦いになりそうだが、ファストタテヤマは近走、後方一気のレースが多く、届かないこともあり得る。穴を開けるなら逃げるシゲルゴッドハンド、前でレースを進めるコスモディグニティだろう。

中京11R 恋路ケ浜特別
 8番 シマノフリート
12番 パースウェージョン
 3番 タイノーブルレディ

 中京もスローペース必至。直線の瞬発力ならシマノフリート、パースウェージョン、タイノーブルレディなどが上位。2500の距離適性とスタミナから、シマノフリートに期待したいが、大荒れもあり得るメンバーで、アグネスチャンプやセフティーヒカリは気になる存在。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月 9日 (土)

第118回 3月10日の単勝有力馬

 気がつくと、3月も半ば。東京もコートの必要がない暖かい日が多くなり、からだも軽くなった感じがする。反対に気が重いのは、15日に迫った確定申告。気になってはいるのだけど、まだ何も準備ができていない。明日は明日で競馬があるし、来週も前半はそこそこ忙しいし。
 税金が戻ってくるならいいけど。

中山11R クリスタルカップ
 6番 サーガノヴェル
 1番 カフェボストニアン
 4番 タガノチャーリーズ

 前走指数の上位はサーガノヴェル、カフェボストニアン、タガノチャーリーズなど。順当ならこの3頭の戦いだろう。出走時期で比較をすると、2歳の12月に85を示したサーガノヴェルの指数の価値の高さが分かる。人気馬が前でやり合う流れになりそうで、控えて直線の瞬発力にかけるサーガノヴェルには展開が向く。他ではダイワフォーチュンの瞬発力がよい。

阪神11R フィリーズレビュー
13番 ブルーリッジリバー
 9番 トゥインチアズ
 1番 キタサンヒボタン

 指数が接近して混戦模様。しかも、安定感のないメンバーで、ペース次第では荒れる気配のレース。中団で流れに乗り、直線にかけるブルーリッジリバーを中心に取った。前走は距離が合わず大敗したが、2走前の鋭い瞬発力が発揮できれば突き抜ける力はあるはず。公営馬トゥインチアズ、キタサンヒボタン、カネトシディザイアなどは能力も高いが、他の馬たちも瞬発力に大きな差はなく、馬券はまとめにくい。

中京11R 野麦峠特別
15番 ハートランドヒリュ
 1番 サムソンゼット
10番 ゲンバチザパンチ

スローペースの上がり勝負になりそうなメンバー。直線の脚はハートランドヒリュが上位にある。ただ、後ろから追い込むだけに、追って届かずということもありそうで、多少前でレースができ、上がりのしっかりとしたゲンバチザパンチ、サムソンゼットなどにも食指が動かされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月 8日 (金)

第117回 3月9日の単勝有力馬

 しばらく映画も観てない。カラオケにも行ってないし、パチンコも遠ざかっていた。
 水曜日だったか、久しぶりに9時過ぎに仕事を終えて、パチンコに行ったら、これが1500円で、確変の4連ちゃん。結構調子良かった。
 馬券の方も、先週、先々週と好調で、このところ妙にツキが回ってきている。
 運も実力のうち。今週もがんばりましょう。


中山11R 中山牝馬ステークス
13番 ハッピーマキシマム
 2番 ショウナンバーキン
 8番 ハギノスプレンダー

 指数の安定感でティコティコタック、レディパステル、カリスマサンオペラが上位だが、格下のハッピーマキシマムも差はない。スローペースの上がり勝負になりそうなメンバーで、瞬発力は必須条件。ただ近走、有力馬たちに切れる脚が見えず、ここはハンデにも恵まれたハッピーマキシマム、ショウナンバーキン、ハギノスプレンダーの脚でも届くのではないか。

阪神11R 大阪城ステークス
 9番 ビッグゴールド
 1番 メジロベイリー
 2番 バンブーマリアッチ

 サンライズペガサス、メジロサンドラなどの有力馬が休み明けで信頼を欠く。ここはトウカイパルサーの逃げで、ペースは少し速くなりそう。追い込みに懸けたい馬たちにとっては流れが厳しい。ある程度スタミナのベースがある馬で、上がりの脚もしっかりしていなければレースはしにくいだろう。とするとビッグゴールド、メジロベイリー、バンブーマリアッチなどが有力だが、人気のないシルヴァコクピットも圏内にある。

中京11R 鈴鹿特別
16番 キシュウファンタジ
 3番 ビューティグレース
 1番 ハピネスイン

 短距離戦だけに、前に行きたいデリキット、キシュウファンタジにとってはペースが問題。ペースが上がりすぎると失速もあるが、もともと上がりの脚もしっかりした馬で、マイペースが保てるかどうか。デリキットは休み明けで息が保たないと思ってキシュウファンタジを上位に取った。前が崩れた時、追い込むのはビューティグレース、ハピネスインなどだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月 3日 (日)

第116回 3月3日の単勝有力馬

 健康に悪いと分かっていても、ヘビースモーカーである。一日3箱がいる。
 一番困るのはたばこが切れることだ。最近は深夜に自動販売機が動いてくれないので、仕方なくシケモクをちびちびやるが、これは貧乏たらしくっていけない。
 事務所内は禁煙になっており、喫煙できる場所が決められている。ただ、スタッフの特別な計らいで、私の部屋だけは喫煙オーケーにしてもらっている。それをいいことに胸焼けがするほど吸う。
 これまで一度もやめたいと思ったことはないが、最近は娘に「たばこは体に良くないし、周りの人にも影響を与えるんだから。私がかわいいと思うんだったら、たばこやめてよ」なとど言われるようになった。
 せめて本数を減らそうかと思ってはみるものの、思うそばからたばこに手が伸びる。


中山11R 弥生賞
11番 ローマンエンパイア
 2番 ヤマニンセラフィム
 7番 ヤマノブリザード

 前走86の指数で並ぶローマンエンパイア、ヤマニンセラフィムが少し抜けた存在。2000の距離を経験していることも強みだ。直線の瞬発力も高く、スローペースにも対応ができる。経験してきたペースの厳しさでローマンエンパイアを中心に取った。ヤマノブリザード、バランスオブゲーム、タイガーカフェ、モンテブライアンが2強に続く有力馬。

阪神11R 仁川ステークス
 3番 マイネルブライアン
 6番 ホシオー
 8番 グラスエイコウオー

 グラスエイコウオーがハナに立つことになると思うが、他の馬が逃げたとしてもペースは上がりそう。ここはかなり厳しいレースになりそうで、ハイペースでも追い込み一手の馬の出番はないだろう。先行しても粘れるスタミナのある馬の中で、差し脚のある馬たちを上位に取った。中でも近走のレース内容が安定しているマイネルブライアンに期待したい。

中京11R 中京記念
 7番 タマモヒビキ
11番 ブリリアントロード
 8番 シンボリビンテージ

 中京の芝を乗り切るスタミナにポイントを置くと、中心はタマモヒビキ、ブリリアントロード、シンボリビンテージなどが浮上。前走のレース内容の良さならタマモヒビキだろう。ハイペースで展開が向いたとはいえ、差し脚は好調時のものに戻った。中京は3勝、5着以下なしの堅実さも光る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年3月 1日 (金)

第115回 3月2日の単勝有力馬

 きのう、何気なく娘の部屋を見たら、雛人形が飾ってあった。 
 娘が小学校の低学年までは、カミさんが子供の頃に使っていたものを飾っていたが、 娘の成長にあわせ、彼女のものを買ってあげたいと思い、8年ほど前、浅草橋の人形店 で私が見立てたものだった。
 段飾りは狭い部屋では場所をとるし、木目込みの小振りのものをあつらえたが、意外 と高かったことを覚えている。
 雛人形の顔はひとつひとつ微妙に違う。その雛人形に惹かれたのは、何となく娘の顔 に似ていたからだが、彼女はそんな私の気持ちを知る由もないだろう。
 そんなことを思い出しながら、しばらく座り込んだまま、人形たちの顔を見続けてい た。
 春はすぐそこまできている。


中山11R オーシャンステークス
 2番 ナムラマイカ
14番 ショウナンカンプ
 4番 タカラサイレンス
 軽い瞬発力で上位にあるショウナンカンプを中心に取りたいが、ソエの不安がある馬。 他の有力馬も休み明けだったりで、ここは格上挑戦になるナムラマイカを推す。指数は 低いが瞬発力は水準以上のものがあり、近走はパワーも付けてきている。先行しての粘 り込みに懸ける。タカラサイレンスは底力もあり、瞬発力も良いものをもっている。後 方一気ではなく、前でレースができるはずだが。

阪神11R チューリップ賞
 8番 オースミコスモ
 3番 タムロチェリー
 5番 ヘルスウォール
 指数の接近したメンバーだが、基礎能力でタムロチェリー、オースミコスモ、ヘルス ウォールが上位。スローペースになりそうなメンバーだけに先行馬に有利な展開。前で レースができ、上がりもしっかりしているオースミコスモを中心に取った。クラッシー ドレスは距離が伸びた方が良さそうで、人気薄だが気になる存在。

中京11R 中京スポーツ杯
10番 カヤノチカラ
 8番 プラントタイヨオー
12番 プレッジマイワード
 中京は今週が開幕週。元来、中京の1800はかなりスタミナのいる距離だけに、軽 い馬場で成績を収めてきた馬より、スタミナのベースのある馬を取りたい。カヤノチカ ラは行きたがる馬のようで、小回りの中京はかえって合うのではないか。プレッジマイ ワードとプラントタイヨオーも先行しての馬。直線粘る差し脚もあるはず。他ではツル ギハンティングもよさそう。人気のアスカツヨシはスタミナの点で少し欠けるかもしれ ないと評価を下げた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年2月 | トップページ | 2002年4月 »