« 第148回 安田記念は先行指数と瞬発力で | トップページ | 第150回 6月2日の単勝有力馬 »

2002年5月31日 (金)

第149回 6月1日の単勝有力馬

 いよいよワールドカップが始まった。
 チケットがないのは残念だが、自国で開催される幸運は一生のうちで、これが最初で
最後だろう。
 ガンハレ日本。ガンバレ韓国。
競馬もがんばろう。
 ワールドカップの開会式をテレビで見ながら、この原稿を書いているので、今日は短
めです。

東京11レース ユニコーンステークス
 6番 インタータイヨウ
 1番 サードニックス
 4番 クーリンガー
 ダートの実績では断然のインタータイヨウ中心。スピード指数も高く、特に直線の瞬
発力に良いものがみえ、東京のダートはあうはず。サードニックスは近走、芝を使って
きたが、先行力を生かしたスタミナ型で、ダートの適性は高そう。逆転があるかもしれ
ない。

中京11レース 桶狭間特別
 1番 グリーンヒルスター
11番 ゴールデンロドリゴ
18番 マイネルアステール
 短距離の差し脚ならゴールデンロドリゴ、マイネルアステールが上位にあるが、ここ
は小回りの中京コースがあうハイペースの逃げ馬、グリーンヒルスターの逃げ切りに期
待。

|

« 第148回 安田記念は先行指数と瞬発力で | トップページ | 第150回 6月2日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736169

この記事へのトラックバック一覧です: 第149回 6月1日の単勝有力馬:

« 第148回 安田記念は先行指数と瞬発力で | トップページ | 第150回 6月2日の単勝有力馬 »