« 第150回 6月2日の単勝有力馬 | トップページ | 第152回 6月9日の単勝有力馬 »

2002年6月 7日 (金)

第151回 6月8日の単勝有力馬

「きょう、学校で個人面談があったよ」
 今週、早めに帰宅して夕食を取っていたら、高校生の娘が話しかけてきた。
「そう、進路の相談かな」
「それもあるけど、お父さんは何している人か、って聞かれた」
「ふーん、なんて答えたの」
「博打」
「えっ」
「博打やってます、って答えておいた」
「そりゃまずいんじゃないの、ま、間違ってはいないけど」
 競馬をやっていると言わず、あるいはギャンブルをやっているとも言わず、あえて博打という意味ありげで古くさい言葉を選んだ表現がいかにも彼女らしかった。私も思わず苦笑するしかなかった。
「先生もびっくりしただろう」
「そうね、先生もそんな仕事をしている人は初めてだって言ってた」
「それで、進路の相談はどうなったの」
「うーん。ほとんどお父さんの話で終わっちゃった。本のことも話したら、先生タイトルをメモしていたから、一冊くらい買ってくれるかもしれないよ」
「それはどうも、気遣いをいただき、ありがとう」
 関心もなく、見ていないようでいて、彼女は彼女なりに観察しているのだろうか。いつまでも子供だと思っているうちに、子供は大人になっていく。


東京11レース オーロカップ
10番 コスモリバーサル
 5番 スナークレイアース
 7番 キクノグリッター

 ダートでの安定した成績、高いスピード指数ならスナークレイアース。ただ、57キロのハンデとはいえ、他の馬とのハンデ差が大きく、ここは過信禁物。エイキューガッツも高い指数を持っているが、良かったのは2年も前のこと。近走は不振だ。狙いは勢いのある4歳馬コスモリバーサル。ダートに必要な先行力、スタミナも備えており、前走90の指数まで押し上げた能力は本物だろう。

中京11レース テレビ愛知オープン
 1番 サイキョウサンデー
12番 ネイティヴハート
 9番 ビリーヴ

 短距離の瞬発力ではビーリーヴが一番鋭いが、少しずつ荒れ始めた中京の芝。1200とはいえ、軽いスピードだけでなく、スタミナも必要になるのではないかとサイキョウサンデー、ネイティヴハートを上位に取った。

|

« 第150回 6月2日の単勝有力馬 | トップページ | 第152回 6月9日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736167

この記事へのトラックバック一覧です: 第151回 6月8日の単勝有力馬:

« 第150回 6月2日の単勝有力馬 | トップページ | 第152回 6月9日の単勝有力馬 »