« 第159回6月30日の単勝有力馬 | トップページ | 第161回7月7日の単勝有力馬 »

2002年7月 5日 (金)

第160回7月6日の単勝有力馬

 3週連続の万馬券はならなかったものの、先週の福島出張もプラスでゴール。11レースの19万円の3連複は1、3、4着で無念の涙になったが、この調子でやっていれば、いずれ10万馬券も手にできそうな気がする。

福島11レース 安達太良ステークス
 8番 ダイタクギンガ
10番 クロッサンドラ
 9番 チゴイネルワイゼン

 クロッサンドラが指数の高さと安定感で一歩リード。ただ、逃げて目標とされ、勝ちきれない詰めの甘さは残る。それならダイタクギンガやチゴイネルワイゼン、キミモールで勝負になるはずだ。逃げるクロッサンドラのペースに対応でき、直線の脚もあるダイタクギンガの瞬発力に懸けたい。

阪神11レース ストークステークス
 8番 トゥルーサーパス
 1番 テイエムサンデー
 9番 シゲルゴッドハンド

 指数は2走前の81が最高で、それほど高い指数を出しているわけではないが、マイル戦で連勝中の3歳馬トゥルーサーパスの能力は高そう。決めての鋭さは評価しても良いだろう。ただ、ペースの対応力にはすこし欠け、テイエムサンデー、シゲルゴッドハンドなどの逆転があるかもしれない。

函館11レース 函館日刊スポーツ杯
13番 ヌーヴァレジェンダ
 4番 シャドウスプリング
 5番 リザルトシチー

 今年の函館の芝は例年以上にパワーがいる。前走、その芝の短距離戦を先行、直線抜けだしの勝利を決めたヌーヴァレジェンダは1000万条件ではかなり強い1頭。4、5走前には軽い馬場で高い瞬発力で上位を争っており、バランスの良さを感じる。もう少し上のクラスも狙える馬ではないか。

|

« 第159回6月30日の単勝有力馬 | トップページ | 第161回7月7日の単勝有力馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736158

この記事へのトラックバック一覧です: 第160回7月6日の単勝有力馬:

« 第159回6月30日の単勝有力馬 | トップページ | 第161回7月7日の単勝有力馬 »