« 2002年6月 | トップページ | 2004年5月 »

2002年7月 6日 (土)

第161回7月7日の単勝有力馬

 5月の末から、毎日コミュニケーションズの携帯電話サイトで「西田和彦のズバリ馬単」という予想コラムを始めた。東西の特別レースを中心に予想をアップしているが、今日は福島10レースで馬単の万馬券を的中。これまでは、誰でも馬単が買えるわけではないので、あえてお知らせもしなかったが、いよいよ来週からは全国発売も始まり、本格的な高配当時代に突入。競馬が本来のギャンブルとしての姿を取り戻し、復活するようなものです。有料ですが、みなさんの予想の参考になれば幸です。
http://keiba.mycom.co.jp/m/
 なお、高田馬場日記の中で、毎週、金曜日と土曜日にアップしてきた「単勝有力馬」のコラムは、しばらくお休みさせていただきます。ご了承ください。

福島11レース 七夕賞
 9番 ベルボクサー
 1番 エーピーグリード
 6番 シンボリビンテージ

難しいハンデ戦だが、カギはペース。逃げるベルボクサー、エーピーグリードのペースはかなり速く、後方待機に懸ける有力馬たちは大きくちぎられそう。ハイペースなら後方からでも届くのが普通だが、今年の福島は馬場状態が良く、前残りが多いのが特徴。ここはベルボクサー、エーピーグリードの粘り込みを狙う。追い込む脚ならシンボリビンテージの瞬発力が配当的にも魅力。

阪神11レース マーメイドステークス
 8番 ローズバド
 9番 ヤマカツスズラン
10番 カリスマサンオペラ

 レベルの低い手薄なメンバーの中にあって、ローズバドのスピード指数と実績は抜けた存在だ。前走は厳しいペースを先行、直線は脚が上がって大敗したが、距離も合わなかったはず。適距離の2000でペースも平均なら、得意の瞬発力が生きる。マイペースで逃げられるヤマカツスズランが逆転候補。

函館11レース 巴賞
10番 グラスエイコウオー
 7番 ヒマラヤンブルー
11番 ハッピールック

 例年以上にパワーのいる函館の芝に適性がありそうなのは、グラスエイコウオー、ヒマラヤンブルー、ハッピールックなど。逃げるグラスエイコウオー、ヒマラヤンブルーは展開も向きそうだ。休み明けのハッピールックは距離適性も高いが、仕上がり次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年7月 5日 (金)

第160回7月6日の単勝有力馬

 3週連続の万馬券はならなかったものの、先週の福島出張もプラスでゴール。11レースの19万円の3連複は1、3、4着で無念の涙になったが、この調子でやっていれば、いずれ10万馬券も手にできそうな気がする。

福島11レース 安達太良ステークス
 8番 ダイタクギンガ
10番 クロッサンドラ
 9番 チゴイネルワイゼン

 クロッサンドラが指数の高さと安定感で一歩リード。ただ、逃げて目標とされ、勝ちきれない詰めの甘さは残る。それならダイタクギンガやチゴイネルワイゼン、キミモールで勝負になるはずだ。逃げるクロッサンドラのペースに対応でき、直線の脚もあるダイタクギンガの瞬発力に懸けたい。

阪神11レース ストークステークス
 8番 トゥルーサーパス
 1番 テイエムサンデー
 9番 シゲルゴッドハンド

 指数は2走前の81が最高で、それほど高い指数を出しているわけではないが、マイル戦で連勝中の3歳馬トゥルーサーパスの能力は高そう。決めての鋭さは評価しても良いだろう。ただ、ペースの対応力にはすこし欠け、テイエムサンデー、シゲルゴッドハンドなどの逆転があるかもしれない。

函館11レース 函館日刊スポーツ杯
13番 ヌーヴァレジェンダ
 4番 シャドウスプリング
 5番 リザルトシチー

 今年の函館の芝は例年以上にパワーがいる。前走、その芝の短距離戦を先行、直線抜けだしの勝利を決めたヌーヴァレジェンダは1000万条件ではかなり強い1頭。4、5走前には軽い馬場で高い瞬発力で上位を争っており、バランスの良さを感じる。もう少し上のクラスも狙える馬ではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年6月 | トップページ | 2004年5月 »