« 第168回長距離の逃げ馬 | トップページ | 第170回福島の名残 »

2004年6月24日 (木)

第169回宝塚記念1点なら

 台風一過、暑い日が続く。ただし、週末に向かって天気は下降気味。雨もあるらしい。
 先週開幕した阪神は、日曜日の朝方に雨が降ったが、それでもかなり速いタイムが出ていた。今週の宝塚記念の馬場はどうだろう。
 今年の宝塚記念は、強力な逃げ馬タップダンスシチーとローエングリンのどちらがハナを奪って逃げるのか興味深い。タップダンスシチーが逃げればスローペースにはならないし、超ハイペースもあるはず。ローエングリンならハイペースはないだろうが、それでもスローペースにはならないだろう。
 今日の「スポニチ」佐藤哲三騎手のインタビューを読むと、「前には行くが、ハナとなると、考えている3パターンでは最悪。ただ、ある程度は行くつもり」だという。「スローばかりじゃつまらない、前々で勝負、早めに仕掛ける」という見出しを信じるなら、ローエングリンが逃げて、4コーナーからタップダンスシチーが早めに仕掛ける絵が見えてくる。
 しかし、どちらが逃げるにしても、スローペースはないわけで、仮に馬場状態が良かったとしても一定のスタミナは必要になる。
 過去5年の連対馬をESで調べてみても、エネルギー値が70以上で、M値がマイナスであることが全ての連対馬の条件だった。このことからもペースの対応力は必要条件のようで、条件を備えているシルクフェイマス、タップダンスシチー、ツルマルボーイ、トレジャー、ローエングリンの5頭が有力馬としてピックアップされる。
 リンカーン、ゼンノロブロイ、ザッツザプレンティなどの4歳馬も人気を集めているようだが、スタミナに欠ける馬が多く、ペースの上がりそうなレースでは評価は下がる。せいぜい、ザッツザプレンティ、サイレントディールを連下の候補に見ればいいのではないか。
 スタミナのある2頭、ローエングリンが逃げて、タップダンスシチーが2番手。指数の高さから考えても2頭が共倒れになることは考えにくい。むしろ2頭が行ったまま、後ろが大きくちぎれることもあるのではないか。
 とするとタップダンスシチーが最有力。相手の筆頭はローエングリン。1点ならここが本線。波乱含みで高配当を狙うなら、上記に上げた5頭の馬単ボックスがお薦め。

|

« 第168回長距離の逃げ馬 | トップページ | 第170回福島の名残 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10736135

この記事へのトラックバック一覧です: 第169回宝塚記念1点なら:

« 第168回長距離の逃げ馬 | トップページ | 第170回福島の名残 »