« 第173回暑いので、何も思いつかない | トップページ | 第175回ウインズ汐留 »

2004年7月29日 (木)

第174回馬券は先行馬から

 先週、3年ぶりに新しい携帯電話に買い換えた。携帯電話なのだから、話せて、メールができて、文字の表示が大きいものであればいいと思っていたが、結局カメラ付き、ナビ付きの最新モデルになった。いまだに使い方もわからないままにカチャカチャやっているけど、使いきれないほどに満載の機能の数々に、ただただ驚いているこの頃である。さてさて、この私にどこまで使いこなせるのだろう。
 今週もというか、最近いつも反省も含めて思うことは「馬券は先行馬から」という当たり前のことの大切さ。春競馬の不調の原因は、どうも追い込み馬を狙いすぎていたためかもしれないという反省もあって、最近は極力、先行馬を中心に考え組み立てるようにしている。特に、先行馬の中でも、差し脚や瞬発力に良いものがある馬を中心に取るようにしている。その成果か、少し持ち直してきたような気がする。
 通常のレースでは距離が長くなればなるほど、道中の絶対的スピードは遅くなり、ペースは落ち着く。息が入るペースなら、勝負は直線の叩き合いになる。とすると、瞬発力がなければ勝負にならないはずだと思って、こまではそういう馬を中心に組み立ててきた。しかし、上がりの脚はペースとの関係を抜きには語れないし、現実的に上がりの脚から条件を絞り込んでいくのは非常に難しい。いきおいボックス馬券にならざるを得ない。仮に1頭に絞り込んでも、往々にして追い込んで届かずのレースが多い。そんなレースが続くとストレスもたまる。調子も崩れる。
 全ての馬が同じ量のFT線維をもっていて、同じだけのエネルギーを発揮できるとしたら、ハイペースでない限り、どんな距離であっても、先行馬が有利になる。追い込み馬が有利なのは、先行馬が直線で止まるようなハイペースの場合だけだが、その場合でも先行馬には前半のアドバンテージがあり、勝てないまでも、ゴール前まで粘ることも可能だ。先行馬は追い込み馬に比べても道中の不利は少ないし、スムースなレースができれば、消耗も少なくてすむだろう。
 先行馬で、なおかつ差し脚のしっかりした馬を探す。それが私のいまのテーマ。奇をてらわず、素直にいこうと思うこの頃。
 携帯だけでなく、競馬のデータも使いこなすには時間と経験がいる。

|

« 第173回暑いので、何も思いつかない | トップページ | 第175回ウインズ汐留 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735479

この記事へのトラックバック一覧です: 第174回馬券は先行馬から:

« 第173回暑いので、何も思いつかない | トップページ | 第175回ウインズ汐留 »