« 第177回北島選手の眼光 | トップページ | 第179回それぞれの3連単 »

2004年8月26日 (木)

第178回ゴールドラッシュ

 相変わらずオリンピックに深夜まで熱い。思いもかけないメダルラッシュについ力が入る。それにつけても期待通りにメダルを取ることの難しさを思う。期待通りの結果が残せなかった選手の悔しさを思う。本当は帰りたくないだろうな。誰にも会いたくないのかもしれない。回りが、十分がんばったのだからと慰め励ましても、きっと、あそこで、あと一歩、あと一息の自責の念が離れることはないだろう。そんな想いを一生背負うのだろうか。つらいだろうな。もし私だったら、非情にも突き出されたマイクに言葉をうしなったまま、逃げ出してしまうかもしれない。
 スポーツのゲームに勝ち負けはついてまわるが、敗者があっての勝者であり、勝者があっての敗者である。ともに同じ舞台をつくる者たちなのだ。敗者なくして勝者も無し。
 敗者にこそ栄光あれ。
 気がつけば夏も終わりに向かっている。肌を刺す、ちりちりする日差しも少し和らいできたし、雲の高さも変わった。風も少し冷ややかに流れる。
 オリンピックのあとは、野球のペナントレースと、イチローの安打記録。競馬も3連単がテスト発売されているが、今ひとつ気持ちが乗ってこない。そう、慌てることはない。いまは静かに、確実に、必ずやってくるチャンスを待とう。
 私のゴールドラッシュは9月11日からだ。

|

« 第177回北島選手の眼光 | トップページ | 第179回それぞれの3連単 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735463

この記事へのトラックバック一覧です: 第178回ゴールドラッシュ:

« 第177回北島選手の眼光 | トップページ | 第179回それぞれの3連単 »