« 第178回ゴールドラッシュ | トップページ | 第180回求む野球狂オーナー »

2004年9月 2日 (木)

第179回それぞれの3連単

 先週、友人を誘って東京ドームの巨人・中日戦を観戦したが、わが愛すべき中日ドラゴンズは打ち合いになると弱く、目に見えないエラー、走塁ミスなどもあって、負けた。いまのゲーム差なら、巨人もヤクルトも逆転は難しいだろうし、優勝には問題のない1敗だと思いこむしかない。とはいえ前回、8月のお盆の頃に行った神宮のヤクルト戦も勝てなかったから、ぜひとも勝つ試合を見たかった。残念。
 来週も東京ドームの巨人・中日戦に行く予定。チケットはネット・オークションで取ってもらった。
 しかしながら、オリンピックが終わったのに、競馬の乗りはいまいち。毎週、馬券は買ってはいるが、今ひとつ気持ちが盛り上がらなってこないのはなぜだろう。
 そんな乗りの悪い気分にあるのは私だけでなく、競馬以外に趣味がないと思うほどのTちゃんやK君、N君たちでさえ、「もう少し待てば3連単の高配当馬券が買えるようになるから、いまは脚(お金)を貯めているところ。いまは入れ込みたくない」気分らしい。
 それでも競馬の話題は3連単しかなく、TちゃんやK君、N君たちとの話はもっぱら3連単の買い方について。
 年金生活Tちゃんはフォーメーションを使って、1着固定、2着2頭を軸馬にとって3着に3頭の連下を取る6点買いを考えている。「当たったとき最低、年金分を稼ぎたい。できれば大儲けしたい」という理由で、手を絞って1点2、3000円を買うつもりだという。しかし、そうはいっても、必ず妙な馬券の組み合わせを100円だけ持っているというのが、これまでのTちゃんなので、いまのところは「そうだね」と相づちだけ打って黙って聞いている。
 K君は3連単テスト発売の初日に、8頭ボックスで336点買いを決行。的中したものの3万1770円の配当ではトリガミにしかならず、笑うに笑えない結果になってしまった。それでも「人気馬が飛ぶレースを探して、多点ボックスで高配当を狙い続ける」つもりらしい。
 私はというと、1頭軸にマルチで相手を6頭取るつもりでいる。買い目は90点になるが、レースによって軸馬の信頼度が高ければ1着付けで買うこともできる。そうすれば買い目は30点に減るし、1、2着付けで60点のフォーメーション馬券に展開していくこともできる。
 ただ、誰もが強い、これだと思う馬が着外に落ちてこそ、高配当が生まれるわけで、軸馬は極力、人気薄の馬をピックアップすべきだし、また、手を絞りすぎて、せっかくの高配当を取り逃がすことのないようにしたい。
 そういえば今朝、8万なにがしの3連単が当たった夢を見た。100円しか買ってなくて、うれしさも中途半端な気分だった。

|

« 第178回ゴールドラッシュ | トップページ | 第180回求む野球狂オーナー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735451

この記事へのトラックバック一覧です: 第179回それぞれの3連単:

« 第178回ゴールドラッシュ | トップページ | 第180回求む野球狂オーナー »