« 第186回不要なサービス、必要なサービス | トップページ | 第188回取ってしまった »

2004年10月28日 (木)

第187回なんていうことなく、AB馬だった

 なんだかんだといいながら、先週は木曜日と金曜日の両日とも、西武ドームの日本シリーズを観に行った。二十数年前、やはり西武−中日の日本シリーズがあって、まだ屋根のない西武球場にカミさんと出かけた。そのとき以来の日本シリーズ観戦だった。客席はがらがらかと思ったが、結構入っていて、しかも中日ファンが半数を占めていた。シリーズ用のゴールデン・メガホンを買って、手が痛くなるほど打ちならす。ともに中日が勝って、心地よく応援できた。
 しかし名古屋に戻って3勝3敗の最終戦、第7戦はあり得ない、信じられないエラーや凡ミスの連発。これでは勝利の女神も微笑むはずがない。
 でもいい。ひさびさ、こんなに楽しくシリーズを観られたし、来年また、一生懸命応援しよう。

 土曜日は東京の10レース、6番人気のテンジンムサシ(B馬)から3連単の1、2着流しを買う。単勝でも23倍の人気薄だが、先行力と上がりのバランスが良いのが気に入って、軸にした馬だ。あまり期待もしてなかったが、直線坂を駆け上がると、馬群を割って伸びてきて、33秒台の上がりで差し切ってしまった。2着には逃げたエローグ、3着には武豊のユーワキングストンが先行したまま粘って、3連単は11万1710円の大波乱。
 でも、ないんだよ。武が。
 単勝も買ってなかったし。
 続く福島のメイン西郷特別も8番人気のブレイブスペシャルからの3連単を1、2着付けで100円づつ流す。これも先行力と上がりのバランスで選んだ馬だったが、何のことはない。単純にブレイブスペシャルはA馬だ。逃げる中舘のナンヨーノアナタが1番人気で、ブレイブスペシャルは3番手を追走。4コーナーからトウカイハッスルとともに伸びてきたが、ゴール前、頭差だけ押さえ込んでブレイブスペシャルが差し切った。3着に後方から伸びたモニュメンタルが突っ込んできて、3連単は20万9800円になった。ただ2着馬のトウカイハッスルはD馬、3着のモニュメンタルはA馬でした。
 東京のメイン・富士Sも3連単を当てたが、勝ったアドマイヤマックスはCY、2着はAZ、3着はC。配当は4800円。
 翌日曜日は電話投票に専念。
 テレビ静岡賞ではエアシェイディ(A馬)の1着流しで勝負。同馬が期待通りに勝ったのに、2着のB馬アサクサキニナルは良いとして、どうしてでしょう、3着馬のY馬ビッグコングがなかった。3連単1万5510円。
 菊花賞は前日の20万馬券の資金をつぎ込んでA馬のコスモバルクに懸けてみたものの、連対したのはもう一頭のA馬ホオキパウェーブ。しかし1、3着馬がなくては話にならない。
 それでも東京の最終レースでアサクサポインター(A馬)からの3連単で4万2440円を200円分的中して、大きな負けにはならなかった。
 なんていうことはなく、先週はランク馬ばかりでした。

|

« 第186回不要なサービス、必要なサービス | トップページ | 第188回取ってしまった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735427

この記事へのトラックバック一覧です: 第187回なんていうことなく、AB馬だった:

« 第186回不要なサービス、必要なサービス | トップページ | 第188回取ってしまった »