« 第190回なぜと問う前に | トップページ | 第192回夢見るTちゃん馬券 »

2004年11月25日 (木)

第191回配当が読めない3連単

 先週の日曜日もみずほ銀行のオンラインは停止中だった。今回はぬかりなく、資金は前日におろしておいた。
 それにしても、東京競馬場がさみしい。競馬シーズンたけなわのはずなのに、あまり人が入っていない。東京競馬場はスタンドの改修工事中であること、なんたって給料日前ということ、G�Tといっても実際レースをやってるのは京都だった、というような理由があったかもしれない。馬券は買いやすくて良いのだけど。
 最近は3連単以外に買いたい馬券がなく、3連単の発売がない8レースまでは馬券を買わなくなってしまった。
 東京の9レースは外した。京都の9レースは1番人気のオレハマッテルゼが中心不動。同馬の1、2着流しで3連単馬券をまとめた。オレハマッテルゼは2着に追い込んで、結果、1番人気がらみのB−A−B馬券で3連単が5万3630円。何でそんなにつくの、と思ったほどの高配当。
 続く東京の10レースは、ナカヤマバスターの1、2着流しに期待したが、上がりの脚の良いスナークスズランも気になって、同馬の1着流しだけ押さえた。レース中はずっと後方から進むナカヤマバスターだけを目で追い続けていた。ナカヤマバスターは直線に入って少し追い込む気配を見せたがそこまで、坂下ではすでに力をなくしていた。ゴールまでナカヤマバスターを追い続けたが、結局、何着だっただろう。いずれにしても、だめだった。馬券にならない。そう思ってターフビジョンを見ると白い帽子の1番の馬をアップで追い続けている。え、1番。1番なら持っている。1番はスナークスズランだよ。ひっとして勝ったのはスナークスズランだったのか。
 あわててポケットに手を突っ込んで馬券を確認する。ほう、ほう、間違いなく1番からの1着流しだ。2着も9番のようで、その馬番もある。ただ、3着は12番ダイワレイダースと14番のヨイチサウスのきわどい写真判定になった。12番のダイワレイダースなら持っているが、14番のヨイチサウスは買っていない。写真判定はいつも長く感じるが、このときは意外に早く決まった。3着は幸運にも12番ダイワレイダースだった。
 そしてそのすぐあとに、もっと大きなラッキーがやってきた。なんと配当は41万3450円だった。2番人気がからんで8番、7番人気の組み合わせ、それで41万馬券になってしまう。幸運に文句は言うつもりはないし、素直に嬉しくて仕方がないのだが、どう考えてもつきすぎではないのか。
 マイルチャンピオンシップも圧倒的1番人気が勝って、2、3着に4番人気、5番人気で1万3280円もつくなんて、信じられない思いだった。
 それとは裏腹だったのが、東京のメイン霜月ステークスの結果。スピード指数からは買いにくい馬たちが上位を占め、人気でも6−3−9番人気。どのくらいの配当になるのか気になったが、13万4640円にすぎなかった。3連単の配当は発表になるまで、本当にわからない。

|

« 第190回なぜと問う前に | トップページ | 第192回夢見るTちゃん馬券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735423

この記事へのトラックバック一覧です: 第191回配当が読めない3連単:

« 第190回なぜと問う前に | トップページ | 第192回夢見るTちゃん馬券 »