« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月29日 (水)

第196回ゼンノロブロイを信じて

 出がけに「私も有馬記念、買いたい」とカミさんが1万円札を出す。カミさんが馬券を買いたいというのは、ずいぶん久しぶりだったので少し驚いた。
 私は「珍しいね」といいながら、手元のスーパーパドック出馬表を渡した。しばらく出馬表を見つめていた彼女は、ゼンノロブロイ、コスモバルク、タップダンスシチー、ツルマルボーイ、アドマイヤドンの5頭をピックアップしてきた。理由を聞くと「素直に指数の高い馬を選んだだけ」だという。「だったらゼンノロブロイは強いから、ロブロイ流しにしたら」と言ってみたが、ここは「ボックスで」というカミさんの意志を尊重することにした。
 中山競馬場には12時半頃に着いた。
 「込むだろうな」とは思っていたが、コース沿いの石畳はすでに端から端まで、人であふれかえっている。そのうちに身動きがとれず、レースが見えないどころか、馬券も買えなくなるだろう。そう思って内馬場に移動して、有馬記念の馬券だけ、先に買った。
 わたしは、ゼンノロブロイの1着付けの3連単馬券を1000円通し。連下は8頭のボックスを組んだので56点になった。あわせてゼンノロブロイの2着付けと、アドマイヤドンの1着付けの3連単を、それぞれ500円通しで押さえた。
 内馬場はどうしても子供たちの声をうるさく感じるが、できるだけ気持ちを落ち着けながら、3場の3連単馬券を買い続けた。しかし、結果はいつも何かひとつ違う。結局、ひとつも勝てないまま、有馬記念の発走を迎えることになってしまった。
 内馬場からスタンド側を見ると、一面に隙間なく人の顔が連なって、ざわめく黒い波のようだ。ファンファーレとともに、一斉に拍手が沸き上がり、やがてスタートとともに「うおー」という地響きのような歓声にかわる。レース実況も聞き取りにくいほどの歓声は、2分30秒足らずのドラマの間中、止むことはなかった。
 有馬記念の結果は今さら書くまでもない。
 ゼンノロブロイは逃げるタップダンスシチーの2番手を進み、直線鮮やかに差し切って優勝した。2着は粘ったタップダンスシチー、3着は先行集団から抜け出してきたシルクフェイマスだった。
 カミさんの馬連は1240円、私の3連単は2万4760円もついて、それまでの負けを一気に取り戻し、収支もプラスになった。
 そのあとは、中京12レースの3万馬券を取り、阪神の最後の最後、最終レースの4200円を当てて、今年のわたしの馬券は終わった。有馬が取れて、最後も締めくくれてプラスなら上出来だろう。
 いま振り返っても、有馬記念の馬券は割とうまくまとめられたと思っている。ゼンノロブロイを信じられたこと、その日負け続けていても、気持ちが高ぶることもなく、自然体であったことも良かった気がする。さらに人気のあったコスモバルクやヒシミラクル、デルタブルースなどの馬は全く買わなかったが、それでいて気持ちに迷いがなかったのは、我ながら不思議だった。
 今年の競馬は終わったが、また、すぐに新しい年に向けての戦いが始まる。できるだけ冷静に、穏やかな気持ちで、声援を送りたいと思っている。

 いろいろあった1年間。ご迷惑をかけたこともあっただろうと思います。ほんとうにお世話になりました。どうか良いお年をお迎えください。そして、来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月23日 (木)

第195回いましばらく

 日曜日、3連単が発売になる9レースに間に合うように家を出た。中山競馬場に着いたのは1時半を回った頃だったと思うが、まだA指定もB指定も売れ残っていた。わたしはB指定に席を取って12レースまで過ごしたが、最後まで指定席は埋まらなかった。
 馬券はフェアリーSなど安い配当の3連単をいくつか取った程度で、これといって印象に残ることもなかった。最終レースの幸運の女神も、この日は休みだった。きっと有馬記念まで、気力と体力を温存しているのだろう。

 さて今週は、有馬記念。
 過去の有馬記念のデータを見ていくと、どういうペースであれ、直線の瞬発力がなければ勝負にならないし、連対も難しいことに気がつく。過去99年から昨年までの5年間、ESの瞬発力上位の馬が毎年2頭は3着までに入っている。とすると今年は瞬発力で上位にあるゼンノロブロイ、アドマイヤドン、グレートジャーニー、ユキノサンロイヤルが浮上する。そのうちの2頭が3着までにはいるとすると、3連単は高配当になるにちがいない。次いで、ツルマルボーイ、ダイタクバートラム、シルクフェイマスが第2グループを構成、第3のグループとしてコイントス、ピサノクウカイなどが上がってくる。
 人気になりそうなコスモバルクやタップダンスシチー、デルタブルース、ヒシミラクルなどは、いまのところ私のデータや気持ちに引っかかってこない。
 もちろんまだ、予想の結論を出しているわけではないし、どういう馬券を買うかも決めてもいない。
 いましばらく、迷っている時間を楽しんでいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月16日 (木)

第194回あと少し

 先週の日曜日も中山の最終レース、3連単の7万2310円の好配当に助けられた。幸運の女神はまだ、わたしのそばにいるようだ。お願いします。できれば有馬記念まで側にいてください。
 有馬記念といえば、今週のブックに有馬記念の最終登録馬が発表されていた。天皇賞とジャパンカップを勝ったゼンノロブロイ、凱旋門賞は大敗したものの去年のジャパンカップ馬タップダンスシチーや、休養に入ると思われていたアドマイヤドンもオーナーの意向で出走することになったらしい。有力な3歳馬も公営の希望の星コスモバルクをはじめ6頭も出走する。
 2004年の競馬もあと2週。もうそんな時期なのだ。
 それにしても、きょうの最高気温が18度。こうも暖かいと12月の年の瀬という気がしない。それでも時間は確実に過ぎていき、来週の有馬記念が終わったら、もうすぐにお正月だ。
 JRAの2005年の新しいカレンダーも買った。来年の手帳も買って、家族の誕生日と重賞のレース名を書き込んだ。年賀ハガキも買った。
 昨年は母の喪中で正月らしいことは何もしなかった。今年は改めて、気分も少しずつ新しい年に向かいつつある。
 風邪も良くなりました。残り少ない2004年。もう少し、がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月10日 (金)

第193回最終レースの幸運

 先週の土曜日、11レースが終わったあと、電話投票の口座には2700円しか残高がなかった。
 狙いが悪かったわけではなかった。たとえば中京の9レース、B馬のサクラファロスからの1、2着流しで3連単を買った。サクラファロスはごちゃつく馬群を内から割るように突き抜け、1馬身差で勝った。単勝は1210円ついて、2着のサクラブライアン(C馬)との馬単は1万4270円。3連単はというと、あれれれれ、152万8780円。
「あちゃー、3着がない」
 3着は16番人気のダンシングシャトル。さすがに指数上も買いにくい馬で、3連単が取れなくても、納得せざるを得なかった。
 中山のメインはメイショウカチドキからの1、2着流しの3連単で外し、中京も軸にしたブルーベールはやっとやっとの5着。阪神も武豊のテイエムリキサンにかけてみたものの、ここも5着とふるわず、気がつくとこの日は7戦1勝6敗。11レースが終わったあと、電話投票の口座には2700円しか残高がないという状況だった。
 その程度の残高しかなければ、最終レースはあきらめて原稿に専念するのだが、それでも中山の最終だけは買いたかった。
 中山の最終は、芝の1200メートル戦だった。開幕週で馬場状態も良く、先行馬に有利だろう。逃げて直線も我慢のできそうなペリエの乗るツルガオカハヤテ(X馬、平均A馬)から3連単を買うつもりだった。ただ、問題は2700円しかないこと。いつものように1着流しで42点、2着流しで42点というわけにもいかず、手を絞るしかない。
 ツルガオカハヤテの相手は差し脚のある馬を中心に、A馬のアルフェッカ、D馬のフレンドリースピカとジェイケイベストの3頭に絞ったが、計算すると1、2着流しでも12点で収まってしまう。もう少し買えるからと、A馬のイットウリョウダンを加えて4頭を相手に1着流しで12点、2着流しで12点、合計24点を買った。100円ずつで2400円。
 レースは早めに先頭に立ったツルガオカハヤテがそのまま逃げ切り。2着はツルガオカハヤテを2番手で追っていたアルフェッカがなだれ込み、後方から追いあげたフレンドリースピカが内ラチから伸びて3着を確保した。
 当たった。はじめに考えた相手の3頭で決まってしまった。ラッキーだった。もっとラッキーだったのは配当。ツルガオカハヤテの単勝は1800円。3連単は10万4220円。残高2700円から一気にプラスになってしまった。
 あいかわらず気管支炎がつらく、前日の10万馬券がなければ、ゼイゼイ咳き込みながら競馬場に行くしかなかった。10万馬券のおかげで、日曜日は家で静かに電話投票に専念できた。結果からいうと、なんていう幸運なのだろう。またまた、最終レース。中京の恵那特別16万6160円の3連単を的中させてしまった。
 わたしの馬券は勝ったチョウカイロイヤルからの1、2着流し。チョウカイロイヤルは前走の指数が高く、3歳馬では最上位のC馬にランクされていた。単勝で1920円ついたが、新聞の印は△がひとつポツンとあるだけで、前走の4着好走もフロックと思われていたようだ。
 土曜日のツルガオカハヤテと違って、チョウカイロイヤルは逃げ馬ではない。ただ、前夜からの強い雨で、馬場状態が力のいる状態になっていて、先行馬には苦しい流れになったはず。ペースと馬場状態が差し馬のチョウカイロイヤルに有利に働いたのだろう。チョウカイロイヤルは直線の半ば、前が壁になって抜け出すスペースがないように思えたが、狭い馬群をこじあけて、先行していた人気の馬たちをとらえて2馬身近くの差で勝った。
 それにしても2日続きで最終レースの10万馬券を的中。
 幸運がいつまでも続きますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 2日 (木)

第192回夢見るTちゃん馬券

 風邪をこじらせて、気管支炎になった。病院にはいったけど、体調は不良のまま。原因はどうも満員の東京競馬場にあったらしい。先週の東京競馬場はジャパンカップ・ダートとジャパンカップの国際G�Tの2本だてで、久々に12万人近いファンが集まった。人と人の頭の間からのぞき込むように、わずかに見えるコースを見つめるしかなかった。レースは見えないし、馬券を買うにしても並ばなければならないが、それでも競馬場がにぎやかなのはうれしい。しかし、そんな人混みの中をうろうろして、馬券で負けた上に、風邪だけをもらって帰ったのでは、なんともしまらない。
 ジャパンカップ・ダートは的中できたが、ジャパンカップは3着のデルタブルースを軽視してしまって外した。デルタブルースはD馬なのだから、無条件に連下で押さえるくらいはできたはずなのにと思うが。
 Tちゃんは親戚のご不幸とかで、前日に馬券を頼まれた。ジャパンカップは勝ったゼンノロブロイを頭に、フォーメーションで500円分当てた。Tちゃんらしいと思ったのが4着になった外国馬ポリシーメーカーを2、3着に押さえていたこと。これが3着に残っていれば、9−10−1で13万馬券だった。加えて、頼まれた馬券に1−7−10という目も1000円あって、もしそれが来たら、なんと1600万円を越える払い戻しになっていた。
 そういえばもうひとつ。「惜しかった」といわれたのが、土曜日の東京のメイン・キャピタルステークス。1着に8番人気のキネティクス、2着に13番人気ユキノサンロイヤル、3着に6番人気スターリーヘヴンと入線して、186万5930円になった。百円玉ひとつで車が買える高配当に驚いたが、スポニチ予想の対抗○印から連下の△に押さえれば取れた馬券だった。
 レースのあと、N君に「押さえは買わなかったんですか」と聞かれたが、この日はなんだか忙しく、あらかじめ自分予想の本命印から流しただけで、押さえは取ってなかった。自分にとっては惜しくもない馬券だったし、いずれそれに近い馬券も取れるのではないかと思っている。  
 
 今週はホームページのリニューアルをしましたが、トップでお知らせしたとおり、毎日コミュニケーションズとの業務提携を来年の1月末で解消することにしました。今後はわたしたちの責任で、皆様のご意見や要望にこたえていきたいと思っています。ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、今後もご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »