« 第202回はじめよければ | トップページ | 第204回祝100万馬券 »

2005年2月24日 (木)

第203回禁煙

 一昨年の秋だった。たまたまNHKの「ためしてガッテン」で「セキと呼吸」の番組を見た。
 40歳以上でたばこを吸い、湿った咳が出る、タンがよくでる、階段や坂道で息切れがするという症状があるひとは「COPD(慢性閉塞肺疾患)」という病気にかかっている。あまり知られていない病名だが、肺炎を伴って死に至る重大な病気で、原因はほとんどがタバコだという番組内容だった。
 そのとき、ああ、これは自分のことだと思った。
 たしかに坂道では息切れもするし、タンがからんで、いつも不快だったし、風邪をひくと咳が止まらず、なかなか治らなかった。
 それまで、タバコをやめる意志は全くなかった。学生時代から吸い始め、一日5、60本のヘビースモーカーだったし、腹膜炎で入院した病室でさえもタバコは切らせなかったほどだった。自分は絶対にタバコをやめない。肺ガンで死んでもそれは運命だろうとさえ思っていた。
 それがその番組のあと、何の気無しに「1日だけタバコをやめてみよう」と思った。大いなる決意があったわけではない。ただ、1日だけやめてみようと思っただけだ。
 それから、1日が過ぎ、10日が過ぎ、1カ月が過ぎ、1年が過ぎた。いつの間にか1年半が過ぎた。
 そして今も禁煙が続いている。
 ヘビースモーカーだったことを知っている友人や知人は、皆信じられない顔をみせる。
 禁煙を続けられたのは、番組によって自分はCOPD(慢性閉塞肺疾患)という病気であると認識したこと、タバコが原因の病気だから、少しのあいだタバコをやめてみようという意識付けができたことが大きかったのだろうと思う。
 タバコをやめてみると、まず痰が絡まなくなった。風邪をひかなくなったし、ひいても治りやすくなった。すぐに禁煙の効果が表れ、禁煙を続ける意志を持ち続けられたことも大きな要因になった。坂道はまだ息切れがするが、これは運動不足のせいらしい。
 タバコをやめて、わかったことのひとつ。歩きタバコの臭いでさえ、吸わない人間にとって敏感に感じるほど強烈であるということ。すみませんでした。ご迷惑をかけていたんですね。やめてみてわかりました。
 今週の「ためしてガッテン」は高血圧、糖尿病など生活習慣病に効果があるとされる「寒天」の効能についてだった。糖尿が気になる私は、早速、みつ豆寒天と心太を買った。
 人間、50歳を過ぎると、健康おタクになるらしい。

|

« 第202回はじめよければ | トップページ | 第204回祝100万馬券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735351

この記事へのトラックバック一覧です: 第203回禁煙:

« 第202回はじめよければ | トップページ | 第204回祝100万馬券 »