« 第206回岡部人気で超満員 | トップページ | 第208回こんな日もあると »

2005年3月31日 (木)

第207回中京競馬場で

 日曜日は高松宮記念観戦のため中京競馬場に出かけた。
 今回はN君も一緒なので、名古屋のうまいものでもご馳走しようと思っていた。名古屋には昼前について、とりあえず味噌カツを食べようと地下街の「矢場とん」へむかったが、すでに長い列ができていた。それならばと「山本屋本店」の味噌煮込みを目指したが、ここはさらに長い列が続いていた。仕方なく行列のない店で「ひつまぶし」を食べる。
 競馬場までは名鉄で30分たらず、あっという間に着く。
 さすがにG�T高松宮記念だけあって、ずいぶん人もでている。
 高松宮記念の前にバタバタしたくなかったので、馬券は中山の9レースから10レースまで、6レース分をまとめて買った。
 中山の9レースはプライマリーケア(AYa)とブラックカフェ(CZa)2頭の1着流しでまとめ、ブラックカフェ勝って5万380円の高配当を的中。阪神9Rはブリトン(Aa)が勝ったものの3着馬ナリタシークレットが押さえきれずに、ここは負け。中京9Rは軸にしたマルブツブリザード(AXb)が2着、C馬のアドマイヤムサシが勝って、3着もC馬のマルブツシルヴァーで1万2150円的中。
 中山10Rも軸にしたヨイチサウス(DYc)がゴール前、人気薄のダイワメンフィスに交わされて2着に落ちたが、運良く2着からも押さえていたから馬券は的中。3連単は11万2810円と高配当だった。しかし、阪神10Rは1着ニシノコンサフォス(A)、2着ビッグドン(BYa)で決まったが、3着のスカイリョウマがなかった。中京の10Rは武豊騎乗のA馬マイネルアンセムが勝ったが、わたしの馬券にはならなかった。
 それでも6レース中3レースを的中させ、上々の滑り出しで、N君にご祝儀も出すほどたった。
 しかし、タイキエニグマ(C)から買った中山のメイン・マーチSで負け、ワキノカイザー(AXa)からの阪神の鳴門Sも馬券にならず、完敗だった。結果だけでみると10レースから4連敗だ。
「嫌な気配だよ。するずる負けそうな気がする」
「そんなこといわないでくださいよ。宮記念も負けちゃいますよ」
 同行のN君になだめられるが、得てして気分が結果を左右するのが馬券の世界。
 高松の宮記念はプレシャスカフェ(Ac)が勝つだろう。もし、負けたとしても2着を外すことはない。小さな幸運をこのレースで大きな幸運に変えるのだと意気込んでいた。私はこの日の儲けの全てをプレシャスカフェの1、2着流しに投入した。しかし、結果は最悪だった。
「あっ、出遅れた」
 N君がつぶやいたときには、もうレースが終わったと思った。
 短距離戦で出遅れは致命的だし、出遅れて向こう正面で追い上げるのも、わたしには理解できない。もう少しじっとしていたら直線で脚を伸ばせたのではないか。あれほどチグハグなレースをしていながら、3着に押し上げる力はあるのだから。
 何を思っても、結果はかわらない。それが競馬と納得するしかない。馬券を買う側は不慮のリスクも全て負わなければならないのだよ。蛯名君。
 最終は阪神の安い配当を取った。
 退場規制にひっかかって、駅までの道がずいぶん長い。
 名古屋駅にでで、山本屋本店の列に並んで、汗をかきながら、味噌煮込みを食べた。おなかが一杯になって、少し元気になった気がした。人間の気分なんてほんとうは単純なのだ。来週もがんばる。

|

« 第206回岡部人気で超満員 | トップページ | 第208回こんな日もあると »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735347

この記事へのトラックバック一覧です: 第207回中京競馬場で:

« 第206回岡部人気で超満員 | トップページ | 第208回こんな日もあると »