« 第210回スターホース | トップページ | 第212回初めよくても »

2005年4月28日 (木)

第211回あと一手の運、不運

 土曜日の東京最終レース、1番人気のトウショウギアが勝ったものの、人気薄のタマモドンが内ラチから2着に突っ込んできて、39万馬券になった。タマモドンは平均指数のランクでcに評価された、当初は連下の1頭として考えていた馬だった。しかし、結論を出す段階で競馬新聞を見ると、これが全く人気がない。あれこれ迷ったあげくに、結局最後は買い目から外してしまった。人気にとらわれなければ、指数だけを信じていれば、買わなければならない馬だっただけに、よくあることとはいえ、取り逃がしたショックは小さくはなかった。
 日曜日は東京競馬場に出かけた。懐かしい旧スタンドは完全に取り壊されて、コンクリートの瓦礫に姿を変えていた。この日から使用が始まった中央の新スタンドに落ち着いたが、一般席の椅子の間隔もゆったりとしていて、わりと快適な居心地に感じた。ただ、私は相変わらず馬券に夢中で、せっかくの新スタンドも見て回る余裕がなかった。
 9レースは3場とも外し、10レースも福島の安い3連単を取って、東京は外した。
 京都の10レースはシルクトゥルーパー(Ba)からの1、2着づけの馬券を買う。通常、連下は7頭までに絞ることが多いが、ここは指数上差のないメンバーが多く、連下を8頭取った。土曜日のタマモドンの一件が頭に残っていたのだろう、10頭建てのレースで買わなかったのは1頭だけという、ほとんど総流し状態の馬券になってしまった。
 しかし、それが幸運を呼んだ。
 軸にしたシルクトゥルーパーが後方から一気の差し脚で勝って、2着にテイエムチュラサン、3着にカズサライン(Y)と入った。
「頭数も少ないし、勝ったのも人気の一角にある馬だから、そんなには付かないだろう」と思っていたら、3着のY馬カズサラインは10頭立ての10番人気という人気薄馬で、3連単はなんとなんと54万馬券になった。
 思いがけない高配当に気をよくした私は、続く福島、東京、京都の11レースにいつもより多くの金額を入れ込み、「あれれれっ」という間に3場とも外した。
 それにしても、日曜日の京都は10レース54万、11レース115万、12レースでは202万と大荒れ。そのひとつを当てられたのだから、何はともあれ、この日の幸運に感謝しよう。
 たいてい、運、不運は紙一重。手が増えるからといって、指数で評価できる人気薄馬を切っているようでは、自ら幸運を捨てているようなものだ。迷ったら買う。今週の天皇賞もその手で幸運をつかみたい。

|

« 第210回スターホース | トップページ | 第212回初めよくても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735343

この記事へのトラックバック一覧です: 第211回あと一手の運、不運:

« 第210回スターホース | トップページ | 第212回初めよくても »