« 第214回57歳の初日 | トップページ | 第216回記憶しておきたいダービー »

2005年5月26日 (木)

第215回この日の運のつき

 土曜日は、15万馬券の新潟メインなど惜しいレースもあったが、結果として高配当には恵まれず、調子が上がらなかった。それでも中京の最終レース、武豊騎乗の1番人気シャルルゲランからの3連単は、3着に人気薄のC馬サンエムテイオーがはいって、12万2020円の高配当。これで一息ついた。それにしても、最後の最後に盛り返すしぶとさ、最近の運の強さに感謝しよう。
 日曜日も東京9レースが審議になって、人気の2着馬、横典のトウカイトニーが降着になり、かわって3着に上がってきたのが人気薄のリンドーロで、3連単は倍以上の配当になったし、続く新潟の10レース五泉特別も、難しいレースで波乱含みの気配がして、久々3連単はボックスを買ったら、これがまんまとはまった。9番人気のコアレスパティオが勝って3連単は12万4390円と元金の4倍になった。最近は3連単ボックスを買うことがなかっただけに、すごくラッキーな気分。なんだか、ここんところ調子がいいし、幸運も続く。
 この日は他に、中京10レース・昇竜S、新潟11レース・中ノ岳特別、東京11レース・オークスなどの安い配当もそれなりにあてて、まずまずの内容だった。
 最終レースも、余力の資金で多めに買ったら、新潟の12レース・二王子特別でダイスケから1着付けした馬券が10万2760円になった。300円でも財布は膨らむ。
 しかし、この日の運はそこまで。
 東京の最終レース、富嶽賞はデザーモ騎手のB馬メイショウトキムネが勝った。メイショウトキムネは7番人気。2着は1番人気のミルフィオリ、3着は12番人気マイネルリバティーだった。高配当は間違いない。私はピサノデュエルとミルフィオリを軸に1、2着付け。荒れそうな気がして連下の相手を9頭と、いつもより多めに買っていた。12番人気のマイネルリバティーも押さえていたから、ミルフィオリ2着付けの馬券が当たったと思った。でも、馬券をよく見ると、B馬メイショウトキムネの7番がなかった。どんなに目を凝らしても7がなかった。
 富嶽賞の3連単は75万4140円だった。
 ため息しかでなかった。

 今週はダービーです。
 見落としに気を付けて、幸運に包まれた馬券を買いたいです。

|

« 第214回57歳の初日 | トップページ | 第216回記憶しておきたいダービー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735339

この記事へのトラックバック一覧です: 第215回この日の運のつき:

« 第214回57歳の初日 | トップページ | 第216回記憶しておきたいダービー »