« 第219回少しだけプラス | トップページ | 第221回落とし物に注意 »

2005年6月30日 (木)

第220回宝塚記念の条件

 宝塚記念の過去10年、上位馬のランクのデータを取ったら次のようになった。
          1着   2着   3着
95年  −    D    DXb
96年  AY   −    B     2着サンデーブランチ
97年  AZ   C    −
98年  AX   D    BYc   1着サイレンススズカ
99年  BXb  A a   Xb
00年    b  AYc  D
01年  AYb  AYa  −     3着ホットシークレット
02年  B b  C b  D
03年    d  A c  BZb
04年  AXb   Za  −

 このデータを見ると、前走指数の最も高いA馬が8年間で連対しており、圧倒的に強いレースだ。B馬も好走しており、前走指数の高さは勝利への道しるべだといえる。今年のA馬はゼンノロブロイ、B馬はスイープトウショウ。タップダンスシチーは前走指数が物足りない。
 ランクの横に馬名があるのは、近3走内に「先行指数−10以上で上がり指数が+5以上」という条件をクリアできなかった馬で、3着以内に入線した馬たち。10年間で3頭いただけで、3頭とも逃げ先行脚質の馬たちだった。他の連対馬は全て、「先行指数−10以上で上がり指数+5以上」という条件をクリアしており、ペースと上がりの関係で、近走一定のペースをクリアし、さらに直線も切れる上がりの脚を示していることが上位馬の脚質上の重要な条件になっていることを示している。この、ペースに対応した直線の鋭さという条件を、今年最も良く満たしているのはゼンノロブロイとハーツクライであり、タップダンスシチーはこの点でも評価ができない。タップダンスシチー以外にこの条件を満たなかった馬は、シルクフェイマス、ビッグゴールド、トウショウナイト、コスモバルク、サイレントディールだ。
 今年の宝塚記念は、休み明けだったA馬のゼンノロブロイが3着、牝馬ながらシーズンを使われてB馬のスイープトウショウが直線鋭く伸びて、大きな勝利をものにした。2着にはゴール前、ゼンノロブロイを交わしてハーツクライが入った。4着のリンカーン、5着のサンライズペガサスを含め上位5頭は全て「先行指数−10以上で上がり指数が+5以上」という過去の連対馬の条件をクリアしている馬たちだった。条件を満たさなかったタップダンスシチーは7着に敗れ、また、人気のコスモバルクも12着に大敗した。
 ペースに対応した直線の鋭さという条件が上級条件のレース、特にG�Tでは重要な条件になっていることを示唆しているのてはないか。


 土曜日。阪神の10レース京橋特別は3連単で105万馬券になった。1、2着は予想通りだったが、3着がなかった。指数上も3着馬は買いにくかったから仕方ないと思えたが、続く阪神の11レース・ストークSは悔しかった。勝ったタニノマティーニの軸はぴたりだったし3着馬も手の内にあったが、2着のY馬アグネスシラヌイがなかった。Bb−Y−Ddというランク馬の組み合わせで66万馬券。取りたかったな。それでも土曜日の収支はわずかにプラス。その夜、締切の原稿を書き上げてから、N君と新幹線に乗った。

 日曜日も朝から日差しが強い。
 阪神競馬場の正門を入って、左右に振り分けられた通路を行くと、すり鉢場のパドックが視界一杯に広がる。
 競馬場ではEさんたちが出迎えてくれた。
 長く競馬をやってきたが、阪神競馬場にはまだ行ったことがない。阪神は来年春から馬場の改修工事が始まるから、その前に行きたいと思っていた。阪神をクリアすればあとは函館だけだ。それも今年の夏にはクリアできるだろう。そうすればやっと中央競馬の全場制覇だ。
いつもなら、9レース以降の3連単だけを買うところだが、目の前でレースが行われているのに馬券を買わないでいるのは苦しい。午前中から、手を出して負け続けた。
 宝塚記念の馬券買う頃には、資金も厳しくなり、ゼンノロブロイからの1、2着付け馬券を1000円単位で買って、B馬スイープトウショウからの押さえ馬券は100円しか買えなかった。
 直線の叩き合いの中、スイープトウショウが抜け出しをはかる。ゼンノロブロイ粘るところ、外からハーツクライが交わしにかかる。
 「ヨコヤマ、ヨコヤマ、かわせ、かわせー」N君が必至に叫んでいる。
 でも、わたしは交わしてほしくない。2着でいいからゼンノロブロイに残って欲しい。心の中で「そのまま、そのまま」とつぶやくが、ダメだった。
 それでも当たればいいか。スイープトウショウからの100円押さえ馬券でも17万になれば文句はない。とはいえゼンノロブロイが2着に残っていれば、大口の払い戻しだったのになあ。
 E君もN君も馬券を当て、固く握手。
 しかし、最終レースにドカドカと馬券を買いすぎ、しかも3連敗。宝塚記念の儲けも吹っ飛んでしまった。
 35度をこす熱い一日だった。

|

« 第219回少しだけプラス | トップページ | 第221回落とし物に注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735333

この記事へのトラックバック一覧です: 第220回宝塚記念の条件:

« 第219回少しだけプラス | トップページ | 第221回落とし物に注意 »