« 今週の高田馬場日記はお休みいたします | トップページ | 第225回小倉記念の傾向 »

2005年8月 4日 (木)

第224回電話投票

 わたしが長い間使っている電話投票はARS方式という、電話の音声案内にしたがって数字を打ち込み、馬券を購入するという古いタイプのものだ。歳のせいか入力を間違えることが多く、訂正も面倒くさい。そうすると、またはじめからやり直すことになる。3連単が始まってから特に、入力の面倒くささに、いらだつことか多くなった。しかも使っている電話投票は上限が30万円の担保金の範囲でしか馬券が買えず、土曜日にどれだけ勝っても、担保金の範囲内しか翌日に持ち越せない。せっかく3連単というハイリターンの馬券を狙っているのに、購入限度額が制限されたり、入力間違いや、投票システムにいらだっていたのでは勝つものも勝てない。かといって、新しいシステムのインターネット投票に申し込んでもすぐに利用できるわけではないし、やむなく不便さを感じながらも電話投票を使い続けてきた。
「即PATならどうですか。抽選もないし、その日から使えますよ。限度額に制限もないし、なによりも、土曜日に負けても、日曜日にコンビニから入金すればまた使えるらしいですよ」と教えてくれてたはスタッフのN君だった。
「それはいいかもしれない。土曜日に負けてしまうと、ウインズに行くしかないからね」 使ってみて良ければそのまま使えばいいし、使い勝手が悪ければ前の電話投票に戻ればいい。そう思って、先々週からジャパンネット銀行の口座開設の手続きを進め、先週ようやく使える状態になった。
 さっそく土曜日から使ってみた。これがなかなか使いやすかった。当然とはいえ、音声ガイダンスの電話投票に比べれば格段に早いし、わかりやすいシステムで、入力のミスも少ない。これならだれでも間違いなく投票ができる。
 大荒れだった土曜日。新潟の10レース・尖閣湾特別は軸馬にとったAX馬ホリノフラワーがゴール前、2頭に交わされて3着に後退。単勝万馬券の人気薄アミュレット(Z馬)が1着、2着にヤマニントゥドロワで105万馬券になった。1、2着馬ともに連下に取っていた馬だったが、残念ながら馬券はホリノフラワーからの1、2着流ししか買ってなかった。取り逃がした魚は大きかったが、それも時の運。いつか順番が回ってくると思っていたら、早速、小倉の12レースで押さえに買ったB馬ローズカクテルが逃げ切って、Y馬のオオシマジョリー、アブソルートダンスと入線して37万馬券になった。
 おかげで日曜日に入金しなくてもすんだ。

|

« 今週の高田馬場日記はお休みいたします | トップページ | 第225回小倉記念の傾向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735308

この記事へのトラックバック一覧です: 第224回電話投票:

« 今週の高田馬場日記はお休みいたします | トップページ | 第225回小倉記念の傾向 »