« 第226回札幌記念の傾向 | トップページ | 第228回手を出しにくい2歳ステークス »

2005年8月25日 (木)

第227回新潟記念の傾向

 日曜日、札幌記念は軸にした人気薄のヘヴンリーロマンス(Aa)が、馬込みの中からグイグイ抜け出してきて勝った。一瞬「よしっ」と思ったが、連れて追い込んできたファストタテヤマ、逃げたコイントス(Y)ともに馬券がなかった。単勝馬券も買ってなかったし、ただただ、200万馬券に驚くしかなかった。
 新潟のメイン・アイビスサマーダッシュもウェディングバレー(A)から流したが、勝ったテイエムチュラサンを買っていなかったし、小倉も軸馬が勝ったのに3着馬が抜けてしまった。結局メインレースは3場とも軸馬が1、2着を確保したのに、ひとつも当てられなかった。
 それでもかろうじてマイナスにならなかったのは、安い配当をこつこつ取ってきたことと、土曜日札幌11レースの16万馬券や、日曜日の札幌最終レースで5万馬券などのヒットがあったからだろう。
 Tちゃんはファストタテヤマから買っていたにも関わらず、コイントスがなかったらしい。札幌10レースの41万馬券は取ったということだったが、200万馬券を取り逃がした話のあとだっただけに、話に勢いがなく、影が薄かった。

 今週は新潟記念が注目のレース。馬場改修後の過去4年の分析から。

          1着        2着        3着
01年    a    Y    A
02年  C       −        −
03年   Xa   D b    Xc
04年  DZb     d   B d


 ハンデ戦らしく、毎年トップハンデ馬の成績は4、7、13、8着と振るわず、ランク馬、特に前走の指数が高かったAB馬たちも軒並み重いハンデを課されて大敗している。ランク馬のなかでは平均指数の高いab馬の連対率が高いが、これも絶対お薦めというわけにもいかない。
 新潟記念の芝2000メートルは外回りコースを使って、直線は600メートルというレース。長い直線のレースだけに、上がり指数については明確な傾向があり、2、3走内に+10以上の上がり指数を発揮していることが連対の条件になっている。このとき先行指数のレベルは問われないようで、先行指数が2桁のマイナスでも、上がり指数そのものの高さ+10以上があればよい。ペースによって先行馬の前残りもあるが、それも上がりの脚の裏付けがあってのことだ。
 先行指数も合わせて調べてみると、上がり指数+10以上があって、なおかつ、先行指数が0以上の時に上がり指数が+5以上のランク馬が軸馬としてピックアップできる。今年の登録馬ではダイワレイダース(BXa)、グラスボンバー(BZd)がその条件を満たす馬たちだ。

|

« 第226回札幌記念の傾向 | トップページ | 第228回手を出しにくい2歳ステークス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735305

この記事へのトラックバック一覧です: 第227回新潟記念の傾向:

« 第226回札幌記念の傾向 | トップページ | 第228回手を出しにくい2歳ステークス »