« 第230回名古屋の元気を | トップページ | 第232回毎日王冠、京都大賞典は平均ab馬が強い »

2005年9月29日 (木)

第231回いよいよ秋のG�Tシーズン

 東京も急に涼しくなってきて、夜も掛け布団がいるようになった。たった2週間前、まだ夏の日差しのなか、汗だくになって歩き回った万博が遠い昔に思え、懐かしくすらある。
 先週の神戸新聞杯はディープインパクトの強さがひときわ目立った。ディープインパクトが91、シックスセンスが88、ローゼンクロイツ87。月曜日に馬場指数を計算した結果、指数上は3、4ていどの差だったが、余裕という点では指数差以上に大きな能力差があるように思える。菊花賞も事故さえなければディープインパクトが勝つだろう。
 急ぎ足でやってくる秋に合わせて、今週からG�Tシリーズが始まる。
 スプリンターズSが冬から秋の開催に変わったこの5年をみてみると、圧倒的にA馬が強く、これまで5年連続で連対を果たしている。平均ab馬も連対率が高いが、単独でというわけではなく、何かしらのランクと結合したときに強い。

             1着     2着    3着
00年       −          AXb      AZa
01年         Yb       AZd      BXa
02年       A           B            Xa
03年       −            A a          d
04年       A            BXa      外国馬


 先行指数と上がり指数の関係を見ると、勝ち馬の条件として(00年の勝ち馬ダイタクヤマトを除き)近走「先行−10/上がり5」程度のバランスが必要になっている。
 今年の出走予定馬で、AYa馬はデュランダル、B馬は香港から参戦のサイレントウィットネスだが、先行/上がりの条件を含めて絞り込むと、「先行−10/上がり10」をクリアするデュランダルが最有力だ。ただデュランダルもサイレントウィットネスも軽い瞬発力に課題がありそうで、ペースがスローに落ち着いてしまったときには波乱があるかもしれない。スローペースならカルストンライトを買いたくなってしまう。
 3頭の他にはマルカキセキ、ケープオブグッドホープ、アドマイヤマックス、シーイズトウショウ、シルキーラグーン、テイエムチュラサン、リキアイタイカンなどが有力。

|

« 第230回名古屋の元気を | トップページ | 第232回毎日王冠、京都大賞典は平均ab馬が強い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735301

この記事へのトラックバック一覧です: 第231回いよいよ秋のG�Tシーズン:

« 第230回名古屋の元気を | トップページ | 第232回毎日王冠、京都大賞典は平均ab馬が強い »