« 第234回ディープインパクト | トップページ | 第236回アルゼンチン共和国杯も荒れる気配 »

2005年10月27日 (木)

第235回少し荒れそうな天皇賞

 秋の天皇賞は指数上、過去に高い指数を示したXYZ馬が中心になってきた。
 東京の2000メートルはごまかしのきかない距離だといわれているが、そのなかでも特に秋の天皇賞は厳しい戦いになることが多い。結果として、近走最高指数を示した馬たちが上位に食い込む結果につながっているのかもしれない。
 過去の最高指数が問われるということは、ペースの厳しさが問われることでもある。実際、過去の天皇賞を先行指数と上がり指数の関係でをみると、(先行指数10/上がり指数0)というバランスの馬が毎年連対し、もう少し厳しく取ると(先行指数10/上がり指数5)というバランスが求められるようだ。
 力のある馬たちが揃う天皇賞だけに、厳しいペースを先行しても、能力のある馬は直線でも確実に伸びる脚を使える。前が止まるのを待って直線にかける馬、ペースが緩く、たとえば(先行0/上がり10)といった上がりの脚だけでレースを戦ってきた馬たちは天皇賞ては苦戦を強いられることが多い。
 天皇賞は追い込み一辺倒の馬ではなく、能力の高い先行差し馬を中心にするのがセオリーだろう。

天皇賞・秋  1着        2着        3着
95年         Zd       b      −
96年    D     BZb   AYa
97年    C     A     BYc
98年    C      Yb   BZ
99年     Xc   −     B
00年      b   AXa   −
01年     Xc    Xa   BXb
02年    −     DYa   −
03年    C     AYb   −
04年     Zd   −     −


 今年のXYZ馬はゼンノロブロイ、タップダンスシチー、バランスオブゲームの3頭だが、先にあげた連対馬の条件(先行指数10/上がり指数0)を満たせない。条件を満たすのはハーツクライだけで、今年のメンバーに限って、もう少しペースを下げて考える必要がありそう。(先行指数5/上がり指数0)程度に落とすとゼンノロブロイ、バランスオブゲームが浮上してくる。他ではハーツクライ、スズカマンボ、ヘヴンリーロマンス、ホオキパウェーブが条件をクリアする。
 当然、厳しいペースの秋の天皇賞といっても、今年はペースが緩みそうで、アサクサデンエン、ダンスインザムード、テレグノシス、スイープトウショウなど、直線の瞬発力に懸ける馬にもチャンスがあるかもしれない。
 能力の高いXYZ馬のなかで、先行と上がりの条件を満たす、先行差し馬を中心にするというセオリーから絞り込むと、中心はゼンノロブロイだろう。
 あるいは思い切ってスズカマンボ、ヘヴンリーロマンスの軸も面白いかもしれない。
いずれにしても、少し荒れる天皇賞になりそうな気がする。

|

« 第234回ディープインパクト | トップページ | 第236回アルゼンチン共和国杯も荒れる気配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735297

この記事へのトラックバック一覧です: 第235回少し荒れそうな天皇賞:

« 第234回ディープインパクト | トップページ | 第236回アルゼンチン共和国杯も荒れる気配 »