« 第238回マイルCS | トップページ | 第240回特徴がつかみにくいジュベナイルF »

2005年11月24日 (木)

第239回今年の外国馬はスピード上位

 ジャパンカップは毎年、日本馬が地の利を生かして優位な戦いをしてきた。日本馬が揃って連対を外したのは中山で行われた02年の年だけだ。日本馬の場合、指数上位のランク馬が毎年活躍しており、過去10年でみるとA馬が8年で3着内に食い込み、XYZ馬も7年で3着内にきている。3着内に入線した日本馬でランクが付かなかったのは01年の勝ち馬ジャングルポケットと、03年に2着に入ったザッツザプレンティだけだった。
 ランク馬が強いという傾向はペースと無関係ではないだろう。ジャパンカップは毎年、かなり厳しいペースで進む。そのペースに対応できる力と、そのペースでも尚、上がりの脚を使える馬でなければ上位に食い込むことはできないことを示している。
 実際、先行指数と上がり指数で、(先行指数5/上がり指数15)という高レベルの設定をして、その該当馬がいる年度は、その馬が中心になってきた。昨年のゼンノロブロイ、4年前のジャングルポケット、メイショウドトウやエアグルーヴ、ヒシアマゾンも該当馬だった。該当馬がいなかった年度も、そのレベルに近い(先行指数5/上がり指数10)をクリアする馬、タップダンスシチーやシンボリクリスエス、スペシャルウィークなどが上位に入っている。

(JC)   1着        2着        3着
95年        外          A          Ba
96年    外     D     外
97年    外     A     AYb
98年    A c    Zb   DY
99年    AXa   外     外
00年    AZa   BXb   外
01年    −      Yc   BXb
02年    外     外     A
03年     Yb   −     AYd
04年    AYa    Z    D


 今年の出走馬をみると、ランク馬で(先行指数5/上がり指数15)の条件を満たすのはゼンノロブロイだけ。条件を(先行指数5/上がり指数10)に下げてもゼンノロブロイしか残らない。BXaのランクもあり、順当に考えれば日本馬の中心はこの馬だ。また、ペースが厳しいという点で評価できる3歳馬アドマイヤジャパン(A馬)も有力馬の一頭だろう。他ではハーツクライやヘヴンリーロマンス、タップダンスシチーなども気になる存在だ。
 ただ、日本馬の近走のレース内容は全く物足りない。スピードの出やすい軽い馬場で、緩いペースで上がりだけのレースをしてきた馬が、いくら地の利があるといっても、ペースが上がるジャパンカップで有利だとはいえない気がする。今年に限っては、日本馬より外国馬の方が能力が高く、スピード競馬に対しても適性が高いのではないか。たとえば、ベタートークナウが2走前、マンノウォーS(芝2200メートル戦)で示した2分11秒6のタイムは、2分13秒8前後の基準タイムと比較しても指数上15程度は速く、スピードという点でも東京の馬場は合いそうだし、今年の凱旋門賞も速いタイムが出る馬場たった。
 今年もゼンノロブロイを中心に日本馬が人気を集めそうだが、今年は外国馬が上位を独占する気がして仕方がない。個人的には外国馬のボックスも押さえておこうと思っている。

(JCD)  1着        2着        3着
00年    A b   CZa   外
01年    A a   DXb    Y
02年    芝     DXb   芝
03年    外     A     −
04年    BZb   DXa   A


 ジャパンカップダートもA馬を中心に、ランク馬が圧倒的に強い。特に平均指数の上位2頭ab馬は、5年のうち3年で1、2着に入っており、馬連ならその一点を買っても楽しめる。今年のA馬はカネヒキリ、B馬はサカラート、平均a馬はタイムパラドックスとシーキングザダイヤだ。他のランク馬はZユートピア、Yスターキングマン、Dサンライズバッカス、cアジュディミツオー。

|

« 第238回マイルCS | トップページ | 第240回特徴がつかみにくいジュベナイルF »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735293

この記事へのトラックバック一覧です: 第239回今年の外国馬はスピード上位:

« 第238回マイルCS | トップページ | 第240回特徴がつかみにくいジュベナイルF »