« 第243回夢はディープインパクトとともに | トップページ | 第245回今年もよろしく »

2005年12月28日 (水)

第244回楽しい一年でしたか

 有馬記念の当日、中山競馬場には昼過ぎに着いた。馬主席を用意してくれる人がいて、ゆっくりと出かけられた。一緒に行く予定だったN君の都合が悪くなって、「ディープインパクトを見たい」というカミさんを誘った。結婚して25年になるが、ふたりで有馬記念を見るのは初めてだった。
 馬券は調子よかった。中山は7レース・グッドラックハンデ(3連単2万7280円)、8レース・フェアウェルS(3連単25万5250円)と連勝。中京の10レース(3連単8万9770円)も当て、阪神も10レース・江坂特別(3連単7630円)を的中した。高配当のレースに資金を厚く入れていたおかげで、資金は一気にふくれあがった。払い戻し機までついてくるカミさんに「とりあえず、この分は預かっておいてあげる」とそのつど半分ほど持っていかれたが、それでも資金に不足はなかった。
 有馬記念はディープインパクトの1、2着流しで(3連単3万500円)をあてた。
 大歓声の中、ハーツクライを追って、駆け上がってくるディープインパクト。この日、競馬を埋めた多くの人たちは、ディープインパクトの強さを、絶対に勝つのだということを、疑っていなかった。信じ切っていた。レースが終わり、ディープインパクトが2着に負けたことがはっきりすると、歓声はもちろん、ため息さえも聞こえなかった。競馬の現実に引き戻されるまでの間、重く冷たい空気が競馬場全体をおおった。馬主席も沈黙の中にあったが、しばらくするとまばらな拍手が沈黙の中に響いた。
 スピード指数上では、A馬のハーツクライが勝ち、2着がY馬のディープインパクト、3着はB馬のリンカーンという妥当な結果に、私はほっと胸をなで下ろした。「スピード指数をやってくれている人なら、きっと、当ててくれているだろう」。カミさんもディープインパクトから馬連5点流しで当てた。
 有馬記念の興奮に包まれてすっかり忘れていたが、阪神の11レース六甲アイランドSでマイネルアルビオンを軸にマルチで買った3連単馬券が、2着同着になって(3連単10万9360円、19万1500円))をダブルで的中していた。配当を気にせずに買った馬券だったから、思わぬ高配当に驚いてしまった。これは最低人気のC馬が2着同着で高配当になったレースだったが、そういえば、前日の土曜日、中山の最終レースで460万馬券をつくったのも14番人気のC馬だったことを思い出した。
 しかし、しかし、幸運はそこまで。最終レースは3場とも外して、資金を大きく減らしたが、それでも幸せに思える結果になった。
 地下のショップでディープインパクトのストラップを買い、食堂で天ざるを食べ、外に出るとすっかり暗くなっていた。中山名物のクリスマスツリーをバックに写真を撮った。
 楽しい有馬記念の一日だった。
 良い一年だった。
 
 この1年、みなさんの馬券はどうだったでしょう。
 来年も、いつも素晴らしい幸運とともにあることを祈っています。スピード指数も少しだけお役に立てればと思います。
 来年も今年同様、よろしくお願いします。そして、良い新年をお迎えください。

|

« 第243回夢はディープインパクトとともに | トップページ | 第245回今年もよろしく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735288

この記事へのトラックバック一覧です: 第244回楽しい一年でしたか:

« 第243回夢はディープインパクトとともに | トップページ | 第245回今年もよろしく »