« 第249回フェブラリーSはカネヒキリ | トップページ | 第251回いよいよクラシック・トライアル »

2006年2月23日 (木)

第250回家族の笑顔が好配当

 今週から競馬は中山と阪神に移る。
 先週までの東京と京都開催、なかでも東京は人気薄の2、3着馬に苦労することが多かった。軸馬に取った馬はきちんと勝っているのに、「2着がない、3着がない」の繰り返し。3連単の場合、そこをきちんととらえられないと、うまい配当にはありつけないから、東京の後半は苦しかった。
 そんな、こんなの反省もあって、東京と京都の最終日、連下は思い切って手を広げることにした。そのせいか、京都のメイン斑鳩Sの19万馬券を筆頭に、東京の最終・甲斐駒特別の10万馬券もあっさり取れた。
 もちろん総流しに近い買い方だから、自慢にもならないが、それでも大きなプラスになった。
 カミさんの自転車代と、北京に旅行するという娘の小遣いに、いくらかが消えたが、家族の喜ぶ顔は何よりの好配当だ。やっばり競馬は勝たなければ、いかん。
 前もここで書いたが、東京と京都は「軸は決めやすいが、連下に買いにくい馬が残ったり、追い込んできたり」で波乱になりやすく、反対に中山と阪神は「連下の手を広げることはないが、軸馬を決めるのが難しい」競馬場だ。
 今週からは、その「軸馬を決めにくい」競馬場での戦い。
 中山記念の過去のデータを集めてみたものの、ランク馬の傾向や、先行指数上がり指数の関係など、いまひとつ特徴がとらえられない。
 さてさて、どうしましょう。
 最近、深夜までオリンピックを観ていたせいか、きのうから少し風邪気味で、体調不良です。いまは良い知恵も浮かびません。あしからず。

|

« 第249回フェブラリーSはカネヒキリ | トップページ | 第251回いよいよクラシック・トライアル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735246

この記事へのトラックバック一覧です: 第250回家族の笑顔が好配当:

« 第249回フェブラリーSはカネヒキリ | トップページ | 第251回いよいよクラシック・トライアル »