« 第254回瞬発力勝負の宮記念 | トップページ | 第256回波乱の桜花賞に »

2006年3月30日 (木)

第255回堅いレースと難解なレース

 私の思い出のレース・単勝万馬券のインターマイウェイが勝った大阪杯は、もう11年も前の昔話になってしまった。馬連で6万2930円のビッグ配当になった。後楽園ウインズの3階、大口払い戻しの窓口で払い戻しを待つ間、心臓の高鳴りを押さえられなかったことを思い出す。
 しかし、それからの10年、1番人気馬が9連対という結果が示すとおり、大阪杯は堅いというのが定評になった。ランク馬の連対実績を見ても、96年から2000年まで5年連続でAXaかAYaが勝ち続けてきた。もちろんすべて1番人気の馬たちだった。その後は一転してランク外の馬が勝っているが、それでも荒れたのは9番人気馬が勝って1番人気馬が4着になった01年だけ。配当は堅いレースが続いている。

(大阪杯)  1着        2着        3着
96年    AXa   B     B
97年    AXa    Zd   DYb
98年    AXa   D d     c
99年        AYa    Z       DZb
00年    AYa   −     C
01年    −       d      d
02年    −      Xb    Za
03年    −     AYa   BXa
04年    −      Z    A c
05年        BYd   A          b


 ランク馬の連対実績からはA馬とXYZ、平均指数上位のabcd馬が中心になっている。先行指数と上がり指数の関係は15/0、もしくは10/0前後が標準で、ペースは意外と厳しい。実際、どのレースでも上がりは35秒台で、スローペースは少ない。従って上位を争うには、平均以上のペースで上がりの脚を示す必要がある。ということは、高いスピード指数がいることをも示しており、A馬やXYZ馬が強い傾向も理解できる。「前よし、後ろよし」という底力のある馬なら当然人気にもなるだろう。
 今年のメンバーを見るとA馬はアドマイヤジャパン、マッキーマックス。XYZ馬はスズカマンボ、シルクフェイマス、カンパニー。他に平均上位のローゼンクロイツがランク馬。そのうち(先行10/上がり0)を満たすのはアドマイヤジャパン、マッキーマックス、スズカマンボ、シルクフェイマスの4頭。
 久々の不利はあるものの、基礎能力、距離適性の高い4歳馬アドマイヤジャパンを中心にとろうかと思っている。

 ダービー卿CTはハンデ戦になった02年以降、ランク馬は不振。トップハンデ馬も1番人気馬も連対できず、難しいレースが多い。そのぶん波乱になって高配当が続く。
 ハンデ戦になってから、4歳馬が毎年連対を続けており、軸馬に選ぶなら4歳馬からが妥当だろう。
 4歳馬の中でマイルの適性が高く、上がりの脚がありそうなのはダンスインザモア、キングストレイル、ロードマジェスティなど。平均ペースを想定すると、中団でレースを進めるキングストレイルで勝負になるのではないか。

(ダービー卿CT)1着        2着        3着
96年(別定)  C b   C     AXa
97年(別定)  A     −     −
98年(別定)  B d    Ya   CXb
99年(別定)  C     A c       Zb
00年(別定)  −     −     C d
01年(別定)   Z     Zc   −
02年(ハンデ) B b   −      Xb
03年(ハンデ) D     −      Ya
04年(ハンデ) −     −       d
05年(ハンデ)   Z      b      −


|

« 第254回瞬発力勝負の宮記念 | トップページ | 第256回波乱の桜花賞に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735241

この記事へのトラックバック一覧です: 第255回堅いレースと難解なレース:

« 第254回瞬発力勝負の宮記念 | トップページ | 第256回波乱の桜花賞に »