« 第258回谷間の重賞 | トップページ | 第260回NHKマイルカップ »

2006年4月27日 (木)

第259回やっぱりディープインパクト

 今年の天皇賞はディープインパクトの取捨が最大のテーマ。
 この数日間、ディープインパクトの弱点を探し続けてみたが、競馬だから何が起こっても不思議はないといっても、じっくり考えれば考えるほどディープインパクトの強さが際だって見えてくる。昨年の有馬記念で唯一ディープインパクトに土を付けた最強のライバル・ハーツクライはドバイでの勝利を勲章にヨーロッパに転戦することになって、いまディープインパクトを力で押さえ込める馬はいないのではないか。
(天皇賞)  1着        2着        3着
96年    AXa   B b   −
97年    AZb   BXa   DZd
98年    −     −     AXa
99年     −     CXa   C d
00年    AXa     d   BZ
01年    DYb   D c   AYc
02年    −     DYb   CXa
03年    D      Yd   −
04年     Xb   −     CXa
05年    −     −     −


 天皇賞は、昨年こそランク馬が3着内にも届かなかったが、たいていはランク馬が上位で活躍するレースだ。ランク馬の中では過去に高い指数を示すXYZ馬と、平均値の上位馬abcdが8年間で連対している。過去の高い指数や平均ランクがモノをいうということは、現在の調子以上に、その馬本来の底力が試され、問われるレースだということを表しているのだろう。
 今年のXYZ馬はリンカーン(BXa)、ナリタセンチュリー(Y)、ディープインパクト(AZ)。他に平均値の上位でピックアップできるのはマッキーマックス、ファストタテヤマ、ローゼンクロイツなどだ。
 ただし過去10年、勝ち馬の多くは3000メートル以上のレースで、先行指数と上がり指数が(±0/±0)のレベルをクリアしている馬たちだった。もちろん勝ち馬の条件であって、連対馬の条件ではないが、この条件で上記の有力馬をふるいにかけてみると、ディープインパクト、ファストタテヤマ、ローゼンクロイツの3頭が残る。
 春の天皇賞はスローペースが基本だが、中距離のスローペースで切れる瞬発力を見せても、それだけでは春の天皇賞の成績には結びつかない。3200の距離を考えると、距離を克服するスタミナは必須だ。3000以上の距離経験はもちろん、そのカテゴリーでの上位入線実績、好走が天皇賞の連対条件だといってもよい。軽い瞬発力に頼らず、前々でレースをすすめ、4コーナーで5番手以内にとりついて、直線も息を保たせることができる馬。それが、天皇賞の勝ち馬のイメージだ。
 距離適性、スタミナと先行力を意識して、先にあげた先行指数と上がり指数の関係をもう少し厳しく(5/5)にとると、ディープインパクト、デルタブルース、ファストタテヤマが浮かび上がってくるが、その先行指数のレベルで、もっとも上がり指数が高いのはディープインパクト。+13の上がり指数は断然の高さだ。
 春の天皇賞は世代としてみると4歳馬が強く、この点でもディープインパクトには条件が向く。ここは素直にディープインパクトの相手探しに徹した方がよさそうだ。

|

« 第258回谷間の重賞 | トップページ | 第260回NHKマイルカップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735237

この記事へのトラックバック一覧です: 第259回やっぱりディープインパクト:

« 第258回谷間の重賞 | トップページ | 第260回NHKマイルカップ »