« 第262回オークス | トップページ | 第264回切れるハットトリック »

2006年5月25日 (木)

第263回4強ダービー

 オークスは駄目だったけど、新潟の最終レースで人気薄のA馬を軸に3連単マルチ馬券を買ったら、それがうまく3着に粘ってくれて、21万馬券になった。まるで「帰りがけの駄賃」のような幸運に感謝、感謝。
 今週はダービー。
 いつものようにデータを取ってみたが、指数上の中心は前走指数の高いABCD馬。X馬のタニノギムレットが勝った02年をのぞき、10年のうち9年でABCD馬が連対している。なかでもAB馬は8年で連対しており、前走指数の高さはダービー予想のもっとも重要な要素になっている。
 しかし、前走指数がポイントだからといって、1、2、3着すべてを指数上位馬が占めるわけではない。成長過程にある3歳馬のレースで、近走スローペースで指数を下げた馬もおおく、ランク外の馬も3着内に食い込んでいるので注意がいる。ただし、ランク外で3着内に入った馬のほとんどは、前走勝っているか、前走皐月賞に出走していたか、のどちらかだった。
(ダービー) 1着        2着        3着
96年    −     B b    Y
97年    B     D     DXc
98年    CXd   −     −
99年      d   A a   A a
00年    −     AX      a
01年    BYc   A d   −
02年    Xc    −     −
03年    A     D     −
04年    BZ    −     D
05年    A     C a   B
(スローペース調整値は−10/0)

 今年の前走指数上位は皐月賞に出走した馬たち。皐月賞を92の指数で勝ったメイショウサムソンを筆頭にドリームパスポート、フサイチジャンク、アドマイヤムーンが前走指数のランク馬だ。なかでももっとも連対率が高いAB馬はメイショウサムソン、ドリームパスポートだが、両者の指数上の差は1しかない。4着のアドマイヤムーンでも勝ち馬との指数差は4程度で、皐月賞の上位陣は逆転も可能な差にある。
 先行指数と上がり指数の関係をみると、(先行−5/上がり+5)あたりが標準。勝ち馬の多くはそのレベルにあり、悪くても(−5/0)のレベルは欲しいところだ。その点で、今年の指数上位馬4頭はすべてレベルをクリアし、勝ち馬の条件を備えている。
 ただ、近年は直線の切れ、瞬発力のウェイトがより高くなっているようで、過去6年、瞬発力で上位にランクされない馬の勝利はなかった。瞬発力だけならロジック、ナイアガラが切れるがともに短距離戦と超スローペースでの瞬発力。実質的にはドリームパスポート、フサイチジャンク、アドマイヤムーン、アドマイヤメイン、サクラメガワンダーなどの瞬発力がわずかに勝っている。先行して勝ってきたメイショウサムソンの瞬発力もほとんど差はないが、上位にはランクはされなかった。勝ち馬の条件として考えると少し苦しいデータだ。
 とはいえ、どう考えても、どうデータを集めても、皐月賞の上位陣に差がないことがわかるだけだ。個人的には先行して差しきる横綱相撲ができる馬が好きだから、ここはメイショウサムソンから入るのが自然なのかもしれない、と思いつつ、あえて、ドリームパスポート、フサイチジャンク、アドマイヤムーンの巻き返しに懸けたい気持ちもある。
 4強のどこからはいるかが問題だが、まだ気持ちが定まらない。ただ手が広がったとしても、4頭の1着固定の3連単はとりあえず買っておこうと思っている。

|

« 第262回オークス | トップページ | 第264回切れるハットトリック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735233

この記事へのトラックバック一覧です: 第263回4強ダービー:

« 第262回オークス | トップページ | 第264回切れるハットトリック »