« 第266回宝塚記念・ディープの相手は | トップページ | 第268回舌を噛む »

2006年6月29日 (木)

第267回シーイズトウショウの快挙に

 「ラジ短」と呼ばれてきたレースが、今年からラジオNIKKEI賞と名称を変え、ハンデ戦になった。かつては残念ダービーともいわれた福島の名物レースだが、結果は500万条件を勝った馬たちが上位をにぎわし、毎年、毎年、波乱の難しいレースだった。その難しいレースが、今年からハンデ戦になって、さらに難しくなってしまうのだろうか。

 今週、もうひとつ重賞は函館スプリントS。こちらは高配当は望めないかもしれないが、波乱は少なく、傾向もはっきりとして、わかりやすいレースだ。
 過去10年(96年の札幌開催を含む)、前走指数の高いABC馬が100%の連対。ABの2頭に絞っても9年で連対しており、前走指数の信頼度は高い。3着はまぎれが多いものの、2着まではほとんどランク馬が占めている。これは1200メートルという短距離戦で、スローペースの問題が少ないためだろう。
 前走の成績にも特徴があり、重賞を使ってきた馬か、それ以外のレースなら勝ってこのレースに臨む馬が中心になっている。また不思議と牝馬の成績がよく、10年で7回連対している。
(函館SS)  1着        2着        3着
96年(札幌) BXa   B c    Yb
97年     AYa   −     −
98年     AXa   CYc   C
99年       Yc   A d   −
00年     −     CZc   −
01年     B     BZ    A c
02年     B d   DYb     d
03年      Xc   B b   −
04年     A b   −      X
05年     A     BZb   −

 今年の指数上位はシーイズトウショウ(A)、シンボリグラン(BZb)、タニノマティーニ(Cd)に加え、フサイチホクトセイ(DYc)、ブルーショットガン(DZ)、プリサイスマシーン(Xa)など。
 なかでも最有力なのがA馬シーイズトウショウだろう。前走はCBC賞を勝ったが、牝馬ながら57キロを背負って先行し、直線抜け出してきたものだけに価値は高い。シーイズトウショウは04年、05年と函館スプリントSを連勝中。今年は3連覇がかかっているが、牝馬の同一重賞3連覇は過去に例がないらしい。ここはシーイズトウショウの快挙に期待したい。

|

« 第266回宝塚記念・ディープの相手は | トップページ | 第268回舌を噛む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/10735228

この記事へのトラックバック一覧です: 第267回シーイズトウショウの快挙に:

« 第266回宝塚記念・ディープの相手は | トップページ | 第268回舌を噛む »