« ネットワーク障害について | トップページ | 第272回関屋記念 »

2006年7月27日 (木)

第271回最後の函館

 競馬をやっていると、いつの日か中央競馬の10場すべてに行ってみたいと思う。たかだか10場のことだから、すぐに制覇できそうにも思ったが、それがなかなかだった。
 最後まで残ったのが函館だった。
 3年前は母が亡くなったばかりだったし、一昨年はスケジュールが合わず、去年は2週間前に予約をいれたものの、飛行機のチケットがとれずに見送り。最後まで残った函館行きもなかなか実現しなかった。
 今年は絶対にと思って、早めに飛行機のチケットを取った。これでようやく10場制覇ができる。
 日曜日の朝、N君とS君の3人で函館に向かう。羽田から函館空港までは1時間ちょっと。空港から競馬場まではタクシーで10分。昼前には競馬場についた。
 函館記念がある日だといっても混雑はなかった。とりあえず昼ご飯を食べ、場内を一周して落ち着ける場所を確保する。函館に限らず地方はどこもそうだが、スタンドから手が届きそうなところを馬たちが走り抜ける。この馬との近さがのどかさと親近感を生む。
 幸いにも、この日の馬券は好調だった。
 新潟の11レース関越Sの3連単9万1790円、函館10レースかもめ島特別8万8540円を筆頭に、他のレースもほどよく当たって、同行の二人にご祝儀を出せるほどにプラスになった。
 驚いたのは小倉の9レース天草特別。B-Z-Xというランク馬同士の決着で245万馬券になったが、私は軸馬の選択を間違えて、とれなかった。「おしい」と嘆いても、結果はかわらないし、その気持ちを引きずると、後の予想にもひびく。「また、チャンスはある」と思って、とりあえず納得するのが得策だ。

 この夜は啄木亭に泊まって、温泉につかる。
 夕食後、S君と盛り場を徘徊するも、適当な店が見つからず、そのまま宿に帰る。S君は宿でビールを2、3缶あけたあと、「探検の続き」を宣言して、深夜ひとりで出かけ、3時過ぎに戻ってきた。元気です。

 今週の重賞は小倉記念。
 ハンデ戦になった2000年以降のデータをとると、X馬とa馬が100%パーセント連対している。全体的に平均値の上位馬abcd馬の成績がよいようだが、A馬やB馬も好成績を収めており、ランク馬が圧倒的に強いレースだ。

(小倉記念)  1着         2着         3着
00年     AZ     BXa      b
01年      Xa    -      A
02年     A      BXa      b
03年      Xa     Zb    A
04年     AXa    AZd    -
05年      Xa    A       Zc

 今年のランク馬のなかでも、AZaのメイショウカイドウ、Bスウィフトカレント、BXbコンゴウリキシオーなどが中心になりそう。
 小倉記念は、同じハンデ戦、同じ距離ながら、ランク外の馬の活躍が目立つ先週の函館記念とは傾向が違う。その違いはペースにありそう。小倉記念は全体にペースが速くなりがちで、それがランク馬の活躍を引き出しているのではないか。
 上がり指数も大切だが、先行指数が生きるのが小倉記念。とすると今年は先行力のあるコンゴウリキシオーに展開が向くのではないか。

|

« ネットワーク障害について | トップページ | 第272回関屋記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/11117667

この記事へのトラックバック一覧です: 第271回最後の函館:

« ネットワーク障害について | トップページ | 第272回関屋記念 »