« 第279回馬連にすればよかった | トップページ | 第281回凱旋門賞・ディープの指数 »

2006年9月28日 (木)

第280回A馬が強いスプリンターズS

 ダービーが終わって、夏競馬が終わって、気がつくと10月を迎えようとしている。今週はGⅠスプリンターズSもはじまる。この時期になるといつも、「ああ、これからあっという間に有馬記念だろうな」と思う。センチメンタルな感慨はさておき、今週も落ち着いて、冷静に、がんばりましょう。
 GⅠ第一弾、スプリンターズSは今年から国際GⅠ競走に認定され、外国馬も4頭出走してきた。日本の芝コースに必要な軽いスピードは、日本での実績が示す通りサイレントウィットネスとテイクオーバーターゲットが上位だ。レザーク、ベンバウンはスタミナタイプで、ハイペースを先行して粘れば可能性もあるかもしれないが、軽いスピードが必須の日本の芝には合わないかもしれない。

(スプリンターズS)
        1着     2着     3着
00年     -      AXb    AZa
01年      Yb    AZd    BXa
02年(新潟) A      B       Xa
03年     -      A a      d
04年     A      BXa    外
05年     B b    AYa    -

 12月開催から秋開催に変わった2000年以降のランク馬の連対率をみると、過去6年、前走指数のもっとも高いA馬がパーフェクトに連対している。全体としてもランク馬が強いが、これは短距離戦でスローペースがないからだろう。
 ともかく、指数の高さは重要な指標であり、今年のランク馬シーイズトウショウ、サイレントウィットネス、テイクオーバーターゲット、ステキシンスケクン、チアフルスマイル、オレハマッテルゼなどが有力馬だ。なかでもA馬のシーイズトウショウを筆頭に、B馬サイレントウィットネス、テイクオーバーターゲットが最有力候補だろう。
 例年、先行馬が直線粘るパターンがこのレースの特徴だが、指数の高さ以外に要素になりそうなのが瞬発力だ。先行して粘った馬たちの近走のレースを見ると、たいていが瞬発力がある馬たちであり、その指標で軸馬を選ぶなら、先行力があり瞬発力もあるサイレントウィットネスが中心になりそう。
 今週はディープインパクトの凱旋門賞もあって、こころ躍る。がんばれ。

|

« 第279回馬連にすればよかった | トップページ | 第281回凱旋門賞・ディープの指数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182685/12073166

この記事へのトラックバック一覧です: 第280回A馬が強いスプリンターズS:

« 第279回馬連にすればよかった | トップページ | 第281回凱旋門賞・ディープの指数 »